人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ドイツ語( 203 )

第15週(1)

住金vs松下、日産vs日立の対戦の結果、決勝は松下vs日立の家電メーカー対決になったわけであるがこうしてみると、やはり金の出所のあるチームはいいなあ、ということだ。

Vor zwei Wochen. Frau Schulze kommt ins Büro von Dr. Schmidt.
Frau Schulzeの回想シーンのようだ。
Guten Morgen, Herr Schmidt!
Schmidtといっても、少佐の偽名ではない。
Guten Morgen, Frau Schulze! Was steht heute auf dem Tagesplan?
stehen は「立っている」、英語の stand であるが、auf 3格 stehen で、「...を示している」だそうだ。auf 4格 stehen の用法もあり、こちらは「...に(刑罰が)科せられている、(賞金が)かかっている」などという意味になるようだ。
Sie haben um 10 Uhr eine Vorstandssitzung. Um 12 Uhr das Mittagessen mit Herrn Lübner. Um 15 Uhr haben Sie ein Gespräch mit der Verkaufsabteilung.
Vorstand は「役員、首脳部」。Vorstandssitzung は「役員会議、重役会議」ですな。Gespräch 「会話、対談、話し合い」、verkaufen 「売る」、Abteilung 「部門」なので、Verkaufsabteilungは「販売部門」。

Wie spät ist es denn jetzt?
Es ist halb neun.
Gut. Ist Post für mich da?
O ja. Hier ist ein Brief von einer Investmentfirma. Interessieren Sie sich jetzt für Aktien?
Sie können nun gehen, Frau Schulze. Ich muss jetzt einige Telefonate führen. Stören Sie mich bitte nicht. Alles klar?
Telefonat は「電話をすること」、 stören は「邪魔をする」。

Nach zwanzig Minuten kommt Herr Schmidt aus seinem Büro.
Frau Schulz, ich habe jetzt etwas Wichtiges zu erledigen und werde heute nicht mehr zurückkommen.
wichtig は「重要な」という形容詞、das Wichtig と名詞になれば「重要なこと」。erledigen は「済ます」という動詞。
Bitte? Was machen Sie denn mit der Vorstandssitzung und den anderen Terminen?
Termin は「期日」。大事な用事ができたので出かける、今日はもう戻らない、といわれて、会議はどうするんですか、いつに延期するんですか、と尋ねているのかしらん。
Sagen Sie einfach, ich bin krank.
einfach は「簡単な」。体調が悪くなったとでも言っておいてくれたまえ、てなところか。
Auf wann soll ich die Termine dann verschieben?
verschieben は「先に延ばす」。auf ... で「...に延期する」。期日をいつに延期したらいいんですか、ということだな。
Das sage ich Ihnen morgen. Auf Wiedersehen.
「それは明日伝える、ではごきげんよう」と、帰ってしまったわけだ。勤務時間中なのに。いいご身分だ。本当にいい身分なのだろう。私がやったら解雇されてしまう。
by xabon | 2012-12-30 21:36 | ドイツ語

第14週(4)

Wie geht es deinen Eltern?
Eltern は人間だから mit はいらないのだな。
Wie geht es mit dem Projekt?
Es geht nur langsam voran mit der Arbeit.
Was ist denn los mit ihm?
これは Wie geht es ... ? の文と異なり、人間であっても mit が必要。

Heute ist Montag.
Ich gehe am Dienstag zur Schule.
Am Mittwoch muss sie jobben.
Sie haben jeden Donnerstag eine Sitzung.
Hast du am Freitag schon etwas vor?
Am Samstagmorgen muss ich unbedingt einkaufen gehen.
Am Sonntag habe ich Zeit.
これが私の一週間の仕事です。

Weißt du, ob Sabine verheiratet ist?
Ich weiß, dass Karl heimlich Lisa liebt.
Wissen Sie, dass Herr Schmidt sich seit zwei Wochen komisch verhält?
Karl weiß noch nicht, dass das Projekt so gefährlich ist.
by xabon | 2012-12-23 21:04 | ドイツ語

第14週(3)

その場に留まり続けるためには全力で走らなければならない、といったのは赤の女王だったっけ?
立ち尽くしているとあっという間に置き去りにされる。
選挙に行っても何も変わらない。
行っても仕方が無い、というヒトもいるが、行って、ようやく現状なのだ。行かなければもっと悪くなる。

wissenの用法。
現在形の活用。ich weiß, du weißt, er weiß, wir wissen, ihr wisst, sie wissen。
過去形の活用。ich wusste, du wusstest, er wusste, wir wussten, ihr wusstet, sie wussten。
多くの場合、dass や ob から始まる副文を目的語とする。
Weist du , dass/ob ich die Prüfung bestanden hat?
本日仏検4級の合格証書が届きました。次は3級だ。
それはさておき、
wissen は「ある事柄の内容について、一般的な知識や情報を持っているということを意味する」。
kennen は、「個人的な体験などによりある人・事を知っていることを表す」。
フランス語だと、savoir と connaitre に相当するのだろう。
Ich weiß den Weg.
Ich kenne den Weg.
前者は、地図などで確かめて「知っている」。後者は、通ったことがあり「知っている」。

Geht er zur Party? - Ich weiß nicht, ob er zur Party geht.
War die Frau wirklich in seiner Wohnung? - Ich weiß nicht, ob die Frau wirklich in seiner Wohnung war.
Ist Karl nach München gefahren? - Ich weiß nicht, ob Karl nach München gefahren ist.
Nimmt Lisa am Seminar teil? - Ich weiß nicht, ob Lisa am Seminar teilnimmt.
teilnehmen は「参加する」。

第14週の復習。
1) Wir geht es mit +3格.
Wie geht es mit Ihrer Arbeit?
2) 曜日。
Montag, Dienstag, Mittwoch, Donnerstag, Freitag, Samstag / Sonnabend, Sonntag.
Wir sehen uns am Sontag.
Am Montag habe ich keinen Unterricht.

「毎週...曜日に」
Jeden Freitag gehe ich schwimmen.
「...の朝/午前中/午後/晩」
曜日+Morgen / Vormittag / Nachmittag / Abend を一語にして表す。
Am Dienstagmorgen hat Karl eine Sitzung.
Ich gehe am Samstagabend ins Klavierkonzert.
「今晩」「明日の午前中」などは、heute Abend, morgen Vormittag など、2語に分ける。am は使わない。
Hast du heute Abend Zeit?
Morgen Vormittag gehe ich zum Zahnarzt.
歯のかぶせものが取れてしまった。早くなんとかしたいのだがこっちの仕事の都合と歯医者の都合が合わない。
by xabon | 2012-12-19 22:17 | ドイツ語

第14週(2)

Wie geht es mit ...?
「(あなたの)調子はどうですか?」は Wie geht es Ihnen?
「仕事の調子はどう?」などという場合には Wie geht es mit der Arbeit? と、mit + 3格の形で表すとのこと。
Es geht langsam voran mit der Arbeit. 「仕事はゆっくり進んでいる」
Was ist los mit dir? 「きみ、どうしちゃったの?」 Was ist los? で「どうしたの」。los は「放たれた、はずれた」。

Wie geht es mit der Arbeit? - Na ja, es geht nur langsam voran mit der Arbeit.
Wie geht es mit der Forschung? - Na ja, es geht nur langsam voran mit der Forschung.
die Forschung は「研究」。forschen 「研究する」の名詞化された語。
Wie geht es mit der Planung? Na ja, es geht nur langsam voran mit der Planung.
die Planung は「計画、立案」。動詞は planen 「計画する」。
Wie geht es mit dem Bau? - Na ja, es geht nur langsam voran mit dem Bau.
der Bau は「建築、建設」。何を立てているのか。福島浜通りの復興は進んでいない。ただ党首どもの第1声の舞台に利用されているだけ。
Wie geht es mit der Entwicklung des Medikaments? - Na ja, es geht nur langsam voran mit der Entwicklung des Medikaments.
die Entwicklung は「開発」。動詞は entwickeln。

曜日。
Montag, Dientag, Mittwoch, Donnerstag, Freitag, Samstag(北部)/ Sonnabend (南部), Sonntag。
曜日のことを書いたのは一体何年前だったか忘れた。ドイツでは1週間は月曜日から始まる、ということになっているが、水曜日が Mittwoch ということは、もともとは日曜日から始まると認識されていたのではなかろうか。それとも、土曜、日曜は Wochenende で数のうちに入らないから水曜日が真ん中なのだろうか。私にとってはウイークデー5日で、水曜日が真ん中、というのはまさにその通りなんだけれども。
Welcher Tag ist heute? / Welcher Tag haben wir heute?
- Heute ist Dienstag.
「...曜日に」は am +曜日。
Was hast du am Wochenende vor?
-Am Samstag gehe ich ins Kino, aber am Sonntag bleibe ich zu Hause.

Welcher Tag ist heute? - Heute ist Donnerstag.
英語では Thursday で、これは Thor's day ということだ。Thor というのは北欧神話の「トール」という雷・雨・農業を司る神。シャーロック・ホームズの短編に「ソア橋」というのがあり、この「ソア」も Thor だったはずだ。ドイツ語の donnern は「雷が鳴る」、der Donner が「雷」で、「雷」が木曜日のキーワードだ。
Welcher Tag ist heute? - Heute ist Mittwoch.
初めてドイツ語を習ったとき、水曜日も 何とかtag というのだろうと思って辞書を探したのに見つけることができなかった。英語では Wednesday = Woden's day であり、ドイツ語でも Woden に関係した名前がついているのかと思ったら全然違うネーミングだったわけだ。Woden はゲルマン神話の主神だそうだ。北欧神話の Odin と同じ神ということだ。主神の名前を曜日につけるのは恐れ多い、とドイツ人は考えたのかもしれない。ラテン系では主神は木曜日に名前を貸している。
Welcher Tag ist heute? - Heute ist Sonntag.
日曜日は太陽の日。「博多どんたく」の「どんたく」は Sonntag と同じ語源のオランダ語 Zondag に由来するとか。

Was machen Sie am Montag? - Am Montag gehe ich zur Schule.
Was machen Sie am Dienstag? - Am Dienstag gehe ich zum Rathaus.
Dienstag は英語では Tuesday で、軍神 Tiw の名前に由来する。ローマ神話の軍神 Mars をそのままゲルマン神話の対応する軍神にあてはめたということのようだ。
Was machen Sie am Donnerstag? - Am Donnerstag jobbe ich.
jobben は口語で用いられる動詞だそうである。英語の job に由来する外来語か。jobben gehen で「バイトに行く」。
Was machen Sie am Freitag? - Am Freitag gehe ich ins Theater.
Freitag, Friday も神様の名前に由来していたと思うがこれは何の神様だったっけ。
by xabon | 2012-12-15 20:42 | ドイツ語

第14週(1)

予定外のアクシデントがあったりして忙しくてさっぱり前に進まない。

Am nächsten Morgen kommt Karl Lübner bei Frau Schulze, der Sekretärin von Dr. Schmidt, vorbei, bevor er in sein Labor geht.
vorbeikommen は、 an+3格なら「...を通り過ぎる、通過できる」という意味で、bei+3格なら「...に立ち寄る」。
Guten Morgen, Frau Schulze!
Guten Morgen, Herr Lübner. Wollen Sie einen Kaffee?
Ja, gerne. Bei Ihnen schmeckt der Kaffee immer so gut.
schmecken は「味がする」。英語なら taste ですか。フランス語では「...の味がする」という動詞は見た記憶がない。そういう言い方はしないんですかね? être を使うんだろうか。
Danke für das Kompliment.
das Kompliment は「お世辞」。
Wie geht es denn mit Ihrer Arbeit?
Tja, es geht. Alles braucht seine Zeit.
seine は alles を受けているのだな。
Na ja, heute ist ja Freitag. Dann ruhen Sie sich am Wochenende mal richtig aus.
ruhen は「休息する」。ausruhen も「休息する」。mal は「回」という語だが、命令文では「ちょっと」というような意味で使われるそうだ。richtig は「正しい」「本当の」、副詞なら「本当に」というような意味。ちょっと、週末はちゃんと休みなさいよ、みたいなことを言われているのだろう。
Ich muss wohl auch am Wochenende arbeiten.
wohl は「健康に」「よく」。週末もよく働かないといけないようだ。私は週末はしっかり休みたいです。
Warum denn?
Am Montag habe ich eine Sitzung mit Herrn Schmidt und muss einen Zwischenbericht vorlegen.
die Sitzung は「会議」。der Zwischenbericht は「中間報告」。zwischen は「間に」というような前置詞であるが名詞と組み合わせると「中間」というような意味を持ってくるようだ。der Bericht は「報告」。vorlegen は「提示する、発表する」。
Sie Armer!
Armer は arm 「貧しい、かわいそうな」から名詞化したものですな。あらまあ、かわいそうに、と、週末休めないヒトに同情しているところだ。
So, der Kaffee ist fertig. Bitte sehr.
fertig は「容易ができた」。
Danke schön. Ist Herr Schmidt schon da?
Nein, noch nicht. Ich weiß nicht, ob er heute überhaupt kommt.
überhaupt は「一般に、そもそも」。そもそも、Schmidt氏が来るかどうかもわからない。出社しなくてもいいのか。
Bitte?
Er verhält zwei Wochen seltsam. Er verlässt oft die Firma, ohne mir Bescheide zu geben. Hören Sie, vor zwei Wochen ...
verhalten は「振る舞う」。seltsam は「奇妙な」。2週間、様子がおかしい、とのことだ。verlassen 「去る」。Bescheide は男性名詞で「知らせ」。無断で早退してもいいのか。いいご身分である。
by xabon | 2012-12-10 21:27 | ドイツ語

第13週(5)

最終戦は惨敗であった。やれやれ。来シーズンは守備の立て直しが必要であろう。Yukiが得点を挙げたのが今日の唯一の収穫ではなかったか。
Albirex は「奇跡の」残留。かなり率の悪いところから踏みとどまったのは大したものだと思う。
Gamba は落ちてしまった。落ちて欲しくなかったが、Albirex と Gamba が両方残留するという選択肢がなく、本日は Albirex を応援してました。
Vissel は、シーズン中に監督を2回も代える、長期ビジョンも何もない迷走振りで、落ちて然るべきチームが落ちた、というところだろう。ご当地チームも、フロントに長期ビジョンがあるのかどうかよくわからない。たまたま今の監督がこの数年それなりの結果を出し続けており契約が続いているから長期的な展望を持ってやっているようにみえているだけで、成績が悪くなったらどうなるかしれたない。

可能性を表す副詞。
sicher 「きっと」
Sie freut sich sicher, wenn wir ich besuche.
bestimmt 「間違いなく」
bestimmen 「定める」という動詞からの派生語のようだ。Er weiß es bestimmt schon.
Sie wirst bestimmt Erfolg haben.
wahrscheinlich 「多分」
Sie verstehen wahrscheinlich die Bedeutung der Daten nicht.
vielleicht 「ひょっとすると」
Er sagt vielleicht die Wahrheit.

Er kommt morgen.
Wahrscheinlich kommt er morgen.
Ich habe einen Fehler gemacht.
Vielleicht habe ich einen Fehler gemacht.
Das ist falsch.
Sicher ist das falsch.
Das ist langweilig.
Bestimmt ist das langweilig.
Die Frau ist Japanerin.
Wahrscheinlich ist die Frau Japanerin.

Ich möchte etwas Kaltes trinken.
Ich weiß nichts Genaues.
Bis jetzt habe ich nichts Gutes über ihn gehört.
Er erzählt mir immer etwas Lustiges.

Ich merke mir die Verben.
Die Kinder freuen sich auf die Sommerferien.
私はこの時期、正月休みが楽しみであり、それが過ぎるとGWを楽しみに仕事をし、それが終わると夏休みを楽しみに働く、という毎年である。フランス人は毎年、夏のバカンスを楽しみに1年働くとかいう話であるが、私としては9月のうちから来年の夏を待つ、というのは長すぎて耐えられません。
Überlegst du dir, was du machen sollst?
選挙でどこの政党に投票するべきか、考えても考えても適当な投票先がない場合にはどうしたらいいですか。
Wir interessieren uns für die Umweltpolitik in Deutschland.
輪転機でお札を刷りまくればいい、といっているやつがいる。就職難やら何やらで収入が安定していないところでインフレになり、みんなの預貯金の価値が激減して、大変なことになるだろう。お金の価値が低くなるとわかればみんなその前にお金を使うから景気が良くなる? みんながお金を使わないのは年金問題やら企業の海外移転やらで先が見えず、将来のためにお金を貯めておかざるを得ないからだ。そこの問題を解決しないでインフレ政策なんか導入したら、非正規労働者やら年金生活者やら、のたれ死に続出という事態になりますね。カツカレーに何千円もかけられる金持ち政治家ばかりではないのだ。
やつは「国防軍」をつくるとかいっているが、それは「自衛隊」の名前を変えるだけのことなのか、それとも国民みんなに兵役の義務を負わせようというのか。そういうことをはっきりさせて欲しいものだ。
Ich habe mir die Situation anders vorgestellt.

Er wird morgen sicher kommen.
Das Frau wird jetzt wohl krank sein.
Wir werden nächste Woche in Urlaub fahren.
Ich wird den Gegner besiegen.
Möglicherweise wird sie das Geheimnis verraten.

Sie wird heute sicher kommen.
Möchten Sie etwas Kaltes trinken?
Ich überlege mir, was ich machen soll.
Sie hat mir immer etwas Lustiges erzählt.
erzählen の過去形は erzählte で、過去分詞は erzählt だ。
by xabon | 2012-12-01 22:47 | ドイツ語

第13週(4)

werdenを用いた未来形。
ドイツ語では未来のことは現在形で述べることができ、そのほうが普通と書いてある。未来形はむしろ、不確定なことを推量するのに用いる、ということだ。
私の考えるところでは、過去形というのはもう確定してしまったことであり、「仮定法」で、前提となる部分で過去形が用いられたりする(英語とかフランス語の話であるが)のは、そこの部分は確定したものとして結論部を導くから過去形なんだと思う。
現在形というのは過去形のように100%確定してはいないが、まあ大体そうなる、ということを述べるもので、未来形というのは不確実性を含んでいるものである、というのが私の理解である。
Sonst werden Sie möglicherweise sterben.
怖いなあ。まあ、これは「死ぬことになるでしょう」で、今より先のことを言っているので確かに「未来形」といえる。
Er wird wohl krank sein.
これは別に「これから彼は病気になるでしょう」といっているわけではなく、推量で、「彼は病気じゃないかな」といっていることになるようだ。多分、「ひょっとしたら病気じゃないかもしれないけれど」というようなニュアンスが含まれているのだろう。
英語でも will に、推量、予期の用法というものが文法書に載っている。例文としては
Don't call him. He will be having supper. とか That will be mail carrier ringing. なんてのが載っている。
主語が1人称の場合には、強い意志・確約を表すこともあるとのこと。
Das werden ich nie wieder machen.
何をやらかしたのやら。酔っ払って電車の中で何か悪さをしてしまったとか? ストレスは溜めないようにしないとね。

Wird er das noch heute machen? - Ja, er wird das sicher machen.
Wird er noch heute kommen? - Ja, er wird sicher kommen.
Wird er uns noch heute helfen? - Ja, er wird uns sicher helfen.
Wird sie noch heute anrufen? - Ja, sie wird sicher anrufen.
Wird sie das heute noch lesen? - Ja, sie wird das sicher lesen.
by xabon | 2012-11-21 21:30 | ドイツ語

第13週(3)

連日ちびちびと仕事が入り、お勉強をしにくくなっているが、仏検も終わったことで、ドイツ語のお勉強も再開しよう。

3格の再帰代名詞を用いる再帰動詞。
sich (3格)+etwas (4格)+ überlegen 「じっくり考える」
überlegen はそれだけで「熟慮する」という他動詞であるが、sich がつくと何か違うんですかね? スペイン語だと ir と irse で何かニュアンスの違いがあったりしたような気がするが。
Ich überlege mir alles.
Karl überlegt sich, was er machen soll.
格は以下省略。
sich etwas vorstellen
vorstellen は分離動詞で、「紹介する」だが、sich etwas vorstellen は「...を想像する」。
Wie stellst du dir seine Zukunft vor?
Er hat sich die Situation anders vorgestellt.
ミスディレクションというやつだな。被害者と思ったら実は加害者だった、とか。
sich etwas merken 「覚える」
Sie müssen sich diese drei Verben gut merken.
Gut, ich merke sie mir.

Haben Sie sich den Plan gut überlegt? -Ja, ich habe mir den Plan gut überlegt.
Haben Sie sich die Sache gut überlegt? -Ja, ich habe mir die Sache gut überlegt.
Haben Sie sich die Situation anders vorgestellt? -Ja, ich habe mir die Situation anders vorgestellt.
Haben Sie sich die Wörter schon gemerkt? -Ja, ich habe mir die Wörter schon gemerkt.

ご当地チームとその下の順位の浦和の勝ち点差は5.浦和と名古屋は同勝ち点で並んでおり、ご当地チームが連敗して3,4位のチームが連勝したら4位まで落ちる可能性があるのかと思っていたら、実は最終戦で浦和と名古屋が直接対戦するので、両者とも勝ち点6ずつ増えるというシチュエーションはないのだそうだ。どっちかが+6ということは他方は+3、あるいは両者+4ずつ、というのが精一杯であり、従ってご当地チームは3位以内が確定し、来年のACLへの出場権が確定したということらしい。最低限の目標が達成できたということで、何はともあれ一応めでたい。リーグ戦の戦い方が難しくなる、という現実的な問題にはとりあえず目をつぶっておく。
今週末は17位との対戦である。新潟は残留には2試合連勝したうえで神戸とG大阪が勝ち点を伸ばさないという苦しい条件が必要である。引き分けでも駄目、というところが付け目である。新潟には本当はJ1に残って欲しいんですけどねえ。先週川崎に負けたのが痛いな。最終戦は東京まで見に行きたいが、予定が立たないうちにチケットが売れてしまったようである。家でおとなしくTV観戦してます。
by xabon | 2012-11-20 21:54 | ドイツ語

第13週(2)

仏検まであと1週間です。あまり気合いが入ってこない。4級ならなんとかなるだろうというのは甘いですか?

etwas/nichts +形容詞。
英語なら something +形容詞、nothing +形容詞のパターンですな。
形容詞は大文字で書き始める、ということである。テキストにその理由は書いてない。
Gibt es heute etwas Wichtiges?
英語なら、Is there anything important? ですか。
Sie hat mir nichts Genaues erzählt.
これはそのまま英語にはしにくそうだな。私の英語力では、ですが。
etwas Gutes/Schlechtes これは something good/bad てなことだ。
nichts Neues/Altes これは nothing new/old。
etwas Interessantes 何か面白いことはないかなあ。面白いことというのは、ご当地チームが試合に勝つとか、優勝するとか、そういうことであるが。
nichts Besonderes  特別なことはなにもない、というわけだな。

Hast du etwas Wichtiges gehört? -Nein, ich habe nichts Wichtiges gehört.
Hast du etwas Neues gehört? -Nein, ich habe nichts Neues gehört.
Hast du etwas Interessantes gehört? -Nein, ich habe nicht Interessantes gehört.
Hast du etwas Besonderes gehört? -Nein, ich habe nicht Besonderes gehört.

Hast du etwas Gutes gemacht?
Hast du etwas Gutes gegessen?
Hast du etwas Neues gelernt?
Hast du etwas Interessantes gelesen?
by xabon | 2012-11-11 20:46 | ドイツ語

第13週(1)

Ladies はめでたくチャレンジリーグ優勝を果たしました。おめでとうございます。まあ、元々1部にいたチームなわけで、順当と言えば順当である。1部に上がってからが勝負である。

Der Zwiete Anruf
Was ist mit dem Chef von Karl? Und wer ist diese Asiatin?

Ich soll mit der Sekretärin von Herrn Schmidt sprechen?
sollen は「...するように求められている」という意味の話法の助動詞である。英語なら shall に相当するものだが、shall はアメリカ英語ではあまり使われない。アメリカ英語を学校で習った身としてはどうも shall には馴染みが薄い。sollen が英語の shall に相当するといってもさっぱりぴんとこない。
ich soll, du sollst, er soll, wir sollen, ihr sollt, sie sollen と活用する。過去形は sollte で ich sollte, du solltest, er sollte, wir sollten, ihr solltet, sie sollten だ。
Ja. Ich habe neulich mit ihr gesprochen. Sie hat mir erzählt, dass Herr Schmidt sich seit ein paar Wochen komisch verhält.
neulich は「先日、この間」。erzählen は「物語る」だったな。seit は「...以来」。何だかすっかり忘れているなあ。verhalten は「振る舞う」。verhalten sich +「様態を示す語句」で「...に振る舞う、...の態度をとる」。verhalten sich +「状態を示す語句」なら「...の事情/状況である」。ここでは前者であろう。komisch は「滑稽な」。
Komisch? Wie komisch?
Sie hat mir nichts Genaues gesagt.
Genau というのは辞書に名詞としては出ていない。形容詞としての genau は「正確な」。Karlクンの上司の秘書は Karlクンの彼女に、上司氏の様子がおかしい、とは話したものの、どうおかしいのか、詳しいことは何も話してくれなかった、ということですな。

Gut. Dann spreche ich morgen mit Frau Schulze. Danke für die Information.
Nichts zu danken. Und du, was machst denn jetzt?
Ich überlege mir erst mal in Ruhe, was ich machen soll.
überlegen は「よく考える、熟考する」。Ruhe は「静けさ」。女性名詞である。まず落ち着いて何をすべきか考える、と言っているのだな。
Gut. Dann sehen wir uns morgen. Du kannst mir ja dann sagen, wie sehr du mich schätzt. Tschüs.
schätzen は「見積もる、高く評価する」。「明日会ったとき、私のことをどう高く評価しているのか教えてくれるわね」とでも訳せばいいですか。
Wiederhören.
Gleich danach klingelt das Telefon wieder.
gleich は「同じ」という形容詞、あるいは「すぐに」という副詞であった。前にも出てきたはずだが忘れているなあ。klingeln「鳴る」。
Hallo. Bist du's wieder, Lisa?
Ich heiße nicht Lisa. Ich heiße Akiko.
Sie! Warum waren Sie in meiner Wohnung? Was haben Sie hier gemacht?
Das brauchen Sie nicht zu wissen, Herr Lübner. Ich wollte Sie nur warnen. Lassen Sie die Finger von Irem Projekt. Sonst werden Sie möglicherweise sterben. Wiederhören.
warnen は「警告する」。話の流れから die Finger von ... lassen は「...から手を引く」であろう、と推察されるが、辞書によると「...と関わりを持たない」とある。まあだいたい合っているだろう。
sonst は「「そのほかに、さもなくば」。英語なら otherwise に相当するだろうか? möglicherweise は「もしかすると」。辞書に線が引いてあるのに覚えてない。
by xabon | 2012-10-30 20:40 | ドイツ語