人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:その他( 117 )

約1年ぶりでございます

ずいぶん長らく投稿していなかったものだ

twitterばかりになってしまった
まあ、そんなにしょっちゅう呟いてるわけでもないけど
by xabon | 2015-05-28 22:41 | その他

3連勝

Cerezo相手に押されながらも点を取られず、少ないチャンスではあったがうまいパスワークからきれいに点を取り、これで3連勝 甲府、大宮の上に出た
ま、まだまだ先は長いですが、応援するほうも、だいぶ元気が出てくる展開になってきた
次も手ごわい相手だけれどもいい試合を見たいものだ
by xabon | 2014-05-10 20:08 | その他

GWの終わりに

語学と全然関係ありませんが、
ようやくホーム初勝利です。
前半は「またか」という展開だったけど。
ここから勝ちを積み重ねていければいいなあ。
by xabon | 2014-05-06 19:52 | その他

compromise

最近語学の勉強をさぼってばかり。
おべんきょーに関係なくてもブログを書けるよう、ブログ名を変更した。
これで、おべんきょー以外の話題も書き込むことにする。

今日の出来事。

監督交代。
2014シーズンのトップを切って監督交代だ。一番乗りといっても全然嬉しくないね。でもまあ、とにかくこれで流れが変わりますように。

小保方リーダーの記者会見。
STAP細胞は実在する、ような気がするが、とにかく、小保方さんの脇が甘かった、ということだと思う。
それにしても、水に落ちた犬を棒で叩くような騒ぎで、小保方さんが心の病にならないことをお祈りします。

In the end, I didn't want to compromise my beliefs as a coach.
compromiseは「妥協する」か。なるほど、「妥協したくなかった」というにはこういう風にいえばいいのか。
by xabon | 2014-04-09 21:49 | その他

仏検結果発表

本日、仏検の結果をウェブ上で確認できるようになった。
自己採点どおりの点数で、合格。
おめでとうございます。誰も言ってくれないので自分でお祝いの言葉を贈ってみた。
まあ、4級だからね。
合格ラインは55点。過去2年くらいの合格ラインは60点だったので、ラインが下がっている。
合格率は70%くらい。過去2年で最低が75%、いい時だと80%以上であったので今回は合格ラインを下げているにも関わらず合格率が下がっているということだ。問題が難しかったのか今回の受験者のレベルが低かったのかは不明。

英語のお仕事をしなければならないのでお勉強をする時間がない。
ほとんど「時間の無駄」という感じの仕事であるが、「こんなものを読まされるのは時間の無駄である」と書いて出すわけにいかないのが辛いところだ。なぜ駄目なのか、それなりの理由をつけて「駄目」と言わなければならない。私の英語力では、1週間はかかりそうだ。提出期限ぎりぎりだ。
by xabon | 2012-12-17 20:57 | その他

バレーボール オリンピック最終予選 最終戦

年に1,2回回ってくる英語のお仕事であった。ちょっとした報告書を書けばいいのであるが、その、「ちょっとした」が大変なんだなあ。

ご当地チームは、ロスタイムの失点で手痛い逆転負け。けが人が多く、チームの調子が落ちているようだ。少しお休みが入るようなのでそこで立て直して欲しいものだ。
女子のバレーボールはこれから予選最終戦。ロシアには勝てないと思ったがやっぱり勝てませんでしたな。タイが勝ったので、セルビアから2セット以上取るのが絶対条件とのことだ。「タイが負ければ決まり」と言っているヒトもいて、まあ、確かにその通りかもしれないが、「セルビアに勝って、タイも一緒にアジアからオリンピックに行けるようにしてやろう」という発言は、誰かしていましたかね? ライバルが負けてくれれば、ということを期待するのは志が低く、そんなことを考えて幸せになったヒトはあまりいないと思う。まあ、しかし、精神的に弱いですな。男子よりは強いと思っていたが、それでもこんなもんか。
ハンドボールも、最終戦を待たず、オリンピック出場の可能性が消えたようだし。

まあ、私にとってはオリンピックといっても国際大会の一つという感覚であるが、観戦は楽しみの一つにはなる。私は、外国のチーム同士でもいい試合を見たい、というよりは、やはり日本が出場して知っている、思い入れのある選手が活躍するのをみるほうが楽しい。ということで、これからセルビア戦を観戦します。さっぱりお勉強がすすまないけれども。
by xabon | 2012-05-27 19:21 | その他

杉山先生のフランス語のテキストが出たとかいうので書店に行ってみたら、ラジオの上級編を本にまとめたものでしたな。ラジオのテキストがあるので改めて買う必要はない、という結論に達し、手ぶらで帰ってきた。

清岡先生の講座も本になってましたな。他にもラジオの講座から単行本化されたものがあったような。フランス語の番組は放送後、本になるんだ。スペイン語の棚を見ても、「宝の半島」の単行本なんぞはありませんな。スペイン語講座は放送後に本にしても採算が合わないのだろうか。

今時は、本を裁断して1ページずつスキャナーで読み込んでコンピュータのファイルにするという手段も流行っているようであり、ラジオのテキストも裁断してスキャナーにかければ売っている本と同じ内容のPDFファイルができそうだが、私は本や雑誌を裁断するのは避けたい。本は本の形をしているのが好きなのである。裁断されてばらばらになったものは本の死骸だ。よそ様がそういうことをするのは止める術もないが、自分ではそういうことはしたくない。

コンピュータのファイルにしてしまえばかさばらなくて済むからずっと残しておいて後で読むことはできる。雑誌や本のままではいずれ本棚が一杯になり、というか、我が家の本棚はすでに一杯で、語学講座のテキストは3,4年分、床に平積みである。それも一杯になると、古い順に廃品回収に出されてしまうのである。廃品回収に出されたものは二度と読めない。フランス語講座なら書籍化されて後でまた読むチャンスもあるかもしれないが、スペイン語講座なんかは多分もう読めないのであるが、ない袖は振れないし、ないスペースにはものは置けないのである。せっせと、このブログに書き写す、という手もあり、そうすれば少しくらいはものを覚えるかもしれませんがね(手で書いた方がもっと覚えるとは思うが)。
というようなことはあるので、裁断してファイル化する、というのも一つの手ではあると思うけれども、でもやっぱり自分の手で書籍や雑誌をバラバラにはしたくないのである。業者がやってくれるとしてもそれもしたくない。自分の本がバラバラになる、ということが嫌なのだ。バラバラになったらそれはもう本ではなく、紙切れである。
by xabon | 2012-02-21 22:06 | その他

あけましておめでとうございます

一日遅れであるが Bonne année! 終わってしまった「元日」は le jour de l'an。「新年」ということで le nouvel an ということもあるようだ。「元旦」は le matin du le jour de l'an でしょうか。あるいは le jour de l'an au matin か?
もう、今日から仕事という国もあるんでしょうねえ。

フランス語では 「年」に相当する語は an, année とあるが、an の方が「時間の単位としての年」。année のほうは「1年の期間」だが、「厳密に区別されるわけではない」、ということである。結局よくわからない。

souhaiter à qn la bonne année 「...に深淵の挨拶をする」。
cette année 「今年」、chaque année 「毎年」(tous les ans も「毎年」ということだが、まったく同じように使っていいのかどうか不明)、l'année prochaine 「来年」( l'an prochain とも)、l'année dernière 「去年」( l'an dernier とも)。en fin d'année 「年の暮れに」
Les impôts augmentent d'année en année. d'année en année で「年を追って」だそうだ。
d'une année à l'autre は「年によって」( d'un an à l'autre でもいいようだ)。Mes revenus peuvent varier d'une année à l'autre.  年によって変わるというのもあるが、年々収入が少なくなる傾向にある。震災の影響もある。まあ仕方あるまい。震災のせいで仕事を失った人もいるし、某電力会社のせいで帰る家まで失った人もいるのだ。
by xabon | 2012-01-02 10:37 | その他

東京に絶対安全原発を

語学と全然関係ない原子炉の話.

原発 nuclear power plants の「核燃料」nuclear fuel というのは ウラン235 Uranium-235 である.
ウランは安定同位体 stable isotope のない放射性元素で、天然に存在し、その99.275%は直接は原子力発電の核燃料にならない U-238 である.
核燃料として用いられるU-235 は天然ウランの 0.72% で、7.04億年の半減期 half-life でα壊変 α-decay して トリウム 231 Th-231 に変化する.

ウランは国内にはほとんど産出しない.主要な産出国としては、カナダ、オーストラリア、カザフスタン、ニジェール、ロシア、ナミビアが挙げられている.日本においては火力発電はその燃料となる石油が輸入資源であることからその利用に限界があり、原子力発電を利用しないと電力需要をまかないきれない、という意見がある.核燃料も輸入に頼らざるを得ないと思うのだが、中東に依存しなくていいから大丈夫、ということなのかどうなのかよくわからない.

U-235 は、自然状態では上記のようにゆっくりとα壊変するが、U-235原子核 the nucleus of U-235 に人為的に熱中性子 a thermal neutron を照射すると励起状態の U-236 となり引き続いて核分裂 nuclear fission を起こす.核分裂反応により質量数130-140程度の原子核と95前後の原子核が生成される.手元の本では、 Barium-141とKrypton-92 に分裂、と書いてあるが必ずしもこの2つとは限らない.質量数140前後と95前後のものができやすい、ということのようだ.ニュースで話題になっているのは Iodine-131, Cesium-137 だが、この2つは揮発性で、核燃料を封じ込めておく被覆物質が破損すると外気中に放出され周囲を汚染しやすい、ということのようだ. ほかにも蒸気の Kr-92 なんてのはガス状の物質なので大気中に出ているはずだが話題にはなりませんな.大気中で拡散されるので「原発周囲の汚染」という意味ではあまり重視されていないのかもしれない.周囲だけじゃなく大気全体の汚染には影響しているのだと思うが.他にもいろんな fission products はできているはずだが揮発性・ガス状のもの以外は、もっと直接的な核燃料物質の飛散が起きないうちは問題にならない、ということですかね?

この他に、数個の中性子と、大量のエネルギー(約 200MeV 、と書いてあるが、それがどれほどのエネルギー量なのかよくわからない)が放出される.この、放出されるエネルギーを熱源としてタービンを回して電力を作り出す、というのが原子力発電ということのようだ. 一方、放出された中性子は、周囲に十分なU-235 原子核があれば、再びそれを照射し、核分裂反応を起こす、ということを繰り返す.つまりこの反応が連続的に進むかどうかは周囲に十分な量の U-235 が存在するかどうかに依る.なければ単発で終わる.十分な量の U-235 があれば連鎖反応 chain reaction が進み、次々と核分裂反応が起こる.この、連鎖反応に進むのに必要な U-235 の量が、臨界量 critical mass というようだ.原子力発電ではきわめて注意深いコントロールの元に U-235 の核分裂の連鎖反応を起こさせて大量のエネルギーを得て発電を行っている、ということであろう.コントロールなしに U-235 の核分裂の連鎖反応を起こさせると原爆になるものと思われる.

多分、核分裂反応で放出されるエネルギーというのはとてつもない熱量で、地震が起きたことにより制御棒で連鎖反応をストップさせ「運転を停止」しても、きわめて高い余熱が残っており、これが冷却装置の停止で冷やせないためにいろいろと不具合が起こっている、ということなのだろう.
冷却することが何より必要なのであれば、どんなことがあっても冷却できなくなることがないようなバックアップシステムを作っておくべきであった.

原発がないと、今の日本国内の電力需要はまかなえないというのはその通りかもしれない.どうしても原発がいるのであれば、現在使用中の原子炉の「安全性」のレベルでは不足だということが明らかになったのだから、もっともっと安全性の高いものに変えていかねばならないだろう.
安全性が高くなって、「なにが起こっても絶対に放射能漏れを起こさない」という原子炉ができたら、それは是非東京に作っていただきたい.東京で使う電力は東京で作るべきでしょう.
by xabon | 2011-03-21 11:56 | その他

大震災

当地は震度5強程度で、自宅は平積みにしていた本が崩れた程度、職場は2段重ねのスチールロッカーの上のほうがひっくりかえったりはしたものの人的被害はほとんどなかったようですが、職場の同僚には実家・家族の住んでいるのが津波の被害に遭ったまさにそのあたり、という人も数人いて、どういう状況なのか気がかりです。
犠牲者やその身内の皆様にはお悔み申し上げます。

そういうことで、本日はお休み。引き続きブログはやっていこうとは思いますが。
by xabon | 2011-03-13 21:53 | その他