語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Lección 42

サッカーは大詰めで、優勝はまあ中京のチームでほぼ動かないと思うのだが、陥落争いはまだまだ終わらない。17位と18位のチームはほぼアウトと思うが、12位から16位までは勝ち点9差で、上の方にいるチームもまだ油断はできないところだ。昨日はボーダーライン上のチームがみな勝って、みんな、「なかなか楽にならないなあ」と思っていることだろう。客観的にみれば下のチームの方が、試合数が減った分だけ苦しくなった、ということだろうけれども。こんなことを書いていられるのも、ごひいきのチームが勝ったからで、負けていたらサッカーのことなんか一言も触れないに決まっている。

Lección 42

Estoy harto de buscar trabajo.
ser の学習中であるが、estar も出てきた。
harto は「お腹いっぱい」である。harto de ... だと、「...に飽き飽きした」ということになるようだ。「仕事探しはもううんざりだ」ということですな。

Es un rollo.
rollo は英語の roll と同じで、「巻いたもの」だが、ここでは「厄介なこと、面倒なこと」という意味で用いられているようだ。

Tú eres un vago.
vago は「曖昧な」、あるいは軽蔑の意を含めて「怠惰な」、といった意味の形容詞。ここでは「あなたって、ぐうたらね」というところか。辛辣ですな。

Tienes que ser optimista.
「もっと前向きにならないと」

Vamos a tomar unas cañas.
「ビールでも飲みましょう」

Aquí buscan camereros.
「ここでも、ウェイター募集してる」

Yo no quero trabajar aquí.
「僕はここでは働きたくない」
[PR]
by xabon | 2010-10-31 07:45 | スペイン語

語彙:食事に関連した語

風邪でダウンしております。
昨日はブログどころではなかった。今日は少し回復。あの猛暑はどこへやら、めっきり涼しくなっています。体調管理に気を付けましょう。

soigné 「手の込んだ」
soigner は「世話をする」といったいみの動詞である。soigné はこの動詞の過去分詞から形容詞化したもののようで、料理なら「手の込んだ、手のかかった」という意味で、repas soigné なら「腕によりをかけた料理」というようなことになるようだが、tenue soignée 「きちんとした服装」といった、料理と関係ない用法も辞書に載っている。
se soigner は「養生する」。Soignez-vous bien. 「お大事に」なんてのがあるな。「体に気をつけねば」というなら、Je me dois soigner bien. といえばいいかしらん。

simple 「簡単な」
rapide 「速くできる、速い」

maigre 「粗末な」 肉、脂肪質のもののない食事を maigre というらしい。repas maigre 「肉抜きの食事」。フランスでの「粗食」というのは「肉抜き」ということなのだな。メタボ対策にはいいかもしれないと思うが。そういえば、アメリカと違ってフランスはあまり「メタボ」というイメージがないが、実際のところはどうなんですかね?
viande maigre は「脂身の少ない肉」、fromage maigre は「脱脂乳製のチーズ」ということらしい。

cru 「生の」
légumes crus 「生野菜」、jambon cru 「生ハム」。刺身は、poisson cru といわず sashimi で通じるのではないかと思われる。

cuit 「火の通った、焼けた、煮えた」

mûr 「熟した」
[PR]
by xabon | 2010-10-30 08:10 | フランス語

英作文の演習:倒置・省略・強調・挿入(4)

「電車で行こうか、それとも飛行機で行こうか」「そうだね、飛行機のほうがはるかに速いけど、その反面はるかに高くつくよ」
"Shall we go by train or by air?" "Well, it would be much quicker by air. On the other hand, it would much more expensive."

新幹線と飛行機、まともに料金を比べたら飛行機の方が高いのかもしれないが、パックを使うと飛行機利用の方が安かったりしますな。
私は飛行機はあまり好きでない。あんな鉄の塊が空を飛ぶなんてことはありえない、といって飛行機に乗らない人もいる。私は鉄の塊が飛ぶわけはない、とは思ってないが、落ちた時のことを考えるとほとんど助かる可能性がない、というのがいやなのである。あるいは、途中で止まった時、といってもいい。新幹線なら途中で止まるだけなら別に怪我もしないで済むかもしれないが、飛行機は、途中で止まったら恐ろしいことになるわけで。そういえば、旭川で飛行機があわや大雪山に激突しそうになったんだっけ? ほら、管制官がぼーっとしているだけで命の危機だ。

「一般にはパブが出す食事はとてもまずいものだが、ターフ・インはとても美味しいローストビーフを出してくれる」
Generally speaking, pub food is terrible, but the Turf Inn serves delicious roast beef.

パブの食事って、まずいんですか。terrible ってのはなんだかひどそうだね。最近はイギリス人もあまりパブに行かなくなったとかいう記事を最近どこかで読んだ気がするが、どこでだったかな。イギリス人の舌も少し肥えてきたから、という理由ではなかったような気がするけれど。
[PR]
by xabon | 2010-10-27 21:27 | 英語

Lección 41

Buscan un economista con experiencia de más de tres años.

buscarは「探す」。探している人が誰かというのはあまり問題でないので主語なしで3人称複数形の活用になっている。英語やフランス語と違って、形式的な主語がいらない、というのは日本人の感覚に合うような気がする。
「エコノミスト」と日本語でいえば「倹約家、節約家」といった感じだが、economistaは「経済の専門家」ということだ。「経済学者」という意味でも用いられるようだが、ここで求められているのは別に学者様ではないようだ。

Tú eres economista, pero tienes sólo un año de experiencia.

この回の学習項目は soy の用法で、eres は soy の2人称単数の活用形だ。
「あなたは経済が専門だけど、経験は1年しかないわね」
ということで、残念でした。

Mira este otro. Dice que es necesario saber alemán.

別の求人は、「ドイツ語が分かる人求む」ということのようだ。dice は decir の活用形のひとつで、3人称単数の形。こちらは este otro 、ほかの求人広告そのものに Necesario saber alemán. と書いてあるので3人称複数形ではない、ということですかね。
decir は digo, dices, dice, decimos, decís, dicen と活用する。点過去が diji, dijiste, dijo, dijimos, dijisteis, dijeron、線過去が decía, decías, decía, decíamos, decíais, decían と活用するとのことだ。接続法現在が diga, digas, diga, digamos, digáis, digan. 電話がかかってきたら Digame. だったっけ。

No sabes alemán.

「あなたはドイツ語を知らないのよね」
[PR]
by xabon | 2010-10-26 21:31 | スペイン語

語彙:食事に関連した語彙

食べるものに関連した形容詞。
délicieux/-se 「とっても美味しい」
これはすでに並でない美味しさを意味しているので、比較級、最上級にはならない、とかいうことだ。
excellent 「美味な」
bon, bonne 「おいしい」
これはまあ今風にいうと「フツーに美味しい」ということであろう。excellent はその上で「これ、ヤバイ」くらいで、délicieux はさらに上、「激ヤバ」とか少し前なら「チョー美味しい」、という感じではないかと思うが、全然違うかもしれん。
mauvais 「まずい」
小泉武夫先生の著書に「不味い」とかいう文庫本がありますな。
chaud 「温かい」
froid 「冷たい」
léger, légère 「軽い」
これは「軽食」という場合の「軽い」ですかね?
lourd 「重い」
こちらは、「しっかり食べる」とか「ボリュームがあってお腹にもたれそう」とか、そういった状況で使われるのかな? 辞書には「もたれる」という語義もちゃんと載っている。Ce repas est un peu lourd pour moi. という例文も出ている。テキストによると、「(ソースなどが)濃い」という意味にも用いられるようだ。
copieux/-se 「豊富な」
「どっさり」という感じらしい。copy と同源の語であるようだ。同じものがコピーされてたくさんある、ということなのだろう。
gastronomique 「美食の」
fin 「上質の、洗練された」
この辺は私には縁のない語である。海原雄山、という名前を連想してしまう。「美味しんぼ」も、最後に見てからもう何年たつやら。まだ連載は続いているんですかね?
[PR]
by xabon | 2010-10-25 21:05 | フランス語

英作文の演習:倒置・省略・強調・挿入(3)

知り合いがスペインにいって、Barcelonaでスリに会った、という話をしていた。地下鉄で、スリ集団に囲まれ、鞄を探られた、という話である。幸いにして被害はなかったとのことであるが、気を付けましょう。「泥棒という職業がある」というのは、スペインだったっけ? 

"Do you think I should make a reservation if I want to have dinner at the rooftop restaurant?" William asked the woman at the front desk.
"It's not really necessary, but you can (make a reservation) if you'd like (to make one)", she replied.

()内は前に出てきたことの繰り返しになるので省略可能だ、ということである。

"You don't think it will rain tonight, do you?"
"It's hard to tell (whether it will rain or not)", she said, " but I doubt it."
"I'll make one then," he said.
"(What's) your name?"
"(It's) Thomas. William Thomas."
"And how many (people will there be) in your party?"
"(There will be) just one," William said.

こちらは必ずしも繰り返しではないが、文脈から自明ということですかね。
[PR]
by xabon | 2010-10-24 17:46 | 英語

Lección 40

ここでの学習項目は ir + a + 不定詞の「近接未来形」である。
ir の活用形を復習しておこう。voy, vas, va, vamos, vais, van ですな。フランス語だと vais は(allerの)1人称単数の形であったがスペイン語ではそれは2人称複数に対する活用形で、1人称単数なら voy でしたな。危ない、危ない。
ついでに、点過去が fui, fuiste, fue, fuimos, fuisteis, fueron. 線過去が、iba, ibas, iba, ibamos, ibais, iban. しかし、スペイン人はよくこんなのをいくつも覚えられるものだ。過去分詞が ido で、中から「一枚足りない、恨めしや」という声が聞こえてきそうだ。現在分詞は yendoで、接続法の活用形が vaya, vayas, vaya, vayamos, vayáis, vayan。

Pronto va a ser mayor y vamos a jugar.

pronto は「素早い」といった形容詞としての用法もあるが、ここでは「早く、すぐに」という副詞。「彼(弟)はすぐに大きくなって、僕たちは遊ぶ」。

Vamos, que ya es tarde y la iglesia está un poco lejos.

la iglesia は「教会」。フランス語なら église だ。lejos は「遠くに」という副詞。tarde は「遅い」ということだが、「もう遅いです」では日本語としてちょっと不自然だ。「さあ、もうだいぶ待っているし、教会はちょっと遠いから、行きましょう」というところであろうか。

Todavía no han llegado los abuelos.
「おじいちゃんたちがまだ来てないよ」

Quizá han ido directamente a la iglesia.

quizá、あるいは quizás は「きっと、たぶん」という副詞である。「多分、直接教会に行ったんだろう」
[PR]
by xabon | 2010-10-23 07:46 | スペイン語

語彙:食事に関連した語

la boisson「飲み物」 フランスでも、最初に「お飲み物は何になさいますか?」と聞かれるのかしらん?

l'eau (f)「水」 我が家は外食では飲み物は注文しません。お冷いただいてます。
le vin 「ワイン」 ワインはちょっと多く飲むとすぐ頭が痛くなる。グラスワイン一杯くらいならまあ飲めないこともない。

la bière 「ビール」 食事のときにビールを飲みながら、というのは、食が進むので悪くない。呑兵衛の人たちは飲むときにはご飯なんか食べないのだと思うが、私はビールを飲むときはご飯が欲しい。新井さんもそんなことを書いていたような気がする。しかし、いずれにしても350mlの缶ビール1缶は私にとっては多すぎる。

le café 「コーヒー」 朝、家でコーヒーを飲む。うちの奥さんはお茶を入れる習慣がなく、朝はパンでも米飯でも食後はコーヒーが出てくる。米飯のときはお茶だと思うのだが。職場に行って、仕事前にもコーヒーを飲む。日中にさらに1杯くらい飲むこともある。このカフェイン量がむちゃくちゃ過剰だとも思わないが、どうもカフェイン中毒らしい。年に1,2回、出張などで朝にコーヒーを飲まない日が2日くらい続くと頭が痛くなる。たまにしかそういうことがないので、忘れてしまうのである。頭が痛くなって、「どうして頭が痛いのだろう?」と考え、しばらくしてから「そうだ、今日はコーヒーを飲んでない」と気づき、缶コーヒーを買って飲むと、少しして頭痛が治まる。

le thé 「紅茶」 とテキストに書いてあるので「紅茶」と書いたが、まあ、お茶一般である。フランス人は英国人ほど茶を飲まないと思うが、飲むとすれば紅茶が多いのであろう。
ことさら紅茶であることをはっきりさせたい場合には thé noir 、緑茶なら thé vert。

le chocolat 「チョコレート、ココア」 Hercules Poirot は le chocolat chaud が好きだったような気がするなあ。あと、黒スグリのシロップだったか。私は固体のチョコレートの方が好きだ。 

le lait 「ミルク」 カフェオレは café au lait だが、じゃあ、ミルクティーは thé au lait でいいんでしょうか。

le jus 「ジュース」 日本では果汁が大して含まれていなくてもフルーツフレーバーのつけられた飲料水を「ジュース」と呼んでいるが、英語で juice というと果汁100%のものを指すという話である。フランスでもそうなんですかね?
[PR]
by xabon | 2010-10-21 19:40 | フランス語

Lección 39

Y los abuelos, ¿cuándo van a venir?

el abuelo は「祖父」、la abuela なら「祖母」だ。los abuelos は「祖父母」ということになるようだが、「父方の祖父と母方の祖父」というときも los abuelos なのかしらん? 「父方の祖母と母方の祖母」なら las abuelas というのだろうか?
「おじいちゃんとおばあちゃんは、いつ来るの?」

Sí, ¡qué raro! Es un poco tarde.

raro は、英語の rare と似た綴りだが、意味も「まれな」(「奇妙な、風変わりな」という意味も出ているが)で、多分語源は一緒なのだろう。
で、ここのところは意味がよくわからないのでテキストをみると、「変ね、ちょっと遅いわね」ということだ。本来、もう到着してもいいはずの祖父母が着かないので「変ね」といっているわけだ。話の流れがわからないとなんで raro なのかよくわからない。

Quiero ver su regalo.

regalo は「贈り物」だ。「彼らの(おじいちゃん、おばあちゃんの)プレゼントを見たいなあ」といっているわけだ。

Tú sólo piensas en los regalos. Eres un poco egoísta.

「プレゼントのことばかり考えて。ちょっとわがままだぞ」
piensas は pensar の2人称単数の活用形。pienso, piensas, piensa, pensamos, pensáis, piensan と活用する語幹母音変化動詞だ。点過去では pensé, pensaste, pensó, pensamos, pensasteis, pensaron、線過去なら pensaba, pensabas, pensaba, pensábamos, pensabais, pensaban と活用するようだ。
ところで、なんで egoísta と、男の子なのに形容詞の語尾が-aなのかと思ったら、これは男女同形で語尾が-aなのですな。珍しいこと。

No, también pienso en mi hermanito.

「弟のことも考えてるよ」

ま、子供なんてそんなものだ。
[PR]
by xabon | 2010-10-20 20:47 | スペイン語

英作文の演習:倒置・省略・強調・挿入(2-2)

「今夜は豆腐の特別料理を作ります」「それはいいですね」
"Tonight I'm going to make a special tofu dish." "(That) sounds great."

トーフの特別料理って何だ? 私は豆腐料理では麻婆豆腐が一番好きかな。あとは、湯豆腐・冷奴。特別好きというほどでもないが、出されればフツーに食べます。

「湖の水は昨年よりずっと少ない」

There's a lot less water in the lake than (there was) last year.

カスピ海だったか、流れ込む川の水が、灌漑に利用されるようになりだんだん干上がってきているとかいうのは。
アフリカのチャド湖も、年々干上がりつつあるとか。
もちろん、そこで生きていた生き物も滅びつつあるということだろう。

「旅行するときには、私は必ず予備のメガネを持っていく」
When (I am) traveling, I always carry (a) spare (pair of) glasses.

こういう場合の「持っていく」は carry といえばいいのですな。確かに、旅先でメガネを失くすととても困る、が、普通はあまり失くしそうな気がしないな。何をするとメガネを失くすのかしらん。そういえば知り合いで、海水浴に行ってメガネを流されたヒトがいたなあ。私は旅先で海水浴をすることはないけれども。
[PR]
by xabon | 2010-10-19 20:53 | 英語