人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2010年 02月 20日 ( 1 )

条件法現在

カーリングは2連敗して冷静に見ていられない心境でせっかくNHKで中継していたけれども前半はあえて見ないで過ごしてしまった。しかしやはり気になるのでTVをつけたら終盤、日本が2点リードの第7エンドであった。そこからは目がはなせず、最後まで見てしまい、さらにダイジェスト番組やらインターネットの画像やら、またみてしまった。両者とも好ショット連発のいい試合だったが、んんといっても日本がリードを奪われなかったところが良かった。

フランス語以外に「条件法」というmoodを文法事項として持つ言語があるのかどうかよくわらかないが、英語やスペイン語なら「仮定法」「接続法」の一部であるような気がする。

言葉であえて説明するとすれば、「事実に反する前提を仮定して、その場合にはどういうことになるかを述べていることを明示するための動詞の活用システム」ということになるのではないかと思うが、言葉で説明してもわかりにくいですな。
「接続法」の方は、割り切っていってしまえば「述べられていることが、事実がどうであるかということとは無関係に、話者の頭の中で考えられたことであることを明示するための動詞活用システム」ということであろう。

条件法現在は「(...という、現実とは異なる前提であるならば、)(今頃は)~であるのだが」ということを述べる場合に用いられる形ということだ。
動詞の活用は、直説法未来形の語幹に-rais, -rais, -rait, -rions, -riez, -raient という語尾をつけたものになる。
なお、現実と異なる前提の部分(「もし...だったら」)は 「si + 半過去形」という形になる。英語だと、If I were ... とかいう形が出てきて、「主語が I でも、仮定法なので was じゃなく were という形になる」といったりして、この if ... の部分を述べるシステムを仮定法といっているような気もする(実際にはまあ、後半の「~なんだけれど」の方も含めて、仮定法として扱っているんだろうけれど)が、フランス語では「もし...だったら」の方ではなく、「~なんだけれどもなあ」のほうが条件法といわれるようだ。ああ、頭の中が混乱する。

「もし私がたくさんお金をもっていたら」
si j'avais beaucoup d'argent

「もし私がたくさんお金を持っていたら、この家を買うんだけど」
Si j'avais beaucoup d'argent, j'achèterais cette maison.

まあ、たしかに「もしたくさんお金があったら」というのは覚えておくと、使う機会は多そうだ。
by xabon | 2010-02-20 21:53 | フランス語