人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

英作文の演習:関係詞(4)

KunioクンがLDPを辞めたということで仲間を探しているようだが、彼は一緒にやっていたYukioクンと袂をわかって、逆にYukioクンを攻撃するようなことまで言うようになったヒトである。私ならそういうヒトはまたいつ気が変わるか知れたものではないので決して信用しないが、彼と一緒にやりたい、というヒトが出てくるのかという一点においてのみ注目しているところである。

「私は両親が滞在しているホテルに直接車で向かった」
I drove straight to the hotel where my parents were staying.

「クリスの父が日本に着いた日は晴れていた」
It was a sunny day when Chris's father arrived in Japan.

「私はマンガ家になりたい。だからいつも絵を描いているのです」
I want to be a catoonist. That's why I'm always drawing pictures.

私も、子供のころはマンガ家になりたかったが、不幸にして私には絵心というものが全くなかった。今でもないけれども。絵のうまい人が羨ましい。まあ、マンガ家も大変そうだが。売れなければやっていけないし、売れたら売れたで締め切りに追いまくられたり、「売れるものを書き続けなければ」というプレッシャーで精神に変調をきたしたり、毎日マンガを描くばかりの生活で肉体的ににも不健全であったり、ということもあるかもしれない。マンガ家という人たちがどれくらいいるのかよくわからないが、それなりに売れていたのに若くして亡くなった人が何人かいますな。
ところで、日本の manga は、海外でも人気だとか。まあ、海外各国で市民権を得た、ということではなく、各国の otaku 相手に受けているということかもしれないが。
そのうち、日本で manga を描きたい、といって外国からマンガ家志望のヒトが日本に渡ってくることもあるかもしれない。

「こうやれば携帯の着信音を変えることができますよ」
This is how you can change your cell phone's ring tone.
by xabon | 2010-03-17 21:26 | 英語

語彙の続き

paraître と sembler。
「...のようにみえる」「...のように思われる」という、似たような動詞で、使い分け方がよくわからない。paraître は、手元の辞書では、「英語のappear に当たる」と書いてある。sembler は英語のseem に当たるようだ。

Elle paraît heureuse. 「彼女は幸せそうにみえる」本当に幸せなのかどうかはわからない。
Cela me paraît évident. 「それは明白であるように思える」
Ils paraissent s'amimer l'un l'autre. 「彼らはお互いに愛し合っているようにみえる」
などという例文が出てくる。なかなか奥の深い動詞だ。

il paraît (à 誰々)+形容詞+de 不定詞または que+直説法/接続法 で「...することは誰々にとって~だと思われる」
Il le paraît nécessiaire de quitter. 「彼は辞める必要があるように思われる」はこれでいいのかしらん?
il paraît que ... は「...らしい」
Il paraît que el va quitter. 「彼は辞ようとしているらしい」

sembler も、「...のようにみえる」、「...することは誰々にとって~であると思われる」という用法は同じようだが、il semble que ... は「...だと思われる」という意味になって、ちょっと違ってくるようだ。
Il semble que el va quitter. 「かれは近々辞めると思われる」。il paraît que ... は「何らかの情報に基づく、話者の伝聞推定」、il semble que ... は、話者自体が状況・外見などから行った判断による推定、ということのようだ。

英語関係の講座のテキストが書店に並び始めた。5分間トレーニングのテキストの表紙のデザインが嫌いだ。新年度は買うのをやめよう。フランス語やスペイン語やドイツ語のテキストのデザインは気に入らないものでないといいなあ。
by xabon | 2010-03-16 21:40 | フランス語

英作文の演習:関係詞(3)

「この絵画は、いわゆる「抽象表現画」の代表的な例である」
This painting is a representative example of what is called "abstract expressionism."

抽象表現画というのはどういうものを指すのか、Picasoなんかも含まれるのか、Wikipediaをみてみると、Picasoも一応入るようである。始祖はKandinsky ということになるらしい。抽象画がものすごく好きかといわれるとよくわからないが、まあ嫌いではない、と思う。

「彼女は立派な学者であり、その上、腕のいいギタリストでもある」
She is a fine scholar, and, what is more, she is a skilled guitarist, too.

「その上」は、what is more といえばいいのだな。
日本語で「彼女はギター(を弾くの)がうまい」というのと「彼女は上手なギタリストだ」というのではちょっと意味合いが異なるような気がする。ただ単に家で趣味でギターを弾くくらいの人のことを「ギタリスト」とは呼ばないと思うのだが、She plays guitar skillfully. と She is a skilled guitarist. とではほぼ同じと考えていいんですかね?

「心にとっての読書は、体でいえば運動に当たる」
Reading is to the mind what exercise is to the body.

これは、だいぶ前に英作文の練習をやったときもこのパターンが出てきたような気がするが、私にはこの文の構造を理解することができない。
by xabon | 2010-03-15 20:33 | 英語

Familia Gallego: Carnaval

新年度のスペイン語の番組の講師はまた廣康先生のようだ。楽しみだ。
全然関係ないが、Jリーグは第2節だ。とにかく、贔屓のチームのJ1残留が確定するまで、毎週ストレスが続くのである。昇格できないのもストレスだが、昇格すればしたで、別のストレスが生じる。スポーツ観戦というのは精神衛生上よろしくありませんな。

Yo me miro en el espejo.
「私は鏡で自分を見る」

mirar は「見る」という他動詞だが、mirarse と再帰動詞になると「自分自身を見る」「熟考する」「顔を見合わせる」などという意味になるようだ。el espejo が「鏡」。鏡は英語では mirror だが、mirar とは関係あるのかな? フランス語では glace、miroir というようだ。miroir は mirerという動詞と関係があるようだ。これはスペイン語の mirar と同じ語源だろう。se mirer という代名動詞もあるところまで一緒だ。miroir が英語に入ってmirror になったのではないかと思われるので、結局どっちも同じ語源ということであろう。では、スペイン語の espejo というのが何に由来するのかはわからない。

Yo me disfrazo de pirata.
「私は海賊の仮装をする」

disfrazar は「隠す」「偽装する」だそうだ。disfrazarse が「仮装する」。自分自身を偽装ないし隠すということが「仮装する」ということになるようだ。「変装する」もdisfrazarse といっていいのかしらん。

Me visto sola.
「私は一人で服を着る」

vestir は「...に服を着せる」という他動詞で、英語の dress に相当するということだ。vestirse となると「服を着る」。
verse という再帰動詞も出てくる。これは「自分自身を見る」。mirarse とどう違うのかよくわからない。

Yo me pongo los pantalones vaqueros.
「私はジーパンをはきます」

ponerse は「着る」。これもvestirse とどう使い分けるのかよくわからん。
by xabon | 2010-03-13 22:36 | スペイン語

英作文の演習:関係詞(2)

「この本は、白鳥に変えられてしまう少女の物語だ」
This book tells the story of a girl who is turned into a swan.

そんな童話がありましたかね? まあ、それはともかく、「この本は...の話だ」というのは This book tells ... といえばいいのだな。「この本は、虫に変えられてしまった青年の物語だ」なら、This book tells the story of a young man who was turned into an insect. といえばいいのだろう。

「私は、冒険がいっぱいある物語が好きだ」
I like stories which have a lot of adventures in them.

私は怖い出来事がいっぱい起こる物語は嫌いだ、というのは I don't like stories which have a lot of horrors. といえば通じますか?

「彼は3冊本を買ったが、いずれも面白くなかった」
He bought three books none of which was interesting.

物語といえば、Haruki Murakamiか、とっている新聞の連載小説くらいしか読まないようになって久しい。連載小説もすべて読むかというとそうではないので、結局、年に1、2編しか読まない勘定だ。「悪人」という小説は新聞連載の途中から読み始めて、良いと思ったものであるが、しかし読んでいなかった最初のほうを読むために単行本を改めて買って全部読み返すのはちょっとしんどい。とにかく、しんどいのは現実だけでも十分なので、置き去りにされる立場とか虫けらになってしまう立場などを改めて疑似体験する気にはなかなかならないのである。ぽんぽこ仮面に追いかけまわされるくらいのことなら疑似体験してもいいかなとは思う。

「私は昨日、天使のような顔の少女を見た」
Yesterday, I saw a little girl whose face was like an angel's.

勝手に「少年」だったものを「少女」に変えてみました。すみません。

「日本語を流暢に話すブラッドは、観光ガイドをしている」
Brad, who speaks Japanese fluently, works as a tourist guide.

これは接続詞の非制限用法というやつだ。この文で、, をつけずに、Brad who speaks Japanese fluently works as a tourist guide. とやると、Brad氏が2人かそれ以上いて、その中に日本語を流暢に話すBrad氏というのが一人いて、そのBrad氏に関する話題、ということになるんですかね?
by xabon | 2010-03-11 23:28 | 英語

語彙を増やしたい話の続き

rester は「残る」「とどまる」「...のままでいる」。英語の stay に相当する意味と remain に相当する意味を持つようだ。

Je restrai à la maison. 「私は家に残ろう」
相変わらずよくわかっていないのだが、「私の家に」という場合に chez moi という言い方もあると思うのだが、上の文で à la maison の代わりに chez moi を使うことはできるのかできないのか、というのが私の疑問である。
Je suis resté trois jours à Kyoto.
テキストに載っている文の、日数と場所をちょっとかえただけであるが、英語だとこういう場合、場所が先で日数が後に来るのが一般的ではないかと思うが違うかしらん? 英語とフランス語で、副詞句の優先順位に若干の差があるのかもしれん。
Cela doit rester entre nous. 「それはここだけの話にしておくべきだ」
「ここだけの話」がここだけに留まらなくなって、バタバタしている人たちがいるようだ。
Le chat est resté immobile. 「猫はじっと動かないでいた」なんてのも一つの用法であるようだ。

「残っている」という意味では、
Voilà dix euros; c'est tout ce qui me reste. 「10ユーロ、これが私に残されたすべてだ」
Voilà tout ce qui reste de sa fortune. 「これが彼の全財産だ」
どうも rester というのは困窮と密接な関係がある動詞であるようだ。

rester à + 不定詞で「まだ...しなければならない」。「...するために残る」という意味や「...するままでいる」という意味もあるようだ。文脈で区別するのかしらん。

しかし、基本動詞を一つ一つやっていると、なかなか先に進みませんな。どっかではしょろうかしらん。
by xabon | 2010-03-10 22:15 | フランス語

英作文の演習:関係詞(1)

「先週欠席した学生は今週追試を受けることができます」
Students who were absent last week may take a makeup exam this week.

欠席した人に対して行われるのが「追試」で、合格点に達しなかった人に対して行われるのが「再試」だったっけ? 「追試」は受けたことがないが「再試」は何回か受けたかもしれない。英語ではどっちも makeup exam でいいのかしらん?

「これは品評会で一等賞を得たカボチャだ」
This is the pumpkin which won first prize at the fair.

「品評会」は the fair ですか。国際運動会では、日本は一等賞はついにとれませんでしたな。近所の国はたくさんとっていたようだが。どこが違うんだろう?

「『デーメーテール』は作物を守る仕事もする女神だった」
Demeter was a godess that work included protecting crops.

Demeterはギリシャ神話の女神であるようだ。オリンポス十二神の一柱で、豊穣の神で穀物の栽培を人間に教えた神である、とWikipediaに書いてある。
日本の神話では「オオゲツヒメ」という穀物の神様が古事記に登場しますな。「オオゲツヒメ」は「スサノオ」に殺され、そこからいろいろな穀物が生まれたという話であるが、こういうタイプの神話が東南アジアやオセアニア、南北アメリカにあり、「ハイヌウェレ型神話」というらしい。で、Demeter と「ハイヌウェレ型神話」の関係については、私の知るところではない。ギリシャは東南アジアでもオセアニアでも南北アメリカでもないので、多分関係ないんだろう。

「私が驚いたのは、彼の冷たい態度だった」
What surprised me was his cold attitude.

困ったときの友が真の友、こちらが順調なときにすり寄ってきて、苦境に追い込まれたときには冷たい態度を取るような相手とは袂を分かった方がいいでしょう。

「残念ながら、私たちは招待された開会式には行けなかった」
Unfortunately, we were not able to go to the opening celemony that we had been invited.

多分、服装やら、インタビューでの態度のことで、自粛させられたのであろう。まあ、出たかったか出られなくてこれ幸いであったかは、本人のみ知るところである。しかし、それも話題にも出なくなりましたな。人のうわさも75日、とかいうが、きょうび、人のうわさも7.5日くらい?
by xabon | 2010-03-09 20:44 | 英語

語彙の続き

être の用法というのは、今更であるが、「...である」「...にいる、ある」というのが真っ先にでてくる。
ところでさっそく本題からそれるが、「...にいる」と「...にある」というのを区別する言語というのは日本語以外にはあまりないということであるらしい。つまり、生物(あるいはそれに準じるものと話者がみなしているもの)と無生物で、存在を表す動詞を使い分ける、ということに関してである。英語やドイツ語やフランス語やスペイン語では、生物だろうが無生物だろうが、存在を表すのは同じ動詞で済みますな、確かに。
さて、語彙を増やすというのが本題なので、既知の動詞 être に長々とかかわっているわけにもいかない。次に進もう。
devenir は英語の become に当たる動詞である。この前も書いたことだが。英語のbecome に相当するといえばドイツ語では werden であろうか。さて、スペイン語では? スペイン語の学習をしてきて、英語の become に当たる動詞というのに出くわしたことがない。そこで調べてみると、「なる」という日本語に対応する動詞としてはいくつか出ているが、hacerse というような再帰動詞を使うようだ。他の言語はまあ、いずれ勉強するとして、フランス語に戻ると、Elle est devenue malade. 「彼女は病気になった」 Elle est devenue sa femme. 「彼女は彼の妻になった」Le temps deveiendra doux. 「天気は暖かくなるでしょう」なんてのが例文として出てくる。
Il devient de plus en plus difficile de trouver un travail. 「仕事をみつけるのがますます難しくなっている」なんてのも出ているなあ。Yukio クンには何とかしてくれと言いたいが、彼の能力では如何ともしがたいかもしれん。
どうでもいいが、与党も野党も、幹事長の顔が怖い。TVに彼らの顔が出てくるたびに憂鬱になる。どうにかならないでしょうか?
by xabon | 2010-03-08 22:50 | フランス語

英作文の演習:接続詞(4)

「彼は私に会いに来るたびに花をもってきてくれる」
He brings flowers every time he comes to see me.

花を買うのが苦手だ。自分があまりそういうことに興味がないからだと思うが、どんな花が相手の気に入るのか、さっぱり見当がつかない。花だけじゃなく他のプレゼントにしても同じ。

「せっかく運転免許を取ったのですから、車を買ったらどうですか」
Now that you've got a driver's licence, why don't you buy a car?

最近、卒業シーズンのせいだか、路上教習中の車が多いような気がする。

「彼女が動揺しないよう、本当のことは話さなかった」
I didn't tell her the truth, for fear that she would become upset.

「本当のこと」って、何だ? まあ、それはさておき、この would なんかはいかにも「接続法」っていう感じの用法ですな。

「私が到着するとすぐに、雨が降り出した」
No sooner had I arrived than it began to rain.

「...するとすぐ~」というのにはこういう言い方もありましたな。ずっと長いこと忘れていたけれども。

「大変な騒音がしていたにも関わらず、彼女はすぐに眠りに就いた」
Even though there was a lot of noise, she fell asleep right away.

私なんか、最近は周りが静かでもよく眠れないんですけどねー。

「私は父が電話してくる場合に備えて、携帯電話の電源を入れたままにしておいた」
I left my mobile phone switched on in case that my father would called.

「...のスイッチを入れっぱなしにする」は leave ... switched on といえばいいのだな。

「絶対にスピードを出しすぎないと約束すれば、私の車を使っていいよ」
You can use my car as long as you promise absolutely not to drive too fast.

スピードの出しすぎで起きたものとみられる事故というのは、後を絶ちませんな。若いうちはスピードを出したくなるのだな。自分もそうだったかもしれん。それはともかく、as far as と as long as の違いがいつもわからなくなる。as long as は「...する限り、...しさえすれば」。as far as は「...する限りでは」という制限・範囲の限定に用いる、ということだが、マスターできないのである。

「雨が降らなければ明日テニスをやる予定だ」
Unless it rains, I'll be playing tennis tomorrow.

As far as it won't rain, といってはいかんのだろうか。
by xabon | 2010-03-07 21:33 | 英語

語彙の話の続き

Jリーグが始まった。
W杯までもう100日もないんだそうであるが、W杯にはさほど興味はない。私の興味はJリーグでご当地チームが勝つかどうかだ。勝てば嬉しいが残留が決まるまでは勝っても勝っても次の試合が気になるし、負ければもちろんストレスが溜まる。ネガティブ思考は辛いよ。幸いにして今日の試合はかろうじて勝ったようだが。楽しくもあり、ストレスもあるサッカーシーズンがまた始まってしまったわけである。

さて、何回か前の分の続き。

être は「繁合動詞」というグループに属する動詞であるそうだ。これは主語と属詞を結び付ける動詞ということだ。よくわからないが、要するに英語の5文型のS+V+Cのタイプの文型を作る動詞であるということだろう。

で、このタイプの文は S=V ということであった。英語の話になってしまうが I'm a cat. というと I = a cat  である。フランス語で Je suis un chat. というのも一緒だろう。
英文法でもこういう動詞を「繁合動詞」というのかどうかはわからないが、英語でS+V+Cの文型をとる動詞には、状態を表すものと、状態の変化を表す動詞、印象を漠然と表す動詞、感覚を表す動詞があるそうである。
英語の動詞では、状態を表すものとして be動詞のほか、lie, sit, stand, continue, hold, keep, remain, stay などが挙げられている。
状態の変化を表す動詞としては become, get, go, come, grow, fall, turn などが挙げられている。
印象を漠然と表すのに用いられるものとしては、seem, appear, look、感覚の動詞としては look, feel, smell, sound, taste が挙げられている。感覚というのは、まあ、普通「五感」ということで、「視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚」ということであるが、look が「視覚」、smell が「嗅覚」、sound が「聴覚」、taste が「味覚」ということになる。feel は「触覚」よりだいぶ広く、いろんな感覚を含み、第6感なんぞも含みそうであるが、触覚に関しても feel で表現するのだろう。

英語の話になってしまったが、フランス語の「繁合動詞」でêtre以外に挙げられていたのは devenir、rester、paraître、sembler であった。devenir は「状態の変化を表す動詞」である。
rester は「状態を表す動詞」、paraître と sembler は「印象を表す動詞」だろう。感覚を表す動詞がここに入っていないのは、フランス語で「繁合動詞」に含まないのか、含むがここで取り上げなかっただけなのか、どっちだろう?
by xabon | 2010-03-06 23:12 | フランス語