語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:フランス語( 554 )

Onsen

ということで、また、上級編から。
代名動詞。
用法としては、1.「再帰用法」 2.「相互用法」 3.「受け身用法」 4.「その他」 に分類されるとのことである。
そういえば、スペイン語では「再帰動詞」というが、「受け身」は「再帰動詞の受身用法」しか習った覚えがない。スペイン語では受動文ってあまり使わないんですかね? フランス語では「受動文」と「代名動詞の受け身用法」には使い分けがあるようだが?
スペイン語のことは置いておくとして。

La grande majorité des personnes aime tout simplement s'y détendre.
détendre 「緊張を緩和する」 tendre に接頭辞の dé- がついたものですな。se détendre は「自分自身の緊張を和らげる」=「くつろぐ」ということだ。これは「再帰用法」。行為が自分自身に帰ってくる、ということだ。
se déshabiller, se laver devant d'autres personnes
どうでも良いが、仙台というところは銭湯の少ない街で、いわゆる昔ながらの銭湯は4軒くらいしか残っていないとかいう話だったような。私が初めて仙台に来たときは、アパートの近所に2軒くらい銭湯があったが、すぐに1軒が廃業、まもなくもう1軒も廃業した。アパートは風呂のない安アパート(大家さんごめんなさい)で、仕方が無いので大家さんはアパートに共同浴室を作る羽目になった。

On pourrait se tutoyer maintenant, non?
これは相互用法。主語が複数で、「私とあなた」とか「彼と彼女」がお互いに相手に対して何らかの行為をする、というものですな。
Nous nous sommes échangé un regard.

Elle s'est lavé les cheveux et le corps avant d'entrer dans le bain.

代名動詞の複合過去では、再帰代名詞が直接目的語の役割を果たしているかそうでないかで、過去分詞の語尾変化が違ってくるので注意、という話だ。直接目的語であれば、過去分詞は性数の一致をさせなければならない。間接目的語ならそれは必要ない。

Tu te lèves tous les matins à 4 heures? C'est très tôt!
朝4時は早すぎるね。私は昔は5時くらいに起きられたものだが、最近は6時に起きるのがやっとだ。それも目覚まし代わりにラジオのタイマーをセットしてだ。今はタイマーが遅れていて、実際にラジオが鳴り出すのが6時10分くらいで、それまでは目が覚めない。
Vous vous êtes parlé récemment?
これは相互用法だな。「話合ってるかーい?」
Ces livres se vendent très bien en ce moment!
en ce moment は「いま」、à ce moment は「そのとき」だ。 se vendre は「売られる」 受け身用法だ。
英語では sell は「売る」と「売れる」という、他動詞と自動詞の意味があるが、フランス語では自動詞の意味を持たせるには代名動詞として用いる、ということですな。

Je me couche tous les soirs à minuit.
夜更かしだね。私も夜更かしすることはあるが、次の日が休みとか、でなきゃ仕事上片付けないといけないことがあるとか、そういうときだけだ。
Elles se sont accordé un mois de vacances.
これはフランスならではですな。スペインとかでもいいのだが、少なくとも日本では un mois de vacances ということはなかなか難しい。
Je me prépare pour aller à le travail.
Ils se sont serré la main.
これは「彼ら」が「彼+彼女」であっても ils で、「彼女+彼女」である場合に限り elles だ。「彼女+彼女」の場合には通常は「彼ら」とはいわず「彼女ら」というだろう。フランス語やスペイン語では「男女のペア」は文法的に 「彼ら」 (フランス語でいえば ils)でなければならないようだ。日本語は「緩い」ので、「彼+彼女」であっても「彼女」の方に主眼が置かれている、と、書き手が強調したければ「彼女ら」と書かれることがあるかもしれないし、それで文法的に正しくないということにはならないと思われる。
英語では shake hands であるが、フランス語で代名動詞を用いた場合には「手」は単数形なのだな。お互いに相手の手を握るので、握る対象になるものは1つの手だけ、ということだな。
Elle s'est promenée le long de la rivière.
[PR]
by xabon | 2014-03-19 22:13 | フランス語

Koshien

職場だけでなく家でまでPCの前に座って連日数時間も仕事をしないといけない状況だと、その後語学の勉強までしようという気に、なかなかなりませんな。

ラジオのフランス語の上級編でいまやっているシリーズ。先週、甲子園と高校野球をテーマにしたスキットを放送していた。Marineさんが、サッカーより野球のほうが面白い、と言っていたようである。フランス人でもそういう人もいるのだな。私は野球よりサッカーが好きだ。
全然関係ないが、飛行機はどこに? 信号発信装置は機内から切れないようにしておくべきですな。

さて、まもなく新学期だ。4月からの目標は、ちょっとでもいいから何か勉強して、ブログに書き込む。
4月からではなく、早速今日からそういうことにしよう。

そのフランス語講座で関係代名詞の解説をしていたので、関係代名詞の復習。
Regarde ces deux garçons qui se lancent la balle!
この qui が関係代名詞。フランス語では pronom relatif というようだ。関係節の主語になるものは qui、直接目的語、属詞になるものが que。先行詞は物でも人でも良い。

Le Koshien, c'est la stade dans lequel se déroule, chaque année en août, le tournoi final du championnat de baseball inter-lycées.
dérouler「広げる」 se dérouler 「繰りひろげられる、展開する」

lequel は「基本的に前置詞を伴う関係代名詞」。性・数による語形変化がある語。
lequel, laquelle, lesquels, lesquelles。
前につく前置詞がà、deの場合には縮約形になる。
auquel, à laquelle, auxquels, auxquelles
duquel, de laquelle, desquels, desquelles

Ce n'est pas du tout ce à quoi je pensais...
関係代名詞の先行詞が ce の場合、用いることのできる関係詞は qui、あるいは que のみ。
これに前置詞がつく形の文になる場合は、前置詞+quoiということになる、ということだ。

Ces événement sportif dont tu me parles doivent être populaire auprès des Japonais, non?
dontは、それ自体に de を含む関係代名詞で、ここでは parler de +名詞 の de+名詞 に相当する。
de quoi と dont の違いはほとんどない、と解説されている。

Il y a un endroit où tu souhaites aller pour que je me fasse pardonner?
oùは時間・空間を表す名詞の代わりとして関係節内で働く。時空間を表す前置詞、à, en, chezなどを含むものとみなして関係節のなかで副詞句として機能する。関係副詞と呼ぶほうがより適切、と、講師の先生は言ってますな。

J'ai laissé le dossier que tu m'as demandé sur ton bureau.
dossier は「背もたれ」「一件書類」「ファイル」「問題」などのいう意味で辞書に載っている。ここでは「背もたれ」ではなさそう。
L'homme dont tu es amoureuse est une personne formidable.
être amoureux de 「...に恋いしている」
Les objet auxquels je suis attaché n'ont aucune valeur commerciale.
attacher à「執着する、愛着を覚える」

La femme qui nous a saleués est une amie.

C'est ce contre quoi je ai toujours lutté.

Le musée près duquel j'habite est le musée Grévin.

L'université dont je parle ost l'Université Lyon 3.

Je ne comprends pas la raison pour laquelle vous refusez mon invitation.

問題もあるし、ちょうどいいね。さかのぼって以前の分も復習することにしよう。
[PR]
by xabon | 2014-03-16 21:49 | フランス語

文法のおさらい

しばらくフランス語の勉強をしていなかったのですっかり文法も忘れてしまった。
初級から復習することにする。
名詞の性数。こんなところからやり直しだ。
男性名詞と女性名詞。
男女の対になるもので全く形が異なるもの。
père - mère
frère - sœur
coq - poule 雄鶏と雌鶏
など
男女が同一語幹で語尾で男女を区別するもの。
étudiant - étudiante
ours - ourse これは熊
acteur - actrice 男優と女優
横道のそれるが、語尾が-eur のフランス語の単語は、英語では -or になるんですかね。actor、professorとか。とか、というが、他に何があったかすぐには出てこない。
しかし、男性名詞の語尾が -eurであっても、女性名詞の語尾は違う、というものがあり、
chanteur の女性形は chanteuse だ。
形容詞の男性形・女性形に準じているということで、基本は女性形は男性形+ -e。
男性形が「母音字+n」で終わるもののうち、-ien, -onで終わるものは-ienne, -onne という綴りになる。
男性形が -eux のものは女性形は -euse
-f のものは -ve
-er のものは -ère
-eur のものは -euse
なぜ女優が acteruse でなく actrice になるのかはわからない。

chien - chienne これは犬 ネコは chat - chatte
また横道にそれるが、ネコの鼻先は truffe, 鼻面は museau、ひげは moustaches で、これは人間の口ひげと一緒ですな。足はpatte ぷにぷにしたところ(肉球)は coussinet 指はdoigtであるが親指に当たる部分はergot。爪はgriffe。

男女同形のもの
élève 「生徒」 enfant 「子供」 touriste 「観光客」など。

文法上、一方の性しか持たないもの。ministre, professeur, crocodile など。大臣、先生などは、かつては男性の職業とされていたもの、ということであろう。ワニの女性形がないのは何故?
女性の先生などは un professeur femme とか une femme professeur などとする。前者は女性であっても文法上の扱いは男性だ。
女性名詞しかないもの。dupe, victime, girafe など。「だまされた人」「犠牲者」など、弱い立場のものは女性扱いされてきたのだな。
Il a été la dupe d'un escroc. おれおれ詐欺ですかね? フランスではおれおれ詐欺なんて成立しないんだろうな。「自分の面倒は自分でみなさい」とか一喝されておしまい。
[PR]
by xabon | 2014-02-24 22:11 | フランス語

練習問題

喜び・怒りなどを表す

「嬉しい、悲しい」
être content(e) de ... 「...して嬉しい」
être triste de ... 「...して悲しい」
Je suis content de rentrer au Japon.
Yuriko est triste de quitter la France.
奥さんはフランスに残りたくて旦那は日本に帰りたいのだな。
Je suis content de mes collègues. 「同僚に満足している」
「上司」は何というのだ? supérieur と書いてるな。Je ne suis pas content de mon supérieur.
もうじき辞めるらしい。次が誰になろうと今より悪くはなるまい、しかし、今より良くもならなかったらどうしよう。
étre content(e)/triste que + 接続法、という用法もあるそうだ。
Il est content que son fils fasse de la biochimie.
Je suis triste que Yuriko rentre au Japon.

「...と思う」
J'espère que votre mère va bien.
これは que 以下は直説法だ。
J'espère que nous pourrons partir en vacances ensemble.
que 以下が、話者にとって、「事実と思われること」だ、ということなのだろう。

「幸せだ」
être heureux(se) de +名詞/動詞原形
Il est heureux de votre succès.
Elle est heureuse de te revoir.

「恐い、心配だ」
avoir peur de +名詞/動詞原形
J'ai peur des tremblements de terre.
地震もそうだけど、とにかく、津波がね。地震の場合は、直下型が一番恐い。
Il a peur de perdre son travail.
ああ、それも恐い。上司の悪口を言うのはやめておいた方がいいかもしれん。

「驚いた」
être étonné(e) de +名詞/動詞原形、être surpris(e) de +名詞/動詞原形
Je suis surpris du départ de Yuriko.

「怒っている」
Elle est fâchée de mon absence.
怒っている相手は contre で示す。
他、être en colère (contre +誰々)とも言う。
Ton père est en colère.
何を怒っているのやら。あまり怒らないほうが、自分自身の精神衛生上もいい。まあ、でも腹が立つことはある。
[PR]
by xabon | 2013-06-27 20:27 | フランス語

練習問題

「何に?、何について?」

Tu t'intéresses à quoi? 「何に興味があるの?」
Tu parles de quoi? 「何について話してるの?」
A quoi pensez-vous?

à, de などの前置詞を伴って「何?」という場合には 「前置詞+quoi」という形を用いる。

「...のは...だ」
強調構文ですな。c'est ... que ...
Je m'intéresse aux ordinateurs.
C'est aux ordinateurs que je m'intéresse.
「私はコンピュータに興味がある」
「私が興味あるのはコンピュータだ」 コンピュータこそ私の興味のあるものだ、ということだな。
C'est Michel que j'ai rencontré à Shibuya.
先日のW杯予選突破決定の日の、渋谷での機動隊DJが評判になっているようですな。まあ、そういうハッピーな出来事での騒ぎだったからかもしれないが、お互いに気持ちの余裕が感じられる出来事であった。
C'est à Shibuya que j'ai rencontré Michel.
会った相手のことに関心があるのか、相手と会った場所が話題の中心なのか、ということだ。

Isabelle s'intéresse au kabuki.
C'est Isabelle qui s'intéresse au kabuki.

Odile a fini de taper la lettre pour New York.
C'est la lettre pour New York qu'Odile a fini de taper.

Michel va au Salon de l'auto cet après-midi.
C'est cet après-midi que Michel va au Salon de l'auto.

Ce tableau de Picasso me plaît beaucoup.
C'est ce tableau de Picasso qui me plaît beaucoup.
[PR]
by xabon | 2013-06-07 22:30 | フランス語

練習問題

相手に、あることについての興味の有無を尋ねる.
Ça vous intéresse? あるいは Ça t'intéresse?
答える側は、
Oui, ça m'intéresse (beaucoup). とか、Non, ça ne m'intéresse pas (du tout). などと答える.
intéresser の前の代名詞は直接代名詞で、主語は興味の対象になる物事だ.
L'informatique m'intéresse.
興味を持つ側の人物を主語とする表現としては、誰々 s'intéresser à 何々、というものがある.
Je m'intéresse aux sports.
Michel s'intéresse aux voiture.
最近の若い者はクルマに興味がなく、クルマが売れないとかいう話ですな.私もクルマに特別興味はないが.私はどちらかといえば鉄ちゃんだ.でもクルマは一応持っている.ないと田舎ではいろいろ不便なことが多い.

興味深い interessant
J'aime la sociologie. C'est très intéressant.

Le cinéma américain, ça t'intéresse?
- Non, ça ne m'intéresse pas du tout.

Le jazz, ça vous intéresse?
- Non, ça ne m'intéresse pas tellement.

Vous vous intéressez au théâtre nô?
- Oui, je m'intéresse beaucoup au théâtre nô.
[PR]
by xabon | 2013-05-21 21:03 | フランス語

練習問題

意見を述べたり気持ちを表現する
好き嫌いを言う。これは大事だ。
plaire à ... がよく用いられる、とのことだ。
Ça vous plaît? あるいは Ça te plaît? と尋ねる.
Oui, ça me plaît. これはお気に召した場合だな.
あまり気に入らなければ、Non, ça ne me plaît pas tellement.
Non, ça ne me plaît pas du tout. これは「全然」 
Hashimoto ne me plaît pas du tout. とかいえばいいのだな、多分.
plaire は、動詞の主語は気に入られたり気に入られなかったりする物事であるが、気に入ったり気に入らなかったりする側の人物を主語として、aimer などの動詞を用いることもありうる.
J'aime ce tableau. ←→ Ce tableau me plaît.
J'aime ces tableaux. ←→ Ces tableaux me plaisent.
plaire の活用を思い出せなかった.
直現単3人称で語幹末子音字 s が ^ として綴りに名残をとどめ、-aît となる、と辞書に書いてあるなあ.
なるほど、connaît なんかも î という綴りが出てくるが、これは s がもともとあった、という印なのだな.数年来の疑問がようやく解消された.
他と比較して「...の方が好きだ」というときは aimer mieux ... や préférer を用いる.
Je préfère ce plat.
[PR]
by xabon | 2013-05-16 21:46 | フランス語

練習問題

週1ペースである。モチベーションが落ちきっている。困ったものだ。浮上せねば。

目的・対立関係を言う

「...のために」
pour +名詞
英語なら for ... ですな。
Elle travaille pour la justice sociale.
「社会正義」というものがどういうものなのかその時代背景によって異なるのだろう。
Il cherche une école pour son fils.
うちのfilsにも、いい学校があるといいなあ。
「...するために」なら pour + 動詞原形
Il va à Vienne pour voir un opéra.
私は最近おべんきょーもせんと、サッカー観戦に、ご当地スタジアムに通ってます。4月はなかなか行けなかったけど。5月になって、私も暇が増え、チームも調子が良くなってきたようだ。23戦負けなしを阻止したぞ。
pour quoi faire? 「何をするため?」
Cette carte, c'est pour puni faire?
pour que の前後で主語が異なる場合に「誰々が...するために」というのには接続法を用いる。出たな、接続法。
Je lui ai téléphoné pour qu'il passe me voir.
Nous allons partir pour que vous vous reposiez.

「しかし」「にも関わらず」
J'aime le football. Je n'aime pas le rugby.
テキストではfootballとrugbyが反対であったが、私の立場として、Je n'aime pas le football. などという文を書くわけにはいかん、って、書いてしまったが、例文だろうが何だろうが、J'aime le football. なのである。別にrugbyが嫌いなわけではない。しかし昔ほどrugbyには興味なくなったのは確かだ。まあとにかく、接続詞「しかし」に相当するものがなくても、aime が用いられた文と n'aime pas が用いられた文が並んでいれば両者は対立関係にあるものだということは普通伝わる、ということだな。
もっと、対立関係を明確にしたければ、mais を用いる。
J'aime le football, mais je n'en fais pas.
この場合、代名詞には en を用いるのだな。「サッカーをする」の「する」は faire なんだ。jouer じゃないのか。
Paul va en Italie, mais pas en Espagne.
私はどちらかといえばスペインに興味があるが。
Paul ne vas pas en Espagne, mais en Italie.
対立関係にある文の動詞が同じものなら省略できる、ということだ。
Il n'est pas blond, mais roux.
「...にも関わらず」
Je me suis promené malgré le mauvais temps.
先日は、悪天候にも関わらずサッカーを見に行ってきました。暴風にも負けず、雪にも負けず。さすがに5月には雪は降らないと思うが。というか、もう今月はホームゲームありません。
bien que +接続法でも「...にも関わらず」といえる。
Bien que sa femme soit malade, il est venu à la soirée.
家に入れてもらえなくなりそうだが。
[PR]
by xabon | 2013-05-14 22:09 | フランス語

練習問題

地震だ。三宅島の地震のニュースをやっていたら、今度はご当地だ。まだ、M6クラスの地震を起こすエネルギーは残っているのだな。やれやれ。

原因・結果を述べる

「なぜなら」「...なので」
「なぜなら」という場合には parce que を用いる。
Je suis fatigué parce que je n'ai pas dormi hier soir.
夜更かし癖はいけないのです。若さがどんどんなくなるのです。
「...なので」は comme. 理由を述べる部分が先にくる言い方。
Comme je n'avais pas de télécarte, je ne t'ai pas téléphoné.
電話してるのはわたしだけ、あの人から来ることはない。

「...のせいで」「...の理由で」
「...の理由で」はニュートラルな感じですが「...のせいで」という場合には「...」を非難するニュアンスを感じますな。
Je suis en retard à cause d'un accident de train.
東京に行ったら、「線路の安全確認のため」とか「人身事故のため」とか、そんなんでどこかの路線でダイヤが乱れている、ということが多かった。東京じゃ連日そんなのばっかりですか? 遅刻の言い訳には便利かな。

「...のおかげで」は grâce à ...。これは、「...」およびそれによる結果に対するポジティブな見方をしている場合ですな、皮肉でなければ。フランス人なんか、皮肉で grâce à vous とか、しょっちゅう言っていそうだけれど。
Grâce à vous, notre fils est arrivé à l'heure.

ジェロンティフを用いた表現。
En tombant, j'ai cassé mes lunettes.
Il a eu un accident en roulant trop vite.
スピードの出し過ぎには注意しましょう。
[PR]
by xabon | 2013-04-17 21:13 | フランス語

練習問題

説明を加える。
à qui などを使う、ということだ。
Je vois une fille blonde. Tu as parlé à cette fille.
これを関係代名詞を用いて、
Je vois une fille blonde à qui tu as parlé.
と表現する、というようなこと。
Tu connais le garçon? J'ai déjeuné avec le garçon.
Tu connais le garçon avec qui j'ai déjeuné?
先行詞が「人」の場合は「前置詞+qui」で、先行詞が「物」の場合には「前置詞+lequel / laquelle / lesquels / lesquelles」となる。
Je vois la feuille sur laquelle tu as écrit ton adresse.

前置詞 de +先行詞、という形の場合には de qui ではなく、dont という関係代名詞を用いる。
Je vais au musée Picasso. Tu as parlé du musée Picasso. が
Je vais au musée Picasso dont tu as parlé. になる。
Ce n'est pas cet homme. Je me souviens de l'homme. は
Ce n'est pas cet homme qui je me souviens. となる。

J'ai lu le livre. Vous aviez acheté ce livre.
J'ai lu le livre que vous aviez acheté.

Elle est née dans cette ville. Paul est allé dans cette ville.
Elle est née dans cette ville où Paul est allé.
ああ、そうか、場所だから où だね。avec qui じゃないね。

Je te donne le nom d'un ami. Tu vas habiter avec cet ami.
Je te donne le nom d'un ami avec qui tu vas habiter.

Elle connaît le garçon. Ce garçon va venir.
Elle connaît le garçon qui va venir.

J'ai vu l'accident. Vous parlez de cet accident.
J'ai vu l'accident dont vous parles.

Tu reviendras un jour. J'attends ce jour.
J'attends ce jour où tu viendras.
[PR]
by xabon | 2013-04-07 20:43 | フランス語