語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

その他の語根170(32)

gen: 「先天的な」

genuine は「本物の」。全然知らない単語という訳ではないが、あまり使ったことはないなあ。偽物に囲まれて育ったせいだろうか? indigenous は「固有の、生まれつきの」。これもなじみの薄い単語だ。nitrogen の -gen もこの語根だそうだ。oxygen や hydrogen の -gen も一緒ですな。

graph: 「書かれたもの」

graph は「グラフ」だ。program は「プログラム」だ。なんだかそのまんまのものばかりですな。grammatical は「文法的な」。 -graph というのと -gram というのがあるが、どっちでもいいんですかね? photogram、photograph など。gram と graph は明らかに違う単語であるが。

gress: 「進む、歩む」

progress は「進歩する」。これは pro- が「前」で -gress が「進む」、前進ですな。 agressive は「攻撃的な」。gradual は「徐々に」。あまり gress と似てないがまあ言われてみればそうかなと思う。upgrade はおなじみの言葉であるが要するに grade は gress と関連するということだな。 undergraduate は「学部学生」。
テキストには出てないが regress というのもありますな。これは縮むというような意味だったような気がするが、進んできた道を再び戻るということは、縮む、しぼむ、という結果になる、というイメージかしらん。
congress もこの語根からなる単語かなあ。grade が含まれている単語も考えると、このグループはテキストに出ているよりはずっと大家族であるようだ。
[PR]
by xabon | 2009-03-31 22:12 | 綴り

使役

NHKの島津アナウンサーがデジタル天使役でTVに出ているのを見かけるが、使役と天使役は何の関係もありませんな。島津アナはどうでもいいのだが、使役は苦手だ。このブログだって、「使役」の話はいままで書いたことがないのじゃないか? なんで苦手なのかよく分からないが、人に何かをしてもらったり人に何かさせられたりするのがあまり好きじゃないからかもしれない。

英語では「使役」というと、make, have, let, get が使役動詞として使われる。
make は「相手に強制的に何かをさせる」、let は「何かをしたがっている相手に、それをさせてやる」、 have は、手元の文法書によれば、「当然してもらえることを、してもらえるようにもっていくこと」だそうだ。 これら3つは原型不定詞をとるが、get は to不定詞をとるので、私の記憶では make, have, let は使役動詞と教わったが get は使役動詞とは習わなかったような気もするが記憶違いかもしれない。

I make my daughter come. どういうシチュエーションだかわからないが、娘を強制的に呼び出すわけだ。
I let my children play. これは、子供たちが遊びたがっており、そうさせてやる、ということだな。
これが、フランス語になると
Je fais venir ma fille.
Je laisse jouer mes enfants.
となる。というか、フランス語ハンドブックの使役のところに出ている例文がこれで、そこから上の英文が出てきたのであるが。
後ろの文の方は、Je laisse mes enfants jouer. としても良いらしいが、faire のほうは、使役の意味で用いる場合には faire の直後の不定詞がこないといけないそうだ。英語のような語順はありえないらしい。
ところで、フランス語の avoir には使役の意味はありませんね? faire が英語の make と have の役割を兼ねているのかしらん?

先週だか、イタリア語講座の応用編で使役動詞の話を聞いていて思ったこと。

「私は、彼女に散歩させてもらった」 歩くのに不自由なのか道に不案内なのか、一人で散歩をすることが難しいので散歩するのを手伝ってもらったというシチュエーションであるが、これはどういえばいいのか?
「私は彼女を散歩させた」 これは、彼女が家で暇そうにゴロゴロしているので、「ちょっと散歩でもしてきなさい」といって散歩に行かせた、というシチュエーションであるが、これはどういうのか? 
前者が、Je m'ai fait promener par elle. だろうか?
後者が、「私の娘に、散歩に行かせた」なら、 Je l'ai fait promener ma fille. だろうか? ma fille を代名詞にするとどういえばいいのか? Je la l'ai fait promener ma fille. とでもいうのだろうか? それともフランス語ではこういうときに ma fille を代名詞にしていうことはないのだろうか、などと考えてみても、知らないことはいつまでたってもわからないのであった。
[PR]
by xabon | 2009-03-30 20:52 | 文法

昔の講座の問題をやってみよう(42)

亀の歩みではあるけれども、こうやって問題をやっていると、それなりに文法的な知識は増えてくる。語彙も、まあ、カタツムリの歩みくらいの速度で増えてくるようだ。

costar 「値段が...である」「...の値段である」も、o→ue型の語幹母音変化動詞ということでその練習と、ものの値段の尋ね方の練習だ。

「入場券はいくらですか?」
¿Cuánto cuesta la entrada?

「切符」は el billete で、「回数券」は la tarjeta, el bono と2通り書いてある。バルセロナ(カタルーニャでは、ということか?) la tarjeta で、マドリードでは el bono だそうだ。

「7ドルです」
Son siete dólars. / Cuesta siete dólares.

語学と全然関係ないが、yen が一番高いときに euro か dólar に替えておけばよかったなあ、と思ったりする。また yen に替えるのか、いずれ旅行するときに利用するのかはわからないけれども。

「これらのオレンジはいくらですか?」
¿Cuánto cuestan estas naranja?
[PR]
by xabon | 2009-03-29 20:20 | スペイン語

C'est ...

ce は指示代名詞で、英語のような this, that は区別しないので、C'est ...というのは英語だと、This is ..., あるいは That is ... に相当することになるが、It is ... に当たる場合もあるかと思われる。その違いというのがよくわかってないんですけどね。

「それは何ですか?」
Qu'est-ce que ce?

英語なら What's that? というところだろうか? 「これは何ですか?」 What's this? もフランス語なら Qu'est-ce que ce? で済むわけだ。質問・疑問としての「これ、何?」のほかに、日本語だと、自分の意に染まないものを見たときに「これ、何だよ?」みたいな言い方をすることがあるが、フランス語でもそういう用法ってありますか?

「これはすごくおいしいですよ」
C'est tres bon.

「いいですねえ」
C'est bien.

C'est ...とは直接関係ないが「ソフィーとジル」のスキット、ステップ100の7回目で、Je peux goûter? 「味見をしてもいいですか?」という一文がある。私が一番最初に覚えたフレーズである。これを覚えておくとフランスでおいしいものにありつくチャンスが増えるかもしれない。増えないかもしれないが、覚えておいて悪いことはないだろう。 Je peux +動詞不定詞? の形は「...していいですか?」。
Je peux fumer? は「タバコ喫ってもいいですか?」だ。しかし、こう聞かれてしまうとなかなか「だめです」とはいいにくいものである。「いいですか?」と、了承を求める形であるが実際には「私はタバコを喫いますよ」といっているのとほとんど一緒である。タバコのみは、こう聞いたからといって、自分が喫煙マナーを守っている良いスモーカーだなどという風には思わないでもらいたいものだ。
[PR]
by xabon | 2009-03-28 10:58 | フランス語

昔の講座の問題をやってみよう(41)

poder の用法の(3)(4) であるが、すでに(1)(2)は忘却の彼方である。用法(1) が「...できる」、用法(2) が「...してもよい」であった。
(3) は、疑問文の形で用いて、「...してくださいませんか?」という以来の意味を表すものである。
(4) は、「...でありうる」「...かもしれない」。

もう一つの学習事項は間接目的語代名詞である。
1人称単数が me、2人称単数が te、3人称単数が le、1人称複数が nos、2人称複数が os、3人称複数が les。

「彼女が誰なのか私たちに教えてくれませんか?」
¿Puede decirnos quién es ella?

「誰が?」「誰を?」に当たる疑問詞は quién なのですな。今まで知らなかったような気がする。英語の who, whom である。同じ who, whom でも、関係代名詞ならスペイン語では quien と、アクセント記号がつかない。フランス語の dont に当たる関係代名詞があるのかどうかは分からない。
「教える」は decir 「言う」を使うのだな。decirは、我が家の辞書によると英語のsay に相当することになっているがこの「教える」の用法は say というよりは tell に当たるだろうか。

「今日が何曜日なのか、私に教えてくれませんか?」
¿Puede decirme qué día hoy es?

今日が何曜日なのか忘れるってのは、よほどのことのような気がする。曜日を忘れるくらいの長い休暇を味わってみたいものだ。

「あの男性は誰なのでしょう?」
¿Quién puede ser esta señor?

「誰なのだろう?」はスペイン語では「誰であり得るだろう?」という言い方をするのですな。「誰ですか?」なら ¿Quién es esta señor? でいいのだろうか? 

問題に出てこない語彙としては dar 「与える」、consejo 「助言」、susto 「驚き」 あたりは覚えておくとよさそうだ。
[PR]
by xabon | 2009-03-26 21:28 | スペイン語

その他の語根170(31)

que: 「質問する」

question は誰でもしっているがラテン語のquaero, quaestio に由来するというのはあまり知られていないだろう。少なくとも私は知らなかったぞ。 quetionnaire は「アンケート用紙、質問事項」だそうだ。
quest は「冒険の旅」だそうだ。query は「質問」「質問する」で、訳語にしてしまうと question と一緒だが、どう使い分けるのだろう。
acquire は「獲得する」。名詞になると aquisition。
inquire は「尋ねる」。これは名詞になると inquiry だ。なんで、こう、名詞化のルールがばらばらですかね?
inquest は「審問、検視、調査」だそうだ。
require は「要求する」。

quot: 「何番?」

qu- というのがラテン系の言語では疑問の意味を表すということで、それが英語だと訛って? wh- になっているようだが、英語の疑問詞は how以外は wh- で統一感があるのに、フランス語だと que, qui, quand, quel と確かに qu- で始まるものはあるが「どこ?」は où だし、「どのように」は comment だ。why に当たるのは pourquio で、pour quio 「何のために?」という2語から無理やり?作り出したような疑問詞だ。où はもともとは頭に qu- がくっついていたんですかね? ラテン語では「なぜ」というのはもともと固有の疑問詞はなかったんですかね?
quote は「引用する」。quatation が「引用」。quata は「割り当て」。quantity は「量」。量より質、の quality も qu- で始まっているがこれも同じ語根からなる単語に入るんですかね? 
疑問・質問に関する語根だけあって、わからないことばかりである。いや、他の語根もわからないんですけどね。
[PR]
by xabon | 2009-03-24 21:25 | 綴り

フランス語の数詞の復習をする

何度目の復習かよく覚えてないが、まあとにかく反復は大事である。6年も同じことを繰り返していると、特別努力して暗記しようと思わなくても少しは頭の中に定着することもある。
12まではやったので13以降。時間を表すのには30までは必要だろう。31分以降は「〇時×分前」といえばいいかもしれないが。
しかし、時刻表現でなく買い物をするなら31以降も必要だな。まあ、1000 euroを超える買い物をすることはないと思うので、1000まで覚えておけば事足りそうだが。

13-20。treze, quatroze, quinze, seize, dix-sept, dix-huit, dix-neuf, vingt。毎度の疑問であるが、どうして16までと17-19の語の作り方が違うのか、不思議だ。

21は vingt et un。22以降は vingt-deux, vingt-trois などと、et なしで、20と1ケタ目の数をハイフンでつなぐ。61まで、1の位が1である数は et un の形。

30が trente. 40が quarante. 50が cinquinte. この辺の数詞が私のもっとも苦手とするところである。とくに50は「サン...」と聞こえてくるのでどうしても日本語の「三」に引っ張られてしまう。15のときが quinze と[k] の音なのに 5 や 50が [s] の音で始まるというのも私の頭の中の混乱の原因だと思う。まえに戻るが 14と15の区別も [k] の音のせいで苦手である。
60は soixante. 以下、soixante et un, soixante-deux, ..., soixante-neuf の次が soixante-dix、71は soixante et onze と、61までの例に倣うのか10の位の数と1の位の数が et でつながる形をとる。(でも、81 と 91 はそうじゃないんだなあ。どうして?) 以下、 soixante-douze, ..., soixante-dix-neuf まで行って、80 が quatre-vingts. 81以下は vingt だが 80 のところだけ複数形の vingts になるところが要注意だ。
81以下は quatre-vingt-un, quatre-vingt-deux, ..., quatre-vingt-dix, quatre-vingt-onze, ..., quatre-vingt-neuf と、素直に quatre-vingt に un から dix-neuf までをくっつけていけば良い。
100 は cent。英語だと 100 というのに one hundred と、一百、というような言い方をしないといけないが、フランス語では cent だけでいい。簡単でいいが、私の頭のなかではここでまたこれが日本語の「千」に聞こえてしまい、正しい数値を認識するまでのタイムラグを生じてしまうのであった。
101以下は、cent に、2ケタ目以下の数字をくっつけるだけなのでとくに難しいこともありませんな。
以下、999 neuf cent quatre-vingt-dix-neuf まで進み、1000 は mille. ま、ここまで覚えておけば足りないことはないだろう。
[PR]
by xabon | 2009-03-22 09:25 | フランス語

SophieとGillesでフランス語の復習をしよう

être の活用をいまさらただ je suis, tu es, il est, nous sommes, vous êtes, ils sont と復習するだけでは芸がないのでもう少し直説法現在形の肯定形の人称活用以外の活用も確認しておこう。

否定形にすると、 je ne suis pas, tu n'es pas, il n'es pas, nous ne sommes pas, vous n'êtes pas, ils ne sont pas。

過去分詞は été で、複合過去にするときの助動詞は avoir である。ドイツ語では sein動詞を完了形にするときには haben ではなく sein を助動詞としてとるのだそうだが、フランス語では être を複合過去にするときには avoir été。 j'ai été 以下は avoir の活用の問題のような気がするので複合形の人称活用は省略。

半過去形は語幹が ét- になり、 j'étais, tu étais, il était, nous étions, vous étiez, ils étaient。

単純未来形は語幹が ser- で、je serai, tu seras, il sara, nous serons, vous serez, ils seront。nous と ils のところは前の単語とのつながりを考えなければ同じ音になるのだな。

単純過去形は、フランス語で書かれたものを読まない私にはなじみの薄い活用形である。語幹は fu- なのですな。この語幹は、英語の be と同じ語源から来ているとかいう話であったようだがまあとにかく英語のbe動詞にしろêtreにしろドイツ語のseinにしろ、語幹が多くてややこしい。どうしてこういうことになるんですかね? 使用頻度が高いので、耳に入ったとき、「誰が」とか「いつ(現在のことか、過去のことか、これからのことか)」とかいうことがすぐわかるようにするためにこうなってるんですかね?
je fus, tu fus, il fut, nous fûmes, vous fûtes, ils furent。
条件法現在形は単純未来と同じ語幹で語尾は半過去と一緒なので省略してもいいような気もするが一応書いておこう。 je serais, tu serais, il serait, nous serions, vous seriez, ils seraient。

命令法は語幹が soi- で、tu に対しては、Sois. nous に対しては Soyons. vous に対しては Soyez.
スペイン語では3人称に対する命令形もあったようだがフランス語にはない。3人称に対する命令形というのはどういう使い方をするのだ?

接続法現在形の語幹も soi- だ。je sois, tu sois, il soit, nous soyont, vous soyez, ils soient。

辞書の活用表をみると、ほかに複合形として、「大過去」とか「前過去」とか「前未来」とかあるが略。

例文なんかあるともっといいのかもしれないが、その辺はいずれやるということで。
[PR]
by xabon | 2009-03-21 11:43 | フランス語

Sophie et Gilles

4月からまた新しい講座が始まる。テキストも、新しいものが出回り始めた。

旧講座のアンコール放送、今年はフランス語なら杉山先生の講座などであるが、あれは移行期間の今年度限りの措置かと思っていたら来年もあるのですな。来年のフランス語のアンコール放送、基礎編のほうは六鹿先生の担当した「ソフィーとジル」だそうである。思えば私がフランス語講座を聞き始めたのはこのシリーズからであった。初回の放送ではなく、翌年の後期の再放送分である。テキストを引っ張り出してみれば2003年10月から翌年3月までとなっている。4,5年前かと思ったら6年も経っていたのか。

折角テキストを引っ張り出したので、しばらくの間、フランス語はこれに基づいて復習しようかしらん。前に書いたことも多々出てくるかと思うが、まあ、反復が大事ということで。

挨拶は省略。これも繰り返しちゃんとやるべきかもしれないが。

時刻の尋ね方と言い方。
「今、何時ですか?」 Quelle heure est-il? フランス語では「今」に当たる言葉はあえて言わないのが普通とか言っていたような気がする。英語だと What time is it? 「堀った芋いじるな」 What time is it now? といっても間違いではないだろうが、英語でも now は普通あまりつけないと言っていたような気がする。

「時間、わかりますか?」Vous avez l'heure? という言い方もある。英語でも Do you have the time? という言い方があるようだ。Do you have time? だと「時間ある?」「ちょっといい?」みたいな感じになって、時間を聞く表現ではなくなってしまうようだが、フランス語では heure に冠詞をつけない言い方はそもそもないのだろう。「時間あります?」をフランス語でどういうのかはわからない。
道で通りすがりの知らない人に尋ねるなら、Pardon, madame. Vous avez l'heure, s'il vous plaît? などとするのが丁寧であるようだ。相手によって madame は monsieur などと変えなければならないのは当然だ。フランスでは女性が既婚か未婚かわからないときには madame と呼びかけるほうが普通とかいう話で、それは以前にも書いたと思うが、すごく若い女性の場合には madmoiselle と呼びかけても失礼には当たらないでしょうかね?

正時の場合の答え方。
Il est une heure.
Il est deux heures.
Il est trois heures.
以下略。数詞だけ復習しておこう。quatre, cinq, six, sept, huit, neuf, dix, onze, douze. 13以降は正時の表現に関係しないので12まで。
正午は Il est midi. 深夜の12時は Il est minuit. minuit は「真夜中」という時間帯ではなく、夜の12時きっかりのことなので真夜中という意味では使われないということだったようだ。英語の midnight とは違うということだな。
〇時〇分です、というのはまたいづれ出てくるであろう。
[PR]
by xabon | 2009-03-20 22:17 | フランス語

昔の講座の問題をやってみよう(40)

¿Puedo tutearte? というのは「(ustedじゃなくて) tú で呼んでもいいですか?」ということだそうである。
どういうシチュエーションで出てくる台詞なのかよくわからないが、テキストでは IchiroクンがAntoniaクンに対して言っている。同性同士でもこういう言い方をするのか、女の子から男の子に対してこういうことをいうことがありうるのかなどといったことはさっぱりわからない。
これに対して、「もちろん」というときには Sí, claro. と答えるもののようだが、ちょっと距離を置いたままにしておきたい相手の場合にどう答えればいいのかはテキストに出ていない。
ドイツ語でもフランス語でも、「尊称」から「親称」に切り替えるタイミングというのは難しい、という話を聞いたような気がするが、スペイン語じゃどうなんですかね? スペインでは今ではあまり usted という尊称は使わず、初対面かそれに近い関係でも tú で話すことが多くなっているとかいう話もあったようだが。

「すみません、「君」と呼んでいいですか?」
Perdón. ¿Puedo tutearte?

「もちろん、それに「一郎」と呼んでもいいですよ」
Claro. Y puedes llamarme Ichiro.

「一郎」と良い、というからには、答えている側は男であろう。問いかけている方が女性なら、女の子から男の子に対して ¿Puedo tutearte? ということがあり得るということだし、問いかけている側も男性なら、同性同士でも ¿Puedo tutearte? ということがあるということだ。少なくともどちらか一方はあり得る、ということだが両方ともあり得るとは、この一文のみでは判断できない、というのが「論理」ということかな。

「君はどこに住んでいるのですか?」
¿Dónde vives?

せっかく「君」呼ばわりしているのだから、「住んでいるのですか?」はないと思う。「君、どこに住んでるの?」くらいの日本語を当てたらいいのではないか。「彼氏はいるの?」というような問いかけはテキストには出てないなあ。¿Tienes el novio? とでもいえば通じるかしらん? novio の女性形は novia ですな。これに縮小辞をつけると novita になるのかなあ、などとくだらないことを考えてしまった。
[PR]
by xabon | 2009-03-18 23:30 | スペイン語