人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 10月 01日 ( 1 )

英作文 名詞の数篇

ベッドサイドに明かりがありますか?

Do you have a light by your bed?

lightは「光」でなら不加算名詞だけれど、「ライト、照明器具」など、「具体的な形のあるもの」としてなら可算名詞だ、というわけだ。
しかし、「家具」は「具体的な形のあるもの」のような気がするのだが、英語話者には不加算名詞なのだった。どうもわからん。

英国人は誇り高き国民である

The British are a proud people.

「国民」は、国単位で一まとめと考えるので、「英国民」も a people, 「フランス国民」もa people、「日本国民」もa people、ということなのだろう。
ええと、「自虐的」は masochistic、あるいはself-tormentingと辞書に書いてあるから、「日本人は自虐的な国民という人もいる」というのは
Some people say that the Japanese are a self-tormenting people.
というのかな。

家族は、英国社会の基本的な単位である

A family is the fundamental unit of British society.

「家族」も、一まとめとして考える場合には a familyというわけだ。
My family have all gone bankrupt. とんでもない例文をでっちあげてしまったかなあ。そういう家庭もあるかもしれないが。
イギリス流では、家族のメンバーを個別に考える場合には複数扱いになる。米国式では単数形で書かれていれば、文法上、動詞は単数に対する活用形を用いるのが普通だそうである。My family has all gone bankrupt. とすればよいのであろう。

イラクには開発できる石油がたくさんある

Iraq has a lot of oil to develop.

a lot of は、数えられるものでも数えられないものでも、どっちにも使える便利な「たくさんの」という意味の形容詞である。a lot of でも lots of でもいい。こういうときには単数でも複数でもいいのだな。別にご都合主義ということでもないだろうが。a lot of を使わないと、many か much を使わないといけないが、数えられるものには many で、数えられないものは much と、使い分けないといけないわけである。
それにしても、資源を持っている国は強気である。Iraqにせよ、Russiaにせよ。
失うもののない国も強気かもしれない。自暴自棄というのかもしれない。「自暴自棄な」はdespararate、あるいはabandoned、と辞書に書かれている。
The people of a certain country seems to be abandoned. 国民が自暴自棄なのではなくて国のトップがそうであるだけかもしれん。

わずかばかりの知識は危険である

A little knowledge is a dangerous thing.

「生兵法は怪我の元」というやつですか。
「わずかな」は、数えられるものの場合には a few で、数えられないものは a little である。

赤ワインは肉に合い、白ワインは魚料理にぴったりだ

Red wine goes well with meat dishes, and white is perfect with fish.

英語では同じ言葉を繰り返し使うのは好まれないそうである。先月までの「ものしり英語塾」の、「くまのプーさん」談義を聞いていると、その辺は書き手の腕にもよるということのようであるが、まああまり同じ名詞は繰り返さないのが良いようで、代名詞が多様されるわけである。one という単語も代名詞として使われ、
She bought a blue umbrella to her daughter and a red one for herself. などと、umbrellaという単語を2回使うのを避けるのに用いたりするわけであるが、これは可算名詞の場合にのみoneで受けられるということで、非加算名詞の場合には one で受けることができないわけである。で、そういう場合にはred wine に対しては white と、代名詞なしの形になってしまうようだ。なるほど。
昔、「フランスでは生牡蠣に白ワインということになっているが、ワインは牡蠣にはあわない、牡蠣には日本酒だ」と、山岡さんが言っていた様な気がする。
Japanese sake goes well with raw oyster dishes. とでもいえばいいのかしらん?
by xabon | 2007-10-01 20:33 | 英語