人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2008年 10月 02日 ( 1 )

スペイン語で作文してみよう(18-2)

「彼女は私に英語で話すのは難しいといった」

Ella me dijo que era difícil hablar en inglés.

時制の一致の話であるようだ。従属節は線過去になるそうである。ser の線過去の活用は、era, eras, era, éramos, erais, eran となるということで、ここでは3人称単数の era が登場する。
英語なら、She said to me that it was difficult to speak in English. となるところである。フランス語では Elle m'a dit que il etait difficile de parler en englais. といえばいいのかな。辞書に「...するのは難しい」は Il est difficile de +不定詞、と書いてある。スペイン語では difícil に何もつけずにすぐ不定詞が続くようだが、フランス語では 前置詞 de が必要らしい。difficile á かと思ったら、こちらは「...しにくい」という場合に使われる用法のようだ。écriture difficile á lire 「読みにくい字」などという用例が辞書に載っている。
「...するのは難しい」のほかでは「...するのは簡単」は es fácil ...、「...するのは重要」が es importante ...、「...するほうがいい」は es mejor ...、「...は当然だ」が es normal ... といった例がテキストに出ている。

「私は弁護士になりたいのですが」

Me gustaría ser abogado.
控えめな願望表現に「過去未来形」を用いる、という話ですな。
過去未来形の活用一般の話ではなく、丁寧な依頼などに用いる頻度の多い gustar や poder に限定しての取り扱いである。「私は...したいのですが」とか「...してもらえますか?」などというときに使うわけだ。「...したいんですけれど」は、Me gustaría ... で、まあ、この形だけ覚えておけばいいだろうし、「...していただけます?」も、usted に対する形、¿Podoría ... ? だけ覚えておけばとりあえず間に合う、といったところ。
英語なら、I would like to become a lawyer. 未来の助動詞 will の過去形を用いるから、これも「過去未来」といってもいいのかもしれないが英文法には「過去未来」という用語はありませんな。
フランス語では条件法を使って、 J'aimerais devenir avocat. といえばいいですかね?
法科大学院をあちこちに作って司法試験合格者を増やそう、とかいう話でいろんな大学に法科大学院が設置されたのが数年前だが、もう見直しの話が出ているようだ。猫の目か秋の空かというくらいコロコロと変わりますな。まあ、弁護士がやたら増えるのもどうかという気がするけれど。USAには ambulance chaser と呼ばれる弁護士もいたりするようだ。
by xabon | 2008-10-02 22:53 | スペイン語