人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ドイツ語の造語力

ドイツ語は造語性に優れた言語なんだそうである。寝るがschlafenで車がWagenで、両方くっつけてSchlafenwagenというと寝台車になるんだそうだ。漢字でも「形勢」と「判断」をくっつけて「形勢判断」、さらに「楽観」をくっつけて「楽観的形勢判断」とかいう風に単語?を伸ばしていくことがあるがそれと同じような感じでしょうか。聞くところによるとロシア語も造語力のある言語らしいがロシア語のことは全然知らないのでうそかホントかわからない。フランス語やスペイン語はあまり造語力はないらしい。「形容詞+名詞」の語順をとる言語か「名詞+形容詞」の語順をとる言語かというあたりが鍵でしょうか。とくに単語の語尾が屈折する言語の場合、単語をくっつけていった場合にその単語の品詞は一番後ろにくっついた単語の品詞になるのが自然で「形容詞+名詞」の語順をとる言語の場合には自ずと「形容詞な名詞」という意味になるが、「名詞+形容詞」の語順をとる言語の場合にはそれが難しい、ような気がするわけである。
NHKのテキストによれば、文学はLiteraturwissenschaftといい、工学はIngenieurwissenschaftというのだそうである。それぞれ、Literatur, Ingenieurにwissenschaftをくっつけてできた造語であろうがwissenschaftというのはさらにwissenとschaftがくっついているようだ。この調子でいけば確かにいろんな事が既存の単語の合成で表現できてしまうかもしれない。しかしあんまり長いと書くのが面倒だ。
まあ、こうやってどんどん単語をくっつけていって新しい単語がつくれるのは素晴らしいことであるかもしれないが、個人的には納得できない思い出がある。ogottogottというのがテキストに出てきたのである。もうン十年前の話なので記憶があいまいなので綴りがこのとおりだったかどうか定かでないが、辞書を引いても出てこない、なんじゃこりゃ、というわけでいきづまってしまったのである。授業で説明を聞いてびっくり、O, Gott! O Gott!のことだというではないか。こんなの、くっつけないで欲しい、と思ったものである。ま、これは特別な例かもしれないが。それ以来ドイツ語というものには馴染めない、というのは嘘で、ホントは einがeineになったりeinenになったりするあたりから馴染めていないのであるが、とにかくドイツ語は難しい。いや、英語やフランス語が簡単だとは言いませんが。
そんな優れた造語力をもつドイツ語であるが、必死になって防衛線を維持しようとしているフランスと違い、ドイツという国では外来語として英語が氾濫しているらしい。多分ドイツ語で作った単語が長すぎるからじゃないのかなあ。きっと、「今の若いもんのドイツ語と来たら...」と年寄りが繰り事めいたことをこぼしまくっているに違いない。エーベルバッハ少佐も部下たちの乱れた言葉使いを怒鳴りまくっているかもしれん。
by xabon | 2005-09-29 21:42 | ドイツ語

あいさつ

オーストラリア英語には Good day.というあいさつがあるようだが、イギリスやアメリカではあまり使われないと思う。学校で習わないだけかな?
学校で習うのは、午前中は Good morning. 午後は Good afternoon.
夕方は Good evening. 夜は Good night. どこから夕方でどこから夜なのかはよくわからないが。
フランス語ではBonjour. というのが一番普通の挨拶で、bonは英語のgood、jourはday、ドイツ語もGuten Tag.、スペイン語もBuenos dias.というようだ。全部「よき日で」というような感じなのではないかと思う。フランス語で朝はmatinだがBon matin.という挨拶は見た事がないので多分そういう挨拶はないのでしょう。こうしてみるとGood day.というオーストラリア流の挨拶のほうが、ヨーロッパの他の言語(3つしかしらないが)と同じ流儀で普通じゃないかという風に思うわけである。イギリスやアメリカではどうしてGood day.という挨拶が広まらなかったんでしょう?
フランスではBonjour.というのはとっても大切な挨拶で、お店に入っても必ずまずBonjour.といわないと店員に相手にしてもらえなかったりするとか。日本でも昔はお店でも挨拶するものだったのかもしれないが今は何も言わずに店にはいり一言もなく品物を選び無言でレジにそれを置き、黙ってお金を払って出ていく、というのが当たり前になってしまっているかもしれません。挨拶くらいはしたほうがいいでしょうねえ。Hi. Hello.とか、「お願いします」とか「ありがとうございました」とか、それくらいなら言えるでしょ、てなもので。
by xabon | 2005-09-28 22:08 | 文法

ドイツ語をまた勉強してみようかなあ

英語とフランス語とスペイン語のテキストを買っていたのだが、ドイツ語の10月号も買ってみた。暇潰しに読むものを買う必要があって、語学のテキストは350円と割と安いから買ったというだけなんだけれど。
来年はドイツでW杯があるし、またドイツ語を勉強してみようか。人称代名詞も忘れ欠けている。一人称単数が ich, 二人称が du と Sie、三人称が er, sie, es、複数は一人称が wir, 二人称が ihr と Sie、三人称が sieである。wirとihrをよく忘れるんですよね。よね、って、忘れるのは私だけでしょうか。
「エストテンテン」ってのもあったようだ。動詞の語尾が人称によって -e, -st, -t, -en, -t, -enと変化するんでしたっけね。
10月号での文法事項の要点は habenとseinの人称変化のようだ。ここに書いて覚えてしまおう。
ich habe, du hast, er hat
wir haben, ihr habt, sie haben
ich bin, du bist, er est
wir sind, ihr seid, sie sind
しかし、habenのほうはともかく、英語のbe動詞に相当する動詞というのはどこの言葉でも(英語とドイツ語とフランス語とスペイン語しか知らないが)こんなに不規則なんでしょう?
by xabon | 2005-09-27 20:42 | ドイツ語

またまた冠詞に関する疑問

英語を母語とする人は無意識のうちに自分が話に出そうとしているものが、数えられるものか数えられないものか、数えられるとすれば単数か複数か、既知のものかそうでないか、などということを判断して、冠詞をつけるかつけないか、つけるとすれば定冠詞か不定冠詞かを判断しているらしい。そうやって数えられるものかどうかとか、数がどうかとか、既知か未知かとか、区別するということは区別しないと不都合なことがあったから区別しているのだと思うが何が不都合だったのか、別段そういうものを区別しなくても不都合を感じない日本人の身としてはさっぱりわからない。
フランス語ではさらに「女性名詞」か「男性名詞」か、ドイツ語ではさらに「中性名詞」というものも加わって名詞の性別(クラス)というのを区別するわけであるが、こういうものを区別することにどういう意味があるのだろう? いまでは何の意味もないかもしれないが昔は(どのくらい昔かわからないが)区別する意味があったから区別しているのだろうと思うのだがどうなんでしょう?
それにしてもこういう「性別」のある言語を使う人たちは、可算か非可算か、単数か複数か、既知か未知か、ということの他に「女性名詞か男性名詞か(中性か)」ということまで無意識のうちに常に判断しながら言葉を使っているのでしょうねえ。「これは男性名詞の可算名詞で複数あってまだ話題に出て入ないから男性形複数の不定冠詞をつけて...」なんてことを無意識のうちに一瞬にやってのけているのだろう、凄いことである。この名詞は女性名詞だったっけ男性名詞だったっけ、などと迷うことはないのだろうか? 子供のころからそういうのを叩きこまれていると自然に覚えてしまうものなんでしょうか?
きっと英語の人たちというのはドイツ語やフランス語を習うとき、性別に苦労させられるのだろうなあ。
by xabon | 2005-09-26 21:03 | 文法

火中の栗を拾う

昨日のラジオフランス語講座を聞いていて初めて知った事だが、「火中の栗を拾う」というのはフランスの寓話から来ているのだそうですね。フォンテーヌの寓話に基づくらしい。あまりちゃんと聞いていなかったのでところどころ間違っているかもしれないが、synopsisは次のようなものだったようである。
栗を焼いているところにネコとサルが居合わせた。サルがネコに、自分は火の中の栗を拾うことなどできないが貴君にはできるであろう、といい、ネコはおだてに乗って火の中の栗を拾った。サルが片端からそれを食べてしまう。栗を焼いていた主が気づいたが叱責されたのは栗を拾っていたネコだけで、サルはお咎めなしであった。ネコはサルを恨み、復讐をしようとする。蜂と栗と臼(フランスに臼があるのかどうかよく知らないが)が協力を申し出る。サルが外にでたところでサルの尻を蜂が刺す。あわてて家の中に逃げ込んだところに、暖炉からはぜた栗が襲い掛かる。するとサルは栗を摑まえて「おや、火中の栗を拾うまでもなく向こうから栗が飛び込んできた、これは幸い」といって栗を食べてしまう。
この話にどういう教訓があるのかはよくわからない。
by xabon | 2005-09-24 02:08 | その他

フランス語由来の日本語

フランスに行って、「パン」のことを何といえばいいのかわからなくて困った人がいるそうだが、あとで pain というのだと知ってがっくりきたとか。「パン」といえば通じそうである。ま、日本語の「パン」はポルトガルからはいってきたらしいが、フランス語で「パン」を「パン(ンは鼻母音ですが)」というのを知らずにフランスに行ってしまったのですな。「パン」は英語だと思っていたのかも知れない。逆にアメリカにいってパンを買おうとして I want パン. といって通じなくて困った人もいるかもしれない。
人の事はとやかく言えないもので、自分も日本語になっている外来語といえばみな英語だと思い込んでいるクチである。フランス語の単語集などというものをみてみるとジャンルにもよるがフランス語由来の外来語というのも結構あるんですねえ。ジャンル、なんてのもそうですか。
le manteau、マントなんてのがどこの言葉か考えた事もなかったがフランス語由来なんですね。
la veste、le blouson、ベストやらブルゾンというのもそうだったのか。
la chemise、シミーズというのは日本では女の人の下着を指していたようだがいまでもそうですかね? フランス語ではワイシャツのことらしい。
le corsage、コサージュというのは、耳にしたことはあるが具体的にどういうものだか、頭に思い浮かばない。
le chapeau、シャッポを脱ぐ、などという言葉は完全に死語と化してしまいました。
こうしてみると服装関係の外来語にはフランス語由来のものが多いようだが、フランスでも tee-shirtとかjeanとか、英語由来の言葉の流入は拒みきれないのだなあ。
by xabon | 2005-09-23 20:58 | フランス語

I like an elephant.

売っている本の例文にはトラやらライオンが出てくるが、同じでは芸がないので象にしてみよう。総称の話である。
An elephant is a clever animal.
The elephant is a clever animal.
Elephants are clever animals.
どれも「象というのは賢い動物だ」ということである。特定の象が賢いというわけではなく、象一般に言及する場合に使える表現である。複数形を使うのがもっとも一般的らしい。An elephant is ... の形は「どの一頭の象をとっても、象は賢い」ということから総称表現として使えるということであるし、The elephant is ...の場合は「動物の種類のなかで象という動物種に限定していえば、それは賢い」ということでの総称表現ということらしい。
I like an elephant.
このelephantを総称であると主張して「私は象という動物が好きだ」といえるのか。言える、と堂々と書いてある本があるが、それは言えない、間違いである、と書いてある本もある。「謎解きの英文法」という本には「動詞の目的語の位置に加算名詞が来る場合、a+単数形が使えるのはaをoneに置き換えられるときだけ」と書いてある。An elephant is a clever animal.のようにan=anyと解釈することはできないらしい。
すると、I like an elephant.で「象という動物が好き」といえる、と書いてある本は間違っているということになる。ま、売っている本が全て正しいなどということは幻想なので、間違っている本もあるだろうが、「日本人の英語の勉強は間違っている」とかなんとか、そういう主張をしている本の中にこんな基本的な間違いがあっては困るなあ、というのが私の感想である。
I like an elephant. がいつも不適切かというとそんなことはないのであって、ある一頭の象に関して述べる文章の中ならばこういう文もありうるはずである。
I like an elephant. Its color is white and it was given by the king one month ago. ... 今は好きでも1年後にはもてあましているかも知れないが、そんなことは知った事ではない。
by xabon | 2005-09-22 07:15 | 文法

語学の話じゃないけれど

スペインという国では、多くの人が1ヶ月の夏期休暇をとる、とラジオでいっていました。いいなあ。しかし何か用事のある人は、相手に1ヶ月も休まれてはたまったものではなかろう。スペイン人同士ならお互いに休みだからいいだろうけれど。

スペインには「泥棒」という職業があるという話を何かで読んだことがある。それは随分以前の話で、その当時は随分あぶなっかしい国だなあ、という気がしたものだが、しかし、今の日本にも「職業:詐欺師」としかいいようのない連中がのさばっていたりするのでよそ様の国の事などとやかく言えた立場ではないなあ。しかし、何とかなりませんかね、「オレオレ詐欺(呼び方が変わったんでしたっけ)」とか「リフォーム詐欺」とか、あの連中。

そういう話ばかり読んでいたのである種の先入観ができあがってしまっていたけれども、ラジオスペイン語講座の10月号を読んでいたらスペインの学生というのは大変勤勉だという話がでていたのでちょっと意外でしたが、大学に入って勉強したいかどうかに関わらずみんなが行くから大学に行く、という国の学生とは違うのかもしれません。最近の日本の学生には「○○語専攻」でありながら「○○語」の辞書すら持っていない学生もいるとか。

「スペインに城を建てる」というのは「途方もない夢物語」というような意味らしいが、城はともかく、スペイン旅行ぐらいはしてみたいなあ。
そういえば「スペインでサッカーをする」という「夢物語」を実現させた「城彰二」という選手がいたが、いまどうしてますか?
by xabon | 2005-09-21 21:21 | スペイン語

寒い

「日本語の森を歩いて」に「寒いのは誰か」という段がある。
日本語では「浩子は寒い。」とは言えない、というのである。感覚や環状を表現する場合、3人称の場合にはもとの形のままでは言えない、という問題があるのだそうである。
しかし、著者自身が述べているように、そもそも「私は寒い。」という言い方もかなり不自然である。寒さを感じた場合には「寒い。」と、主語なしでいうのが普通だと思う。フランス語では J'ai froid. 、英語だと I feel cold. だろうか。しかし、日本語で「寒い。」といったときには、寒いのは自分だろうか、それとも天候のほうを指しているのだろうか? 英語でも天候の場合など、非人称主語をとる形で It's cold. とか It rains. とかいうが、むしろこっちのほうに相当する場合が多いような気がするんだが違うでしょうか?
それにしても確かに英語やフランス語では Elle a froid. なり、She feel cold.なり、1人称と同じ形を3人称の場合にも使えるのが、日本語ではあえて主語(主語といっていいんだろうか?)をつけていう場合には「私、寒いです」とはいえても「彼女は寒いです」といえない、というのは面白いというか、不思議である。日本語と似たところが多いという韓国語の場合にはどうなんでしょう?
by xabon | 2005-09-19 20:33 | 日本語

和文英訳

英語が不得手なものにとって和文英訳の問題をやっていて困るのは解答例と違った風に訳した場合にそれが不正解なのかそれともこれでもいいのか、ということがわからないことである。
英文和訳ならば、たとえば、chooseを「選択する」と訳しても「選ぶ」と訳してもどっちでも大差ない、とか、この場合は「選択する」では硬すぎて「選ぶ」でないといけないとか、話の流れから判断ができるので、正解例と違った答を書いても、まあこれでもいいだろうな、というのがわかるのだが、和文英訳の場合には、解答例に select と書いてあった場合に、これが choose であってもいいのか、それともchooseはこういう場合には不適切なのか、不適切とまではいわないがやや不自然なのか、などということの判断ができないのである。selectとchooseというのはあくまでも例として出したのでこれも適切でないかもしれないがそれもわからない。
そんなことを気にする暇があったら、多少間違ってもいいからどんどん英語を使って見なさい、という説もあるようだが。
by xabon | 2005-09-18 23:15 | 英語