人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2008年 04月 12日 ( 1 )

フランス語では冠詞が大事だという話

知る限りでは冠詞は大きく2つの群に分けられる。太え冠詞と細え冠詞、ではなくて不定冠詞と定冠詞である。英語・ドイツ語、フランス語・スペイン語などとぜんぜん違う系列の言語ではもっといろんな冠詞があるのかもしれないが他の言語のことはさっぱりわからない。

フランス語では冠詞類は「男性単数の場合」「女性単数の場合」「複数の場合」に大別される。ドイツ語も複数になると性別はぜんぜんお構いなしになってしまうが、この辺、スペイン語とはちょっと違いますな。スペイン語では複数の場合も「男性複数」と「女性複数」はまた別々である。

フランス語の不定冠詞は、男性単数なら un, 女性単数なら une, 複数なら des である。
スペイン語だと、男性単数は un, 女性単数は una, 男性複数なら unos, 女性複数なら unas である。英語と違って複数名詞にも不定冠詞がつくといっても、フランス語とスペイン語ではちょっと由来が違うようだ。スペイン語は単数形の冠詞に複数形の語尾がつく。冠詞も広い意味では形容詞の一種ということらしいので、形容詞と同じ複数形の変化をすると考えればよさそうだが、フランス語の des というのは un/uneとは全然違いますな。これはどこから来たのかしらん。定冠詞 les のまえに前置詞 de がくると縮約形 des になるが、これと関係あるのだろうか? des chats などというのは quelques des (=de les) chats などといっていたものの quelques が省略されたものということなのかなあなどという風に考察してみるのであるがまったく的外れかもしれない。しかし、部分冠詞の du とか de la などというのはそういう de + 定冠詞という形から出来てきたものらしいから、des もそういうことがあるのかもしれないと思ったのである。ちゃんと調べればわかることだろうけれども。

「俳優」は、フランス語では男女の別がはっきりしていて、男優なら acteurであるが、女性なら actriceである。不定冠詞をつけていえば un acteur と une actrice だ。une acteur とは言わないし、un actrice というのもない筈である。しかし名詞によっては一つの単語で男女を兼ねるものもあって、enfant は un enfant なら男の子供であるし une enfant であれば女の子供である。ネコも un chat なら雄ネコで une chat なら雌ネコのようだ。

全然関係ないが、le poste は「地位」である。la poste は「女地位」なわけはなく、これは「郵便局」だそうである。生き物以外の名詞では、このように、同じ形の単語でも男性名詞か女性名詞かで意味が違う単語として扱われるものもあるようだ。ややこしいことである。ちゃんと冠詞まで確認しておかないと、「地位」の話をしているつもりで、相手は実は「郵便局」の話をしていて全然話がかみ合わない、ということも起こるかもしれない。フランス語ではことほど左様に冠詞が大事だ、という話である。
by xabon | 2008-04-12 21:57 | フランス語