人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 10月 18日 ( 1 )

最強100フレーズ

さて、今期のスペイン語講座は「最強100フレーズまる覚え」である。丸暗記できるかどうかはわからないが、ドイツ語や英語に続き、当分これをベースにスペイン語の勉強をしていくことにしよう。勉強してるというより、ノートに落書きしているだけ、という雰囲気ではあるが。

1)Hola! ¿Qué tal? 「やあ、元気?」

Hola! は、英語ならHello! という感じだろうか? いつでもどこでも使える挨拶だそうである。Hola! Hola! と、繰り返して使ったりすることもあるようだが、どうも「おらおら、誰に断ってここで商売してるんじゃ!!!」みたいな、怖いお兄さんを連想してしまうので、どうもあまりいい気分がしない。もちろんスペイン語には何の罪もない。

quéはqueとは違う単語なので、eの上のアクセント記号は忘れてはいけない、と繰り返し教えられるが、スペイン語話者でも書き忘れたりすることもあるようだ。

アクセント記号はアクセントの位置を示す役割のみならず、同じ綴りで意味の違う単語を区別するのにも使われる、ということである。しかし、コンピュータのキーボードでアクセント記号つきのアルファベットを入力するのは面倒だ。

フランスやスペインのキーボードではどうなっているんだったかな。
私は日本語で「しるこん」と入力するとアクサンシルコンフレックスつきのeがでてくる、などという登録をしておいて、仏文を入力している途中でêが出てくると日本語変換に切り替えて「しるこん」と入力してêを書いたあとはまたアルファベット入力に戻して…、などという面倒なことをしている。まあ、慣れれば一連の動作になってしまうのでそれほど極端に面倒なわけでもないが、キータッチの回数はかなり多くなるのは確かだ。
öは「おうむ」である。ñは「えにぇ」。çは「せで」などと登録してある。

フランス人は携帯電話はあくまでも電話機として使うことが多く日本人ほどメール機能は使わないらしいが、ケータイではアクセント付文字は使えないようである。しかしケータイのメールを全然使わないということもないだろうから、たぶんフランス語のアクセント記号はだんだん廃れていくのではないかと、勝手に思っている。あ、今日はフランス語の話じゃなくスペイン語の話でしたね。でもスペインでもたぶん事情は似たようなものではないのだろうか。

コンピューター化が進むにつれてアルファベット26文字以外の記号を使う言語は不利になっていくようだ。その点、英語はアルファベット26文字でほとんど用が済む。英語では night と knight とか sonとsunとか、同音異義語が、アクセント記号を使わない方法で区別されている。silent letterとか、違う文字なのに同じ発音をさせるとか。英語の「欠点」とされている、綴り字と読み方(発音)の関係が一定していない、という部分が、結果的には「アクセント記号を用いずに同音異義語を区別できる」というところがコンピューター時代での利点になっている。フランス語やスペイン語は、「英語はずるい」と思っているかもしれない。
by xabon | 2007-10-18 06:11 | スペイン語