人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2009年 04月 23日 ( 1 )

その他の語根170(35)

語学とは何の関係もないが、お酒の飲みすぎには気をつけましょう。私はアルコールに弱いので基本的には記憶がなくなったりするまで飲む、ということはない、というか、できないのであるが、一度だけ、何をしていたかまったく覚えがなくなったことがある。その節は関係者の方々には大変なご迷惑をかけました。今更ながらですが、ここに謹んでお詫び申し上げます。

fund: 「基礎を置く」

foundation, fundamental などというのはすでに半ば日本語化しているかもしれない。funding 「基金」とか founder 「創設者」というのもこの語根からなる単語だそうである。
profound 「深い」もこのグループに入るそうだ。英語には「深い」という意味の形容詞は deep というのもあるが deep の方は英語本来の語で profound がラテン語由来の「深い」か。日本語で「ふかい」というと日常語で、「深遠な」というと、単純な浅い、深いというだけのことではなく、その深みに至るまでのところに何か意味がありそうなニュアンスを感じるけれども、deep と profound の関係もそんな感じであるという風に理解してもいいでしょうか?
フランス語では「深い」は profond である。前にも書いたことであるが、驚いたことにフランス語には「浅い」という形容詞はないのだそうですな。だからといってフランス人が皆、深遠な人物ばかりとは限らない、と思うが。浅いという状態は peu profond という形で表現するようだ。ところで、英語でも、中学英語レベルで deep は習うが、「浅い」という形容詞は習った覚えがない。shallow が「浅い」というのは deep に比べるとだいぶ後で覚えたような気がする。ついでなのでスペイン語では「深い」をどういうのか見てみると profundo[da] と書かれている。「浅い」の方は poco profundo[da] で、フランス語と同じく、「浅い」という固有の形容詞はないらしい。それでは、仏語や西語(ところで「西語」は何と読むのだ? 「仏語」は「ふつご」と書いて変換すると出てくるが、「西語」は「せいご」と書いても「さいご」と書いても変換されないなあ)の親玉であるラテン語には「浅い」という形容詞はないのかというと vadosus という語が「(海や川が)浅い」という意味だと書いてある。vadosus の方から攻めてみると、「徒渉できる、浅瀬の多い」という意味で載っている。vado-vadare 「浅瀬を渡る」という動詞からの派生語らしい。買った「羅和辞典」を使ってみたいので引いてみました。ちなみに fund という語根は fundo - fundare 「土台を据える」という動詞に由来するようだ。

ちょっと深く(?)追及したら長くなったので今日は fund だけでお終いということで。
by xabon | 2009-04-23 22:35 | 綴り