語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Lección 110

先週末の「みちのくダービー」は黄色い方が青い方に勝ち、青い方はJ1残留が相当苦しい状況だ.黄色い方の地元に住む私の立場としては黄色い方が勝って嬉しいし、去年みたいに青い方に上に行かれるのは悔しいのだが、青い方にもJ1にいて欲しいと思うのである.代わりに九州のチームが増えたら遠征の負担が増えるじゃないか、ということもある.黄色い方のサポーターが「山形サヨナラ」コールをしたとかいう話であるが、不愉快な話だ.

Este es mi hermano Pablo, y cuando sea mayor, jugaremos juntos al fútbol.
「これがボクの弟のパブロ.大きくなったら一緒にサッカーをするんだ」

cuando sea mayor のところは Danielクンが頭の中で考えたことなので sea と ser の接続法の形が使われている.直接法未来形ではないのだな、こういう場合.jugaremos は jugar の直接法未来形だ.使い分けのルールがよくわからない.

Pero todavía es muy pequeño.
「でもまだとっても小さいんだから」

Ya verás como Pablo se hace mayor muy pronto.
文の造りがよくわからんが、「もう、すぐにパブロが大きくなる様子をみることになるでしょう」といった感じかな?

Yo quiero que sea mayor ya.
「もう大きくあって欲しい」ということですかね.

Quiero que crezca pronto.
crezca は crecer 「成長する」の活用形.接続法現在の1人称単数に対する形である.
crecer は conocer と同じように1人称単数の活用形に -zc- という綴りが出てくる変則活用する動詞のようだ.crezco, creces, crece, crecemos, crecéis, crecen というのが直接法の形で、接続法の語幹は1人称単数形の語幹を元にするから crezca, crezcas, crezca, crezcamos, crezcáis, crezcan となるということのようだ.
[PR]
by xabon | 2011-08-30 21:01 | スペイン語

語源・語根で覚える語彙

Naoto の後釜が決まったようだ.多くは期待するまい.まあ、とにかく、これは日本国民が選んだ道なのである. 俺はあんなのをソーリに選んだ覚えはない、というヒトも少なからずいると思うし私もそう思うが、そういうことなのだ.

mali 「悪い」
ラテン語で、malum は「リンゴ」という同音異義語もあるようだが、「悪い事、不幸、害悪」などという中性名詞である.malus は「悪い」という形容詞.フランス語では mal ですな.今日の「まいフラ」で malade が「病気の」で maladie が「病気」とかやっていたようだが、これも語源は一緒でしょうね?
さて、英単語では、malignant は「悪意のある」、医学用語では「悪性の」.
malicious は「悪意のある」.malignant と malicious では malignant の方がより質が悪いようだ.

man 「住む、残る」
ラテン語の manere 「留まる、泊まる、存続する」という動詞が元のようだ.
mansion は「マンション」.よく書かれていることであるが、日本でいう「マンション」は mansion ではない.mansion は「お屋敷、大邸宅」だ.
remnant は「残り、遺物」.古いフランス語の動詞 remenere に由来する、とある.remenere は re- 「後に」+ menere 「留まる」という造りの語であるそうだ.menere は manare から変わった形ということなのだろう.malignant もそうだが、-ant という語尾を持つ英単語は多い.これは全部フランス語の現在分詞の語尾ということでいいのかな.remnant は「残っているもの」ということで あろうか.

mari 「海」
ラテン語 mare が「海」という中性名詞である.フランス語では la mer ですな.ラテン語の中性名詞の多くは、中性名詞のない言語では男性名詞になったという話だったように思うが、「海」は中性名詞からフランス語では女性名詞になったのですな.
maritime 「海の、海事の」.a maritime people で「海洋民族」だそうである.海は命の母であり、一方で人の命をあっさりと奪い去っていく.そういうものと付き合わないといけないのが島国に生きる海洋民族の定めなんですかね.
submarine は「潜水艦」.
[PR]
by xabon | 2011-08-29 20:52 | 英語

Lección 109

アオムシくんは、一昨日所在を確認された後、サナギになるために旅立ったようだ.無事立派なアゲハチョウになりますように.
さて、もう一匹の幼虫は、小さなアオムシになった.とても5齢とは思えない大きさだ.これも異変の1つだろうか? さらに同じ木には2齢くらいの幼虫と1齢と思われる幼虫がいる.しかし、あと3匹も養えるほどの葉っぱは残っていない.1匹のアオムシがサナギになるのには30枚ほどの葉っぱが必要とされているようだが、残っているのはせいぜいあと1匹分くらいだ.他に数本、たくさん葉っぱのついた木があるのだが、そちらでは全然幼虫は育たないし.

Lo que yo quiero es que me invites a una buena mariscada en Santiago.
mariscada は「海の幸の盛り合わせ」だそうだ.marisco は「シーフード」でしたな.marisquero/-a は「海産物の」という形容詞、あるいは「漁師、海産物業者」という名詞.
「私はサンチアゴの美味しい海産物の盛り合わせをごちそうして欲しい」ということだが、ただ Yo quero es que ... ではなく、Lo que yo quiero ... と言っているのは、「私の欲しいのは、あなたが私にサンチアゴの美味しい海産物の盛り合わせをごちそうしてくれることなのよ」という強調であるようだ.querer que に続く節の部分は invitar の接続法の形 invites が使われている.

No discutáis otra vez.
discutáis は discutir の2人称複数に対する接続法現在の活用形.娘が両親に、「また言い合いをするのはやめて」と止めているところだ.否定命令文なので接続法が使われている.

No quero que Pablo se despierte.
despertar は「目を覚まさせる」.despertarse は「目を覚ます」.despierte は despertar の接続法の活用形で1、3人称単数の形.これも querer que に続く部分なので接続法だ.「パブロに目を覚まして欲しくないわ」と言っているわけだ.

Nos hemos olvidado de él.
olvidar は「忘れる」.olvidarse de... で「...を忘れる」.「パブロくんのことを忘れてたよ」と言っている.¿Podemos verlo? 「見せてもらっていい?」ということだな.そのために来たのだ.
[PR]
by xabon | 2011-08-27 22:24 | スペイン語

語彙:交通・旅行に関連した語

la gare は鉄道の「駅」のほか、「長距離バスの発着所」も表すようだ.la gare routière というようだ.「バスターミナル」ですな.
韓国なんかでは長距離バスが普及していて、街には長距離バスのターミナルというものが発達しているそうであるが、日本ではあまりそういうものが発達していないという話である.仙台も、東北各地や東京など各地との間に長距離バスが走っているがちゃんとしたバスターミナルというものがない.路上発着である.路上発着されると、当然一般車両の通行の邪魔になるのだ.ショッピングセンターの中にバスターミナルを組み込めば乗降客の買い物利用も期待できるし、あってもいいと思うのだが、バス会社の利害関係とか何かあるんですかね?

la station は地下鉄の「駅」.まあ、確かに地下鉄の駅とJRというか昔の「国鉄」の駅では「駅」といっても大分違う.まあ東京の山手線みたいな、昔の「国電」の駅は地下鉄の駅に近いかもしれないが、仙台でいうと例えば地下鉄「河原町」駅と、JRの仙台駅では格が違うわけで.
バスの停留所も、規模が大きいと la station というようだが、規模の小さいのは l'arrêt というようだ.
タクシー乗り場は la station de taxis. 日本と違ってタクシーは流しを拾うのではなくタクシー乗り場で乗るものだ、という話が本によく書いてあるのでこのブログにも前に書いた.私は小心者なので、いずれにしても海外ではタクシーに乗れそうにはない.そもそも海外に行く予定もないし.

le port 「港」.
l'aéroport は「空港」.
船と飛行機は興味がないのであっさり通過.そういえば、飛行機好きの男が、空港行きのリムジンバスに架空予約をいっぱい入れて貸し切り状態で利用していた、とかいう記事がインターネットに出てましたな.飛行機好きでも鉄チャンでもいいが、他人に迷惑をかけるのはやめましょう.「撮り鉄」も、列車の運行の邪魔になったりして他人に迷惑をかけている輩が結構いるようだ.
[PR]
by xabon | 2011-08-25 21:53 | フランス語

Lección 108

今朝みたら、まだ大きな青虫クンは木にしがみついていた.サナギになるにはもう少しかかるのかな.それとも今日の日中に出かけたか.3齢幼虫の方も葉っぱの上に鎮座していた.
別の木には1齢幼虫もいたが、これはまた育たない可能性が高い.しかし、何とか育つよう祈りながら見守ろう.

¿Los conoces?
「二人を知ってるの?」
若夫婦(まだ結婚してないけど)のオットの人の方は赤ん坊のママの両親とは知り合いではなかったようだ.

Sí, son los vecinos de mis padres.
vecino は「隣人」.「隣の」という形容詞としての用法もあるようだ.赤ん坊のママの両親と、ツマの人の両親が隣同士に住んでいる、ということですな.

Los que han hecho el Camino de Santiago.
「サンチアゴ巡礼に行った人たちよ」 噂で「実家のお隣は夫婦でサンチアゴ巡礼に行ったのよ」なんて噂をしていたのだろうか.

¡Qué casualidad!
casualidad は「偶然」.「奇遇ですね」というところか.

Enhorabuena también para ustedes, por su nieto y por hacer el Camino.
enhorabuena は「おめでとうございます」であった.「お二人にも、お孫さんのお誕生と、巡礼をされたことをお祝い申し上げます」というところであろう.

Sólo estuvimos una semana pero Sagrario ya quere que volvamos el próximo año.
「ほんの1週間だったけれど、Sagrario はもう来年またいきたがっているんだ」
最初はあまり気が向かなかった様子だったが、すっかり巡礼が気に入ったということらしい.
querer que ... で「...したがっている」であるが、この que 以下の節は接続法になるということだ.
volvamos というのが volver 「戻る」の接続法現在1人称複数の活用形である.他の人称の活用形とあわせると、vuelva, vuelvas, vuelva, volvamos, volváis, vuelvan である.
[PR]
by xabon | 2011-08-24 21:26 | スペイン語

語源・語根で覚える語彙

アゲハの幼虫はすくすく育ち、まるまるとした青虫になってきた.もうじき、サナギになるべく旅立つだろう.というか、今日は朝しか所在を確認していないので、もう出発したかもしれない.
もう一匹の3齢幼虫も健在であった.しかし他はさっぱりだ.

lum 「明るい」
lumen 「光」というラテン語の単語があるな.luminare 「照らす、明るくする」が動詞.
illumination は「イルミネーション」だ.毎年12月になると仙台では「光のページェント」というのが行われてきた.街路樹にイルミネーションを点すのだが、このイルミネーション用の電球が津波の被害に遭って、すっかり流されてしまったという.何で津波の来なかった仙台繁華街でやっている行事用の電球が流されるのかと思ったら、仙台港の倉庫にしまってあったということだそうである.それでも多分どこかから電球をかき集めて今年も「光のページェント」は行われるのだろう.
lunatic はラテン語の luna から来た形容詞だが、「月の光は人の気を変にする」といわれていたようで、lunatic は「狂気の」という意味である.で、lumen, luminare と luna は確かにラテン語辞書で隣近所の単語であるが、語源的には関係あるのか?

ludere 「遊ぶ」
ludere が「遊ぶ」という動詞で ludicer が「遊びの」で ludia が「踊り子」などという語もあるようだ.
prelude は「前奏曲」.ホンダのプレリュードはまだあるのかしら? 私が若い頃の車種は、随分となくなってしまった.シビックすらなくなってしまった.
ludicrous 「馬鹿げた、滑稽な」、elusive 「とらえどころのない」

magn 「壮大な」
ラテン語では magnus が「大きな、多量の」などという形容詞だ. magnitudo だと「大きさ、多量」という名詞.最近は M7くらいまでの地震じゃ驚かなくなりましたな.
magnate 「大物」. しかし、与党の代表選に出るといっている連中をみると、「大物」と思う政治家がさっぱりいませんな.野党にもいないような気がするけれど.
masterpiece 「傑作、代表作」.mastery は「支配力」.maximize は「最大化する」.反対は minimize ですな.
[PR]
by xabon | 2011-08-23 21:01 | 英語

Lección 107

16戦負けなしのチームと9戦勝ちなしのチームが対戦しても、勝ってるほうが今日も勝つとは限らないのがサッカーである.久しぶりにいい気分だ.勝ち点3を加え、あと2勝すれば残留圏内だろう.まあ、去年みたいに最後の降格枠争いがまた熾烈なものになるかもしれないが.

Pasad.
これは pasar の、vosotros に対する命令形のようだ.「どうぞ、お入りなさい」ということだ.

Está durmiendo.
「眠っている」.誰が眠っているかというと赤ん坊ですな.

¡¿Qué hacen aquí!?
「何をしてるんですか?」これはシチュエーションによっては、「あんたら、ここで何やってんの」みたいな意味にもなるかもしれないが、ここでは予期せぬ人の出迎えを受けてびっくりした、という状況である.

Hemos venido a ver a nuestro nuevo nieto.
「新しい孫に会いに来たんですよ」

Y a llevarnos de paseo a Daniel.
llevar は「連れて行く」でしたな.llevarse と再帰動詞になると「一緒に連れて(持って)いく、持ち去る」などという意味になるようだ.paseo は「散歩」. hemos venido は前の文と重複するので省略されているということであろう.
ということで、これは 「ダニエルくんを散歩に連れていく為に来た」ということだ.a Daniel は直接目的語に相当するのだと思うが、スペイン語では人物が目的語の場合には必ず前置詞 a が要る、ということだったような.

Sagrario quiere que Lucía y el bebé descansen.
descansar は「休む」.cansar というのが「疲れさせる」で、des- というのは英語の de- みたいな接頭辞だろう.「脱」というような意味合いと思われる.Sagrarioさんは赤ちゃんのおばあちゃんであり、娘と孫の体を気遣って、「二人には休んで欲しがっている」といっているわけだ.

¡Ustedes son los padres de Lucía!
で、客であるこれから結婚するカップルは、既知の老夫婦が既知の家族の両親であることを理解したというわけである.テキストには誰がどの文を話したか分かるようになっているがこのブログではそれを書いていないのでこのブログだけだとなんだかさっぱりですな.

10月からの講座はこのテキストの再放送とのことなので、それまでに120課までの復習を終わらせるのが目標である.あと13課分だ.来月中に終わるだろう.
[PR]
by xabon | 2011-08-21 20:32 | スペイン語

語彙:交通・旅行に関連した語

まあ今回が初めてというわけではないが、アゲハの2齢くらいの幼虫がいなくなった.いなくなった、というか、その前に見たときにいた葉っぱの上に、幼虫の姿のようなシミが残っており、幼虫自身はいないのである.体が溶けてしまった、という感じ.私はやはり放射線のせいだろうと考えている.それとも、そういう病気がありますかね? 5齢までいったやつは本日午後までの段階では健在である.同じ木の3齢幼虫も溶けずに残っている.

le déplacement 「移動、旅行、出張」
déplacer は「位置を変える、移動させる」、se déplacer 「位置を変える、移動する、旅行する、出張する」. Il se déplace toujours en voiture. で「いつも車で移動する」.昔、子供のくせにいつも車を自分で運転していた花形満というキャラもいたが、フツーは若いうちは歩くのである.しかし年取ってくるとだんだん歩くのが億劫になってくる.なるべく歩こうと思うのだが.

le trajet 「移動、旅行、道のり」
J'ai 30 minutes de trajet pour aller à mon travail. 「通勤に30分かかる」のである.これが車で30分で、バスを使うと1時間くらいかかる.バスだと自宅からバス停、バス停から勤め先、それぞれ10-15分かかるのでそれなりに歩く.車だと全然歩かない.脚が退化するのではないかと思うくらいである.

le départ 「出発」
fixer le jour du départ 「出発の日取りを決める」.
l'arrivée 「到着」
arrivée du train で「列車の到着」. Il m'annonce son arrivée pour jeudi. 「彼は木曜に着くといっている」などという例が辞書に載っている.
動詞で「到着する」は arriver であるが、「出発する」は sortir ですな.départir は「...に分配する」というような動詞だそうだ.
[PR]
by xabon | 2011-08-20 21:50 | フランス語

語源・語根で覚える語彙

アゲハの幼虫が5齢に達した.いわゆる「青虫」の姿である.どれくらいでサナギになるんだったかな.
同じ木に3齢の幼虫もいる.また、別の木に2齢の幼虫が、さらに別の木に1齢の幼虫がいる.これらがちゃんと育つかどうかも注目である.

さて今日は夏休みである.近郊の温泉に日帰り入浴に出かけた.私の好きな「ケンミンショー」によると宮城県民だか仙台市民だかは、気軽に近場の温泉に日帰り湯治に出かける、というような話であったが、私自身は年に2回くらいしか温泉には行けない.
温泉からあがってのんびりしていると結構強い地震が来た.奥さんはまだ入浴中である.慌ててあがってくるかと思ったらなかなか戻ってこない.地震で慌てて転んで浴槽で溺れていないかと心配になったが、さすがに大浴場に様子を見に行く訳にはいかない.地震から20分くらいしてからようやく戻ってきたが、「まだ温まってなかったからあがらなかった」というだけのことであった.
なお、奥さんの話では、その温泉宿では入浴中の客が怪我などしていないか従業員が大浴場に様子を見に来るということはなかったそうである.ガラスが割れて怪我をする、ということだってあるだろうし、客の無事を確認するのは宿の義務ではないかと思うが、ちょっと接客の質が物足りない宿であった.

liqu 「液体」
ラテン語では liquare が「液体にする、溶かす」という動詞、liquor が「流動性」とか「液体」とかいう名詞である.
英語では同じ liquor という綴りで「酒」.梅酒をつけるときに「ホワイトリカー」というのをよく使いますな.ま、他のお酒でも梅酒はつけられるようだが.「流動性」ということを意味したいときには英語では liquidity という語を使うようだ.

liter 「読める」
ラテン語で littera が「文字」.litera とも綴るようだ.litterate 「文字通りに」「学問があるように」というあたりが語源かと思われる.
literal 「文字通りの」、literate 「読み書きのできる」.
literalicy はテキストには出てないが、「読み書きができること、識字能力」というのが元々の意味で、そこから意味が広がって「ある特定の分野での能力」という意味にもなっている.インターネットなどの玉石混淆の情報から、価値のある情報を選び出す、というのも、「情報リテラリシー」とか「ITリテラリシー」とかいうようですな.このブログはあまり役に立たないので気をつけるように.

log 「言葉、学」
ラテン語の logos が「言葉」ですな.
logically 「論理的に」はよく使うかな.theological 「神学の」は「神学」に関わりのない私には縁のない語である.
mythology は「神話学」.神学には興味ないが、神話学にはちょっと惹かれるものがある.
physiology 「生理学」.とにかく学問関係は -logy というものが多いですな.geology は「地質学」、biology 「生物学」.しかし、-ics というのもあって、mathematics 「数学」、physics 「物理学」などというのもあるな.-ics というのは由来は何だ? と思って手元の辞書をみると、ギリシャ語に由来し、「学ぶ事に属すること」というような意味を表すようだ.なぜラテン語に由来する語尾を持つ学問とギリシャ語に由来する語尾を持つ学問があるのかは私には分からない.さらに「化学」が、chemistry と、どっちの語尾もつかないのがなぜかなどということは見当もつかない.
dialect 「方言」は log とは関係なさそうだが「言葉」つながりでここに入っているものと思われる.
[PR]
by xabon | 2011-08-19 20:30 | 英語

Lección 106

アゲハの幼虫はずいぶん大きくなった.体色も青みがかり、「青虫」という名がふさわしくなりつつある.まあ実際には5齢になったときに「いかにも青虫」という姿になるわけだが.

Ya ha nacido el bebé de Lucía.
「もうルシアの赤ちゃんが産まれたって」.パパからのメールを受け取ったのだろうか.

Mira qué foto me han enviado.
enviado は enviar 「送る」の過去分詞だ.「送られてきた写真をみてごらんよ」といっているわけだ.

¡Qué bonito! Quero ir a verlo.
「可愛い! 見に行きたい」 verlo は lo つまり el bebé de Lucía を指すものと思われる.ir a + 不定詞で「...しに行く」だが、この不定詞の部分が目的語を取る動詞の場合に目的語が代名詞であればその代名詞は動詞に続けて書かれる、というだな.

¿Podemos ir hoy?
「今日、行けるかしら」と、早速にでも行きたそうである.

Claro que sí.
これは「もちろん」ですな.他でも使えそうだ.

Me han dicho que podemos ir cuando queremos.
メールに、「いつでも好きなときに見に来ていいよ」と書いてあったのだろう.我が家の青虫も、いつでも見に来てもらっても構わない.ただしどっかに連れて行かないように.
多分、ここまで生き残った1匹は5齢までは行くだろう.勝負はサナギから成虫になれるかどうかだと思う.そこを確かめるためには、木をネットかなにかで包むか、あるいは枝を切るなどして籠に移してそこでサナギになるようにしないといけないのだが、それはあまりしたくないのである.蝶の営みにあまり干渉したくないというか.科学者タイプのヒトならそこまでちゃんとするんだろうけれど.
[PR]
by xabon | 2011-08-17 20:27 | スペイン語