語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Il fait plus froid que Professor Kiyooka.

今話題の、バイオ燃料、何から作るか知ってます? サトウキビ、トウモロコシ、うーん、今まではね、でもそんなのよりももっと効率よくバイオ燃料が作れる作物が見つかったんですよ、何だと思います? カボチャ。まさかと思うでしょうけど、あのパンプキン。これがうちと提携している研究所で開発した技術を使うと、実に効率よくバイオエタノールが取れる。それで、うちのほうではカボチャの生産のほうを手がけることになって、東南アジアのほうに大規模なカボチャ畑を作ることになったんですが、いまそのための資本金を募集しているところなわけです。もちろん、バイオエタノール生産が軌道に乗ればすぐに元手が取れて、後はエタノールが売れた分だけ還元されるという仕組みで...

「パンプキン詐欺」ってのはこんな感じですかね?

今日は朝から「還付金詐欺に気をつけよう」キャンペーン中なのか、TVやら広報紙やら、その話題が多かった。還付金詐欺はどうかわからないが、USAでは「オレオレ詐欺」というものは成立しにくいらしいですな。かの国は自己責任の国なので、「おばあちゃん、会社のお金使い込んじゃった。今日中に返済しないと訴えられちゃう、助けて」といっても「自分で何とかしなさい」で片付けられてしまう、ということかしらん。まあ、そんな話題をTVで見ていたら我が家の天然ボケの子が「パンプキン詐欺って?」というわけですな。で、「パンプキン詐欺」というものがあるとしたらどんな手口だろう、と考えてみたわけであるが、あまり引っかかってくれそうな感じはしませんな。私には詐欺師の才能はないようだ。

で、これが語学とどう関係あるかというと、「還付金」という言葉を知らないと、自分の知っている単語「パンプキン」に聞こえてしまう、ということで、やっぱり語彙が多くないと、聞き取りはできないのだな、という話である。お後がよろしいようで。きよおか先生より寒かったかもしれない。え、まだきよおか先生の域に達してませんか。まだまだ修行が足りないようだ。
[PR]
by xabon | 2008-07-31 22:09 | その他

語根 ple

語根 ple は、plex などにもなったりするようだが、plicare 「折り重ねる」というラテン語に由来する語根ということだ。
simple は single の plicare というような理解の仕方でよろしいでしょうかね?
double は ple じゃなく ble だが、これも同じ語源だろうか?
duplex などという単語もありますな。duplex してもいいが、著作権には気をつけよう。そういえば、「コピペ」というのは ple とは関係ないが、学生の間でレポートをコピペで済ますことが多くなって、先生方は手を焼いているとかいう話である。
「単語耳」のテキストに戻ろう。
multiple は「多数の」 multi が「たくさんの」である。triple, quadriple などというのもある。5以上はどういうのかわからないが、「1,2,3,4」の次は multiple ということにしておいてもいいだろう。
multiply は掛け算だ。
complex は「複雑な」complicate は「複雑にする」 complication は「複雑化する」
apply は「適用する」
deploy は「動員する」
employ は「雇用する」 この国にはemployされたい人がたくさんいるはずだ。何とかして欲しいものだ。Yasuoクンには何とかできるだろうか? Jun-ichiroクンは何とかする気はなかったようだが。
explicit は「明白な」
exploit は「開発する」で exploitation が「開発」そういえばこの sionとかtionとか、スペイン語だと ciónだったか、この語尾は何に由来するんですかね? この語尾がつくとどの言語でも女性名詞になるようだが。
imply が「ほのめかす」
implicit は「暗黙の」
implement は「実施する」
あまりなじみのない単語が多いことが明白になってしまった。覚えておかなくては。
[PR]
by xabon | 2008-07-30 22:00 | 綴り

Quel temps fait-il?

今日の講座は非人称主語の話。
この話になるのを待っていたのは私かきよおか先生か、どっちでしょう。

スペイン語なんぞは主語がなくても構わないらしいので、「ヨーロッパの言語は日本語と違って必ず主語が必要」というと間違いですな。スペイン語は「主語をいわなくてもわかるときには主語をいう必要が無い」というのもあるが、天候の表現で英語なら It rains. というような非人称主語を立てるケースは、「主語がない文になる」ということらしい。主語を省略しているのではなく、主語がない、という風に私は理解したが誤解だろうか?

かように、お天気の話をする場合、フランス語では主語が必要なので英語と同じく三人称単数の主語代名詞を立てるわけだ。英語では it という中性の代名詞を用いる。he とか she ではないわけであるが、フランス語は中性の主語代名詞はないので男性形の il か、女性形の elle か、どっちかを選ばざるを得ない。でもって、il を用いるという風に決まっているわけだ。 雨が降る、なら Il pleut. 雪が降る、は、アダモの歌では「雪が落ちる」と表現しているのだそうだが、普通は Il neige. というようだ。
「暑い」は Il fait chaud. いやあ、西日本は暑くて大変そうですな。当地は梅雨明け宣言が出てからというもの、連日、すっきりしない天気で、気温はあまり高くない。蒸すけれど。Il fait humide. といえばいいのかしらん? 

Il fait froid. 「寒い」 il はきよおか先生のことを指しているのではないかという説を唱えたい人もいるかもしれない(私だけか)が、これも非人称主語だろう。これを書きたいがために非人称主語の話が出てくるのを待っていたわけだよ。多分きよおか先生の想定の範囲内だろうけれど。これ書くとドボンなんだろう、きっと。 

 飛んで火に入る夏の虫

Il fait beau. 「いい天気だ」 
faire は非人称主語以外の主語を取る用法もあるから fais, fais, fait, faisons, faites, font という、完全不規則活用を覚えないといけないが、pleuvour なんぞは非人称主語を取る用法しかないから pleut 以外の活用は覚える必要がない。pleuvoir は多分、「共通活用語尾グループ」に入るのだろうが、-s, -s, -t, -ons, -ez, -ent のうちの5つは実際にはない、ということであろう。これも共通活用語尾グループの例外の一種だろうか。
我が家の仏和辞典の動詞活用表をみると不規則動詞で活用が3人称単数しかない動詞は2つである。一つは falloir 「...しなければならない」 il faut でお天気とは関係ない。もう一つが pleuvoir だ。neiger は規則動詞だから不規則動詞の活用表には出てこない。「雨降り」「雪降り」以外にもいろいろあると思うんだけれど、「雹が降る」とか「霰が降る」とか。こういうのはフランス語でどういうのだ?
[PR]
by xabon | 2008-07-29 21:42 | フランス語

語根 cede

語根 cede、ほかに ceed, cess などという綴りになることもあるようだが、「行く」という意味をもつ語根だそうである。ラテン語では cedere という動詞だということである。フランス語には céder という動詞があるが「譲る」という意味の動詞であるようだ。スペイン語の ceder も同じような動詞だ。これは関係あるのかしらん? しかし、この語根だけではないが、同じラテン語の動詞に由来する語根で綴りが異なるものがいくつかある場合が多い、というか、たいてい複数あるのは、覚える側にとってはなかなか厄介である。
concede は「譲歩する、(負けを)認める」 名詞になると concession.
exceed は「超える」 なんで concede が conceed でなく、exceed はexcedeじゃないんでしょうね?
proceedは「進む、続行する」。procedure になると「工程、手順」.
precede は「先行する」。precedent は「前例」。unprecedented は「先例がない」。
predecessor は「前任者」。
recession は「景気後退」。ガソリンが高騰し、ちょっと出かけても、以前より車の通行量が少ない。みんな遠出を避けているのだろうか。私も、出掛けなくてすむものなら出かけたくないが仕事やら何やらで車を使わざるを得ない。郊外型ショッピングも客が減っているとかいう話である。まあ、みんな車で来店するということを前提とした郊外型ショッピングというものがいいのかどうか、という問題はある。しかし、地方では商店街というものはすでに形をなさず、またバスも鉄道もろくに残っておらず、車で郊外型ショッピングセンターに出かけないと用が足りない。どうやって生きていけばいいんでしょうね?
success は「成功」だが、succession は「連続」だ。この2つの単語の関係というのは昔からよくわからない。successor は「継承者」。
cease は「やめる」。どうして「行く」が「やめる」になるのか、これもよくわからない。
今回の語幹に由来する単語は私にとって馴染みの薄いものが多かった。
[PR]
by xabon | 2008-07-27 03:00 | 綴り

スペイン語で作文をしてみよう(12-3)

「君はこれまで日本に行ったことがありますか?」
¿Has estado alguna ves en Japón?
昔、英語では Have you ever been in Japan? という、と習った記憶がある。Have you ever gone to Japan? とは普通いわない、とも習ったように思うが、最近の英語の本を読むと、gone を使っても別に問題ない、ということのようだ。昔習ったのは何だったのか? 昔の教科書が不正確だったのか、英語そのものが時代とともに変わってきたのか、どっちだろう? フランス語ではこの場合être は使わないというのを読んだ気がするが気のせいかもしれない。
Tu es déjà allé au Japon? といえば良いようだが。

「私は一度もスペインに住んだことがありません」
スペインに住んだことがない、という場合には、たとえば日本人がこういったとすれば、「イギリスにもフランスにもイタリアにも住んだことがあるがスペインには住んだことがない」というような文脈で出てくる文であろうか。
Nunca he vivido en España. あるいは No he vivido nunca en España.
否定詞の nunca は英語なら never だろうか。文中のポジションは動詞の前でも後でもいいようだが、動詞の後ろにくる場合には、あらかじめ否定文であることを明示するために no を別に動詞の前に置かなければならない、というのが英語と違うところ、ということのようである。
I have never lived in Spain.
フランス語だと、「決して...ない」は ne ... jamais だったような。 Je n'ai habité jamais en Espagne. でいいのかな。スペイン語の vivir に相当する動詞は habiter ではなく vivre だと思うが、vivre を使ってもいいのか? さっぱりわからないのである。困ったものだ。
[PR]
by xabon | 2008-07-26 20:33 | スペイン語

スペイン語で作文をしてみよう(12-2)

「アンヘラはエウヘニアと同じくらい美人だ」
Ángela es tan guapa como Eugenia.
フランス語ハンドブックを参照すると、Ángela は英語で Angela、フランスでは Angèle となるようだ。Eugenia はそれぞれ Eugen (これは男性名かもしれない), Eugènie (男性名なら Eugène) となるようだ。Miguel は Michael, Michel となるそうである。これは大天使ミカエルにちなむのかいな。しかし、イギリス人が子供にたいして大天使ミカエルにちなんだ名前をつけるなら確かに Michael となるのだろうが、スペイン人の Miguelクンがイギリスに行ったときにそれを Michael クン、と呼ぶのかどうか。イギリスにいっても MiguelクンはMiguelクンだろう。Hello, Michael! などと声をかけられても自分のことだとは気がつかないかもしれない。日本と中国、日本と韓国の間では、前者の場合は「漢字をそれぞれの国の読み方で読む」、後者の場合は「所属する国本来の発音(に近い音)で表記する」という約束事があるようだが。
英語なら、Angela is as pretty as Eugenia.
フランス語の同等比較って書いたことがないな。Angela est aussi belle que Eugenia. aussi ... que ~ ですか、確かにそう書いてあったような気がするが、やっぱり使わないと忘れますな。

また長くなってしまった。現在完了形をやるとまた長くなることが予想されるので今日はここまで。
[PR]
by xabon | 2008-07-23 06:21 | スペイン語

スペイン語で作文をしてみよう(12)

「ミゲルはホルヘより賢い」
どうでもいいことだが、私は日本語の形容詞に「です」をつけるのがあまり好きでない。「賢いです」というのは書きたくないのである。まあ、会話などでは相手によらず「です、ます」でお話するので「ここが黒っぽいですね」とか「見てて痛々しいですね」とかいうことを言ったりはするのであるが、書き言葉で「賢いです」というのはとても抵抗がある。
Miguel es màs intelligente que Jorge.

英語なら Miguel is more intelligent than Jorge. かしらん。
フランス語なら Miguel est plus intelligent que Jorge. とすれば良さそうだ。「賢い」は、英語にするときに「知的」ということであれば intelligent が良かろうが、smart とか wise とかいう選択肢もあるのだろう。フランス語とかスペイン語の比較級に浸かってしまうとこういう短い形容詞でも、モア・スマートとかモア・ワイズ、とかいってしまいそうになるが smarter, wiser となるのですな。ところで Miguel はいかにもスペインの名前という雰囲気であるが、英語なら Michael、Jorge は George となるのだろうか。Michael さんが George さんよりも賢いのであれば、次の大統領は Michael さんにやってもらうといいかもしれない。しかし今朝の朝日新聞によるとアメリカ人というのはトウモロコシを食わずにバイオエタノール燃料にして、それで自動車レースなんかしているというお国柄のようだから、誰が大統領になっても五十歩百歩かもしれない。もちろん、日本だってたいした違いはない。大食いタレントが無駄に料理を食べつくす番組を放送しているTV局に「世界的に食糧危機」などといわれても全然説得力はない。ヨーロッパにはあの手の無意味な番組はあるんですかね? USAにはありかねないと思うが。

無意味に長くなってしまったので、続きはまた。
[PR]
by xabon | 2008-07-22 06:12 | スペイン語

フランス語で個人的な話をする

Où est-ce que vous habitez?
「どちらにお住いですか?」
J'habite dans le quartier de Setagaya à Tokyo.

こうやって、フツーの返事が戻ってくればいいけれど、「3か月前までは都心部のアパートに住んでいたのですが職場を解雇されて家賃が払えなくなり、とうとう退去せざるを得なくなり、この1週間はネットカフェに寝泊まりしています」 などという返事だったりすると困るなあ。
この国はとにかく病んでいる。普通に仕事をして、普通に生活したいだけの人が、ちゃんとした仕事にありつけず、ちゃんとした住まいを得ることもできない。EU加盟国もそういえば失業率は高いようだが、そういう国の人たちも、住まいにあぶれてネットカフェ暮らしをしていたりするのだろうか?
「ご住所はどちらですか?」に相当するのは Quelle est votre adresse? と尋ねればいいようだ。

Comment vous déplacez-vous?
J'aime bien me déplace en vélo!
そのまま文字通り訳せば「どのように移動しますか?」だが、「普段、移動手段は何を利用していますか?」というような意味であろう。いずれにしてもあまり自然な日本語ではないな。「車をお持ちですか?」とか「職場までは何で通勤してますか?」とか、日本人同士の会話ならそんなところであろうか。
Je voudrais bien me déplace en vélo, mais mon bureau est trop loin pour aller en vélo. 「自転車を使いたいのだが、職場は自転車で行くには遠すぎる」と言いたいのだがこれで通じるだろうか? テキストに Trompez-vous! と書いてあるから間違うのは構わないのだが、間違ったときに「それじゃ意味が通じない。こう表現するべきである」とか「それでも意味は通じると思うがこのほうがより良い」とか直してくれる人がほしいものだ。 en vélo が2回出てくるのがちょっと筋悪という気がするが、代わる言い方がわからん。
「車が好きだがガソリンが高くて使うのを控えている」というのはどういえばいいのか、もっとわからん。

Où est votre bureau?
Il se situe à Marunouchi.
 「お勤めはどちらですか?」に相当するかどうか、微妙に違いそうだ。日本で「どちらにお勤めですか?」と尋ねれば、「社会保険庁です」とか「佐伯市立〇〇小学校です」とか、勤め先の会社名とか、そういうことを尋ねていると解釈するのが普通で、「私の勤め先は中央三丁目にあります」とか「本町五丁目です」とかいうような勤め先の所在地が返ってくるとは期待していないと思うが、上の質問の答としては「丸の内です」「大手町です」「お台場です」「桜田門です」などと、所在地で答えるということになるのであろう。まあ、場所でも会社でも、その先話が続けば何でもいいのだと思うが。
「〇〇銀行です」
「ああ、〇〇銀行さんにはこのまえ融資を断られて、おかげでうちの会社は潰れてしまいましたよ」などというのはちょっと困るな。職場名を出すよりは所在地のほうが無難かもしれん。
[PR]
by xabon | 2008-07-21 20:55 | フランス語

フラ語で家族の話をする(3)

休みの日が続いてもあまりリフレッシュされないなあ。

Vous êtes célibataire?
Non, je suis mariée depuis 4 ans.

「独身ですか?」 これも、聞いていいのか悪いのかビミョーな場合がある質問であるような気がするが、気の回しすぎだろうか。

前にも書いたが英語では political correctness だかなんだかで、Miss と Mrs. の区別をするのはよろしくないという風潮になって Ms. という敬称をつかったりすることが多くなってきているとかいう話であるように理解しているが、これでよろしいでしょうか?
フランスでは Madame と Mademoiselle を既婚女性と未婚女性で使い分ける。ミカエル・フェリエ氏は相手が既婚か未婚かわからないときには Mademoiselle と呼ぶといっていたような気がするが、一般的にはフランスでは既婚か未婚かわからかければ Madame 扱いする、そのほうが相手を一人前扱いしていることになるから、というような話であったはずだ。以上、過去の記事の復習。

Vous êtes célibataire, madame? というのは論理的に矛盾するような気がするのでこういう会話文は用いられないのだろうなと思う。
「いいえ、4年前に結婚しました」 Je suis mariée depuis 4 ans.
~年前に、というのは il y a ~ ans という言い方もあったようだがここでは depuis 4 ans という言い方が使われている。il y a ~ というのと depuis ~ の区別が私にはよく分かっていない。il y a ~ は「4年前に何か出来事があった」ということで depuis ~は「4年来、何かが続いているということであろうか。

英語では文中に数字が出てくる場合に、2桁以上の数字なら 794 とか 2001 とかいうようにアラビア数字で記載するが1桁の数字は spell out するのが一般的であるようだが、フランス語ではとくにそういうことはないのかな。

Combien d'enfants est-ce que vous avez?
J'ai deux enfants qui ont 3 et 5 ans.
「お子さんは何人いらっしゃいますか?」
これも、よく、新聞だか雑誌の記事や投稿などみていると、不妊症で子供ができなくて辛い思いをしているところに「お子さんは?」などと聞かれて余計辛い思いをした、などといっている人もいたりして、挨拶代りにする質問として適切かどうか、などと考えてしまう。考えすぎですかね?
返答の文は、5歳と3歳の2人の子供がいる、ということである。4年前に結婚した、というのに上の子供が5歳では勘定が合わないような気もするが最近はありがちなのかもしれない。
え、これは2番目の会話とはつながってない、別の会話例なんでしょうか?
[PR]
by xabon | 2008-07-21 00:57 | フランス語

フラ語で家族の話をする(2)

最近は家族関係もややこしく、迂闊に家族のことも聞けないような気もするのだが。
「息子さんがいましたよね?」 「バスジャックをして警察に捕まりました」とか「昔は息子でしたが、3年まえから娘をやってます」とか、「奥様は元気ですか?」「どこかで元気でやっているだろうと思いますが」とか、そういうことがあるんじゃないかというのは余計な心配というものだろうか。こういう要らない心配ばかりしているから私はよそ様とお話をするのが苦手なのである。

Avez-vous des frères et soeurs?
Oui, j'ai un frère et une soeur.

フランスでは「御兄弟はいますか?」というときにはこのように尋ねるらしい。もっとも日本語が文字通り「兄か弟はいますか?」という意味で「兄弟」と言っているならそれに対応するフランス語は Avez-vous des frères? であろう。しかし日本語で「ご兄弟はいますか?」という場合には暗黙の了解として姉・妹の場合も含めて尋ねている場合がほとんどであろう。最近は日本語版 political correctness というわけか「きょうだい」とかな書きしている場合がある。漢字で「兄弟」と書くよりもかなで「きょうだい」と書いたほうが姉・妹を含める場合には抵抗が少ないということだろうか。
スペイン語では ¿Tienes hermanos? あるいは usted で呼び合う相手なら¿Teneis hermanos? ということで済むようだが、フランス語では frères に姉・妹も含めるという考え方はないようである。ということで「兄弟姉妹はいますか」と尋ねなければならないらしい。

しかし、論理的にいうと Avez-vous des frères et soeurs? に Oui. で答えられるのは、単数・複数の区別は別としても、「兄または弟(あるいは両方)と、姉または妹(あるいは両方)がいる場合」だけであるはずである。「兄弟と姉妹はいますか?」というのと「兄弟または姉妹はいますか?」というのは論理的には違う質問であるはずだ。

Avez-vous des frères ou soeurs? という尋ね方をしてはいかんのだろうか? 習慣的に Avez-vous des frères et soeurs? ということになっているのだろうか?
私に仮に妹が一人いるだけだとすれば、Avez-vous des frères et soeurs? と尋ねられたら Non, j'ai une petite soeur, mais je n'ai pas de frère. と答えたくなるんだが。
[PR]
by xabon | 2008-07-17 22:24 | フランス語