人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2008年 11月 27日 ( 2 )

その他の語根170(10)

久し振りに「単語耳」である。よほど気が向かないと「語根による単語覚え」ってやる気が起きないんですよね。理由は自分でもわからない。

pare は、前回も出てきたがそのときは「見える」に関連した語根としてであった。今度は「準備する」という意味をなす語根である。分けてあるということは、同じ語根のようにみえるが由来が違うということなのであろう。
prepare とか preparation は、まあ今更覚えなくても知っている。apparatus は「器具」だそうだ。実験器具なんぞを指すのであろうか。parade は「パレード」。repair は「修理する。修理」

pac は「平和」。pax Romana とかいうのを、むかし、社会科の授業か何かで習ったような気がするがどういう内容だったっけ。peace はまさに「平和」そのもの。paid は「有給の、支払済みの」。payment, payable などというのも関連語らしい。当然、pay 「支払う」もこのグループに入るべき単語ということであろう。もう学習済みだからここには入ってないのだろうけれど。お金を払えば事は丸く収まる、ということなんだろうか? 

path は「苦しむ」だそうだ。
passion 「情熱」と、苦しみがどう関係するのかさっぱりわからん。patient 「患者、辛抱強い」はまあわかりますな。たらたら飲み食いした結果 patient になると、Taroチャンに見放されるようである。多分、「俺は病気にならないから国民保険料は払わない」と主張すればTaroチャンは許してくれるであろう。かくて保険料滞納は未曽有のレベルに達すると思われる。それにしてもTaroチャンときた日には、毎日のように失言を繰り返している。失言しては謝ったり言い訳したり、一国の首相としてはあまりにもみっともない。もう少しまともな人材はいないのかと思うのだが、見渡してみても人材は枯渇してますな。LDPだけでなく他のpartiesも含めて。政治家というのは国民のレベルにあった人材しか出てこないとかいうことなので、まあ、仕方がないかなとも思うが。
compatible は「適合性がある」という意味の形容詞であるが、これも「苦しむ」と関係しているとは知らなかったな。sympathy 「同情、共感」もこのグループだそうである。まあ、あえて語根と関連付けなくてもいいようなものだが。
by xabon | 2008-11-27 20:28 | 綴り

昔の講座の問題をやってみよう(6)

「こんにちは、お元気ですか?」
Buenos días, ¿comó está usted?

昨晩書き込んだはずの記事がアップされていない。なぜだろう。
¿Comó está usted? は英語でいうと How are you? だ。逐語訳してもそのまんまだ。フランス語だと Comment allez vous? で、英語のbe動詞、スペイン語のestarやserに当たるêtreではなくallerが使われる。スペイン語ではirは使わずestarを使うようだ。同じラテン語から分かれた言語でも微妙に違うものですな。イタリア語やポルトガル語ではどうなんだろう?

「やあ、こんばんは。皆さん、お元気ですか?」
Hola, buenas noches. ¿Comó están ustedes?

英語では相手が単数でも複数でも How are you? で良いがスペイン語では主語も動詞も複数の形に直さないといけない。
estar の活用は Yo estoy, Tú estás, El está, Nosotros estamos, Vosotros estáis, Ellos están。
ser と estar の直説法現在の人称活用はだいぶマスターしたぞ。しかし、アクセント記号を忘れることが多い。もう一息だ。それにしても英語のbe動詞に当たる「...である」という意味の動詞を「永続的性質」を表す場合と「一次的状態」を表す場合で別々の動詞を使い分ける、というのは英語やフランス語やドイツ語にはない特徴だと思うが、こういう言語はほかにあるのだろうか? ポルトガル語はスペイン語と同じようにserとestarの使い分けがあるように何かに書いてあったような気もするが。

「私たちは元気です。どうもありがとう」
Muy bien, gracias.

Gracias. ありがとう。これは大事な一言だ。「...はどうですか?」と尋ねられたときに「いいえ、結構です」という場合、英語では No. だけじゃなく、No. Thank you. と、Thank you. をつけるように教えられる。スペイン語でも No. Gracias. といえばいいのだろうか。
「元気ですか?」と聞かれたときも、ただ、「はい、元気です」ではぶっきらぼうなので、Gracias. をつけるのが良いようだ。で、さらに、¿Y usted? 「あなたはどうですか?」とつけるのが礼儀に適っている。英語でもフランス語でも And you? とか、Et toi? というのが大切なのである。わたしはこれが苦手なのであるが。「元気です」と答えるのが精一杯で、その後まで言葉が
by xabon | 2008-11-27 08:32 | スペイン語