人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2009年 10月 16日 ( 1 )

昔の講座の問題をやってみよう(95)

接続法の続き。

quererは quiera, quieras, quera, queramos, queráis, quieran と活用する。不規則活用であるが、直説法現在の活用から想定される範囲内の不規則性である。スペイン語の不規則動詞は、不規則といってもそんなに極端に不規則ではないように思うが、時制の違いによる語幹の変化は覚えるのが大変と思うものもある。
poder はpueda, puedas, pueda, podamos, podáis, puedan。これも直説法現在の活用から予想される活用通りだ。
encontrar 「見つける」もo→ueの語幹母音変化動詞で、poderと同じパターンの活用であるとのことだ。
さて、接続法の副詞節用法。副詞節というのは、他の文に副詞的にかかる文、ということである。テキストの例文はこうだ。
Cuando vivía en esta ciudad, solía venir aquí. 「この町に住んだ頃はここによく来たものだ」「住んだ」は日本語として変だ、「住んでいた」だろう、というご指摘もあろうかと思うが、あえて「五番街のマリーへ」の歌詞を踏襲してみました。踏襲というのをこういう場合に使うかどうかもよくわからないが、踏襲は「ふしゅう」ではなく「とうしゅう」と読むことくらいは知っている。
上記例文のように過去のことを表す副詞節の動詞は過去形になるが、これからしようとしていることを述べる副詞節の動詞は接続法が用いられる。
これもテキストの例文、
Cavemos hasta que encontremos algo. 「何か見つけるまで掘りましょう」
「掘る」ことを提案しているだけで確実なことではないので接続法を用いる、ということか。英語だとこういうときには副詞節に would とか might とか使いますかね? よくわかってないのだが。cavar が cavemos になるということは、主節の動詞も接続法になるのだな。これはどうしてだか、よく理解していない。はて?

「宝をみつけるまで掘りましょう」
Cavemos hasta que encontremos el tesoro.

掘っても宝は見つかるかどうかわからないので接続法を用いるということだろう。掘りあてようと思っているものが、あるのかどうか不確かな宝物ではなく小学生のころに埋めたタイムカプセルで、そこにタイムカプセルを埋めたのが間違いない事実で、話者が「絶対タイムカプセルが出てくる」と確信しているときに、接続法でなく直説法が用いられていいのかどうかということについては私のレベルではわからない。

「その箱がみつかるまで探しましょう」
Busquemos hasta que encontremos la caja.

「君、私がその箱を開けられるよう手を貸してくれませんか?」
¿Me echas una mano para que pueda abrir la caja?
by xabon | 2009-10-16 21:42 | スペイン語