人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

had better

むかし習った学校英語によれば、had betterは「~したほうがいい」であった。「~したほうがいい」というのは割りと軽い感じがする。「今日は寒いからもう一枚着たほうがいいんじゃない」とか「授業が終わったらまっすぐ家に帰ったほうがいいんじゃない」とか、やや押し付けがましい感じはするけれども。然るにこの頃読む英語のテキストというテキストには had betterはそんな軽い提案というものではなく、やや脅迫的なニュアンスが含まれるので、「~したほうがいい」といいたい場合には使わないほうがいい、と書いてある。「~したほうがいい」というより、「~しなさいよ、しないと困った事になっても知らないよ」という感じだろうか。 You had better study hard. 「一生懸命勉強しなさいよ(しないであとで泣いてもしらないよ)。」これはたしかにかなり「やなかんじー」である。 こういう場合にはhad betterを使うよりは should のほうがいい、と書いてある。なるほど、こういう場合には今度から should を使おうと思ったわけである。You should say 'you should' rather than 'you had better' in such cases. これでいいんでしょうか? しかし、昨日の「ものしり英語塾」を聞いていたらイギリス人のポールさんは 'should' といわれるのも嫌だ、というようなことを仰っていたので、また迷ってしまったのである。should も嫌だ、と、ネイティブスピーカーにいわれると、じゃあ「~したほうがいい」といいたいときにはどう表現したらいいのだろう? ま、実際のところ、英語で「~したほうがいい」なんていう機会は滅多にないんですけどね。
by xabon | 2005-11-04 20:56 | 英語

所有形容詞

今日のフランス語講座の復習。
フランス語の所有形容詞
私の 形容される名詞が男性名詞の場合には mon で女性名詞なら ma ただし複数形なら男性でも女性でも mes
「きみの」はton/ta/tes
「彼の、彼女の」はson/sa/ses
「私たちの」はnotre/notre/nos
「きみたちの」はvotre/votre/vos
「彼らの、彼女らの」はleur/leur/leurs
持ってるほうにせよ、持たれているほうにせよ、複数になると男女の区別がいい加減になるのはなぜだろう。
英語学習者の落とし穴、英語では「彼の」と「彼女の」を区別するけれども、フランス語ではこの両者の違いはありません。sonとsaを「彼の」「彼女の」と勘違いしやすいので気をつけましょう、と、文法の本にはよく書いてあります。
「彼女のお父さん」はson pèreであってsa pèreではない。sa pèreという形はありえないそうである。今の世の中にはあり得ないことも起こりそうな気もしないではないがそれは文法とは違う世界の話である。
「彼女のお父さん」は、彼女と結婚すると自分の義理の父になる。英語では father-in-lawというがフランス語ではbeau-pèreというらしい。義理のお父さんは美しい、ってことにしておくと、世の中すべて丸く収まる、ってことですかね? 義理の母は、belle-mère。beauも女性形にしなければならないわけであった。
by xabon | 2005-11-02 22:14 | フランス語

明日のフランス語の表現は Qu'est-ce que c'est? だ。
これ、何ですか? 英語でいうと What is this? に相当すると思われるが、随分長たらしい文になってしまうのだな、フランス語では。もっとも、喋る分には「ケスクセ」と短い。
フランス語では話し言葉の場合、疑問文でも語順を変えずにイントネーションの変化だけで疑問文を表すこともできるし、文頭に Qu'est-ce que をつけて疑問文にすることもできるということである。英語でも話し言葉の場合にはもしかすると語順を変えなくても文末を上げると疑問を表すことがあるかもしれないが、こちとら英語はん十年前の中学校・高校のレベルの学校文法でものを語っているしフランス語は会話中心の講座がベースなので、扱っていることの次元がちょっと違うのである。単純に比較していい物かどうかよくわからない。フランス語でも改まった会話や書き言葉の場合には、倒置形を使う必要があるということで、フランス語も学校文法レベルだと倒置疑問文を中心に習うことになるのかもしれない。それにしても何でこんなにたくさん疑問文の作り方があるんですかね? 
今日のスキットに Vous aimez le français? というのがあるからこれでやってみるとすると、他に、Qu'est-ce que vous aimez le français? という疑問形と、Aimez-vous le françe? という形がある、ということである。それにしてもこのセディーユを出すのが面倒なこと。それはさておき、Qu'est-ce que で疑問文を作る、というのは、いったいいつ頃誰が考え付いたのでしょうねえ? 知る限り、といっても例の如く英語とスペイン語とドイツ語と日本語しか知らないが、フランス語以外にこんなものをくっつけて疑問文を作る言語はないように思うが、それ以外の言語ではどうでしょう?
それを言い出すと、英語みたいな、do などという代動詞を使う言語も英語以外には知らないのだが。英語以外にこういう代動詞を使う言語って、ありますか?
by xabon | 2005-11-01 21:56 | フランス語