人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

語源・語根で覚える語彙

今日もアゲハの幼虫は元気にしていたようだ.だいぶ大きな4齢幼虫になった.何とか無事に5齢幼虫まで行って欲しい.サナギになるところはたいてい確認できないんだけどね.

lide, lis 「ぶつかる」
lidere 「打つ」が語源だというのだが、手元の辞書には lidere という動詞は載ってない.
collision 「衝突」.ハブに collision のランプがついているものがあったような気がするなあ.動詞は collide.

lia, lig 「縛る、結びつける」
これは ligare が語源で、ちゃんと手元の辞書にも載っている.
reliability 「信頼性」.この語の語源が ligare ということは rely 「信頼する」の語源も ligare だということだ.re- は「再び」という意味の接頭辞で、信頼する、ということは、再び結びつける、ということだそうだ.まあ、何となく分かる気はする.
unreliable は「当てにならない」.東電の補償のことかな.

limi 「境目」
limbus が「縁、へり」、limen が「敷居」、limes が「境界線」など.動詞なら limitare 「境界線で囲む、限定する」.
unlimited は∞. elimination は「削除、排除」.

lingu 「言語」
ラテン語の lingare は「なめる」.lingua は「舌」「言語」
linguistics 「言語学」.bilingual 「バイリンガルの」.
lipstick は「リップスティック」.lip は「唇」で、「舌」ではないぞ.「口」のご近所つながりでここに入れてあるのかしらん? lip は古い形では lippe で、ドイツ語の「唇」も Lippe ですな.ラテン語では labrum で、lip も labrum も語源的には一緒らしい.
by xabon | 2011-08-16 20:04 | 英語

Lección 105

いちばん大きなアゲハの幼虫はまだ残っている.
他に2匹くらい、小さいのがいたが、これはまた例により姿を消してしまった.去年までは、「アゲハの幼虫の観察」を夏休みの自由研究のテーマにしたら、と子供に提案できるくらいの我が家の庭であったのだが.

Parece un mono.
mono は「猿」だそうだ.「猿みたいにみえる」といっているのは、弟を見ての、お兄ちゃんの感想である.

No digas eso.
お父さんが、「そんな事はいうんじゃない」とたしなめている.

Es muy guapo.
「男前じゃないか」といっている.

Voy a enviar un mensaje a mis amigos.
enviar は「送る」.友達に、子供が産まれたというメールを送ろうとしているところである.

El bebé ha nacido hoy, a las dos veintidós de la mañana.
これはメールの中身である.「今日、午前2時20分、赤ん坊が産まれた」.
よく分かっていないのだが、男の子だから el bebé なので、女の子なら la bebé なんですよね?
mañana は「朝」という意味というが、まだ夜の開けない時間でも mañana なのだな.

La madre y el hijo están muy bien.
「母子ともに元気」.

Un abrazo, Lucía y Felipe.
abrazo は「包容」だそうだ.abrazar が「抱く、抱擁する」.El padre abrazó al niño. などという例文が辞書に出ている.で、手紙などで Un abrazo. と書くのは決まり文句で「愛情を込めて」ということだそうである.日本ではあまりそういうことは書かないと思うが、まあ、「敬具」とか「草々」とかいうのが外国人にわからないのと一緒で、そういうものだ、と受け入れておくべきものである.
さて、この課の学習項目は、No digas eso. である.不規則動詞の否定命令の語幹についてだ.否定命令なので接続法が用いられるわけだが、不規則動詞の接続法の活用は、一部例外を除き、基本的に直接法の1人称単数形の語幹を接続法の語幹として用いる、ということだ.
decir は 直接法現在は、digo, dices, dice, decimos, decís, dicen と活用し、接続法は語幹が dig- となるということだ.語尾は ir動詞の場合、-a, -as, -a, -amos, -áis, -an なので、diga, digas, diga, digamos, digáis, digan という活用をするということになるわけだ.まあ、命令文に関して言えば、3人称の活用形についてはあまり関係ないのだろうけれども.
hacer は直接法では hago, haces, hace, hacemos, hacéis, hacen で、接続法は haga, hagas,haga, hagamos, hagáis, hagan.どうでもいいことであるが、私が小学校に上がったばかりの頃、「はが」という名字を見て、「ばか」と見間違えて、「世の中には珍しい名字もあるものだ」と思ったという苦い記憶がある.下らない話ですみません.
by xabon | 2011-08-14 21:26 | スペイン語

語彙:交通・旅行に関連した語

福島の子供の甲状腺からI-131が検出されたというニュースをNHKで流していたようだ。微量なので「直ちに健康には影響しない」ということになるらしいが、20年後、30年後にほんとうに何も起きていないかどうかは神様にもわからないかもしれない。「絶対安全」と言い張っていた原発の事故で子どもたちに不安を与えてしまっているという点で東電の罪は計り知れない、と私は思う。

le voyage 「旅行」
「旅行」を意味するもっとも一般的な語。un voyage d'agrément は「観光旅行」。 un voyage d'affaires は「ビジネス旅行」。voyage en bateau なら「船旅」だそうだ。船旅というのは贅沢で、それだけの日数を旅に費やせる時間的な余裕がないといけない。時間だけでなくお金もですな。円高で、海外旅行をするにはチャンスだが、そんな時間はない。お金は、贅沢をいわなければ、旅行するくらいのものはないことはないけれども。
Ma femme veut faire un voyage en Italie. うちの奥さんはイタリアに行きたいといっている。いつか行ける時間の余裕ができるだろうか。

le tourisme 「観光旅行」
faire du tourisme 「観光旅行をする」。un car de tourisme は「観光バス」だそうである。une voiture de tourisme は単に「乗用車」であり、観光とは関係ないそうだ。バスからの連想で観光用のレンタカーかしら、などと誤解しそうだ。
un ville touristique は「観光都市」。主たる産業が「観光」という町もありますな。まあ、主たる産業が観光という国もあるくらいだから。

le tour 「ツアー」
これはもともとは「一周」ということだ。女性名詞の la tour は「タワー」で、別の語である。
ツール・ド・フランスのツールは男性名詞の tour ですな。le Tour de France というようだ。自転車レースでフランスを一回りするわけだ。フランスでは自転車競技というのは非常に人気が高いようですな。日本にいるとさっぱりわからんが。私は自転車競技というのは見ていてあまりおもしろいと思わない。私が好きなのは球技だが、現時点では一時的に球技が嫌いである。見たくない。結果も聞きたくない。

l'excursion 「遠足、小旅行」。
私が小学生のころは、遠足といえば全校一斉で、全学年がみなバスに乗り、学年ごとに目的地に向かったものであるが、時代が違うのか土地の違いなのか、今の小学生は学年ごとに違う日に遠足に出かける。私の小学生のころは各クラス1台ずつのバスであり、6学年で各4クラスだと24台のバスが必要だった。今はそんなに一度にたくさんのバスを手配できない、ということもあるのかもしれない。
by xabon | 2011-08-13 22:49 | フランス語

語彙:交通・旅行に関連した語

décoller 「離陸する」
自動詞で「飛行機が離陸する」という意で、atterrir 「着陸する」の対義語だそうだが、飛行機とは関係なしに、「はがす」という他動詞としての用法もある.décoller un timbre d'une lettre 「手紙から切手をはがす」 そもそもこれは、coller に分離の接頭辞 dé がくっついたものであるようだ.coller は「はりつける」で「はがす」とは対義語の関係になるようだ.

arrêter 「(車などを)止める、停車する」
車に限らず、何か稼働しているものを停止させるのが arrêter である.原発を止めるのも多分 arrêter なのだろう.しかしそれは辞書に出ていない.辞書の用例にあるのは arrêter sa voiture 「車を止める」 arrêter la radio 「ラジオを止める」 など.英語では arrest で、arrest には「逮捕する」という意味があったようだが、arrêter もそういう用法がある.Le voleur vient d'être arrêté.
s'arrêter と代名動詞としても使われるようだ.Ma montre s'arrête souvent. という用例が出ている.

desservir 「停車する」.これは鉄道用語で、列車が駅に停まるということのようだ.Un autobus dessert ces villages. などという用例が辞書に出ているので、バスにも使っていいようである.

se produire 「(事故などが)起きる」
お盆である.帰省ラッシュで高速道路は渋滞しているようだ.事故も起きている.例年だとそういうときは市内は閑散としていたりするのだが、今年は街中も混んでいる.夕方のラッシュアワーの渋滞はお盆期間でない時期と全然変わりがない.
avoir lieu も「事故が起こる」という意味で使われる.
Un grave accident d'avion siesta produit il y a 26 ans au Japon. あれは26年前のお盆の時期だったようだ.私はあれで「フェイルセーフ」という言葉を覚えたが、原発関係者は覚えなかったらしいな.
C'est ce soir qu'il a eu un accident. 夕方、帰宅途中、事故を見かけた.自分で起こしたわけではない.昨日も事故車を見かけたなあ.混雑する時期だ.事故にはくれぐれも気をつけましょう.自分でいくら気をつけていても、相手が一方的に突っ込んでくることもある.どうしようもないといえばどうしようもないが、事故の起きやすいところに近づかないとか、なるべく事故の起きやすいシチュエーションを回避する、というのは1つの危機管理能力であろう.
by xabon | 2011-08-12 21:41 | フランス語

語源・語根で覚える語彙

この数日、暑い日が続く.東北電力の電力供給はけっこう逼迫しているようだが、「かなり際どい」という状況が一昨日にあったあと、昨日、今日と、電力使用量のピークはそれを下回ったようだ.「節電に協力を」という呼びかけに対して、真面目に節電につとめている人が多いのだろう.東北には真面目な人間が多いのだ.まあどうしようもない人間もそれなりにいるが.
ここに来て、アゲハの卵の孵化率がやや良くなってきた.1、2齢の幼虫が2、3匹いる.3齢幼虫はまだ健在である.これまでと、何か変わったのか、それはわからない.この数日、やたらと暑いのは確かだが、梅雨明け前後も暑かったので、気温の問題ではないと思う.まあ、とにかく、アゲハの幼虫はちゃんと育つ、ということが確認できれば私としては少し安心できるのである.このまま無事に育って欲しい.

lega 「法を定める」
ラテン語の辞書には legitimus 「法の」などという単語が出てくる.一番の基本語はよくわからん.legare 「使節として派遣する、副官に任命する、委任する」という動詞があるが、これは関係あるのだろうか?
legislator 「法律制定者」、legitimacy 「合法性」、allegiance 「忠誠」、なかなか難しい語ばかりですな.私にはあまり使う機会はなさそうな語ばかりだ.
illegally 「非合法に」.これは少し難易度が下がったが、illegal なこととは無縁でありたいものだ.
litigation 「訴訟」も、できればあまり関わらずに過ごしたいものである.

lev 「持ち上げる」
levo, levare という動詞は2つ出てくる.「滑らかにする、磨く」という意の動詞と「持ち上げる、緩和する、解放する、回復させる」などという意味の動詞である.もちろんここでは後者に由来する語源というわけだろう.
elevate 「持ち上げる」で、「持ち上げるもの」は elevator である.本来、「下りエレベーター」というのは矛盾している.lev とは関係ないが、escalator もだ.前にも書いたような気がしますけどね.

lict 「残したもの」
これは元のラテン語は linquere 「去る、見捨てる、やめる、残す」という動詞であるようだ.lict からはちょっと元の形は思いつかないなあ.relic は「形見」.derelict 「見捨てられた」「浮浪者」.
福島県の浜通りが「見捨てられた地」にならないようにするにはどうしたらいいものか.
by xabon | 2011-08-11 21:09 | 英語

Lección 104

Naoto が辞める目処がついたようだ.しかし、次は誰なのか.誰が総理になったとしても、Naoto ほど人望がないということはないかもしれないが、能力的にはどんぐりの背比べのような気がするのは私だけだろうか.誰が一番ましですか?

Es un niño precioso y muy grande.
precioso は前にも出てきた気がする.「貴重な」「美しい」.un bebé precioso で「かわいい赤ちゃん」.「かわいくて大きな男の子ですよ」

¿Los dos están bien?
「二人とも元気ですか?」 これはとにかく確認しなければなるまい.

Sí, no se preocupe. Enhorabuena.
前課では te に対して、No te preocupes. 「心配しないで」といっていたわけだが、ここでは今度は usted に対する否定命令である.これももちろん接続法.相手が usted のときには肯定命令でも否定命令でも接続法を用いる、ということである.
enhorabuena は「祝辞」という名詞、あるいは「めでたく」という副詞であるが、Enhorabuena! といえば「おめでとうございます.いつもより多く回しております」というお祝いの言葉にもなるようだ.「いつもより多く回しております」は言ってないけど.

¿Puedo entrar ya?
「もう入っていい?」ですな.これは「ボク、入っていい?」

Sí, ya pueden pasar.
「どうぞお入りください」だ.実際には、「あなた方は通ることができます」と言っているわけだ.こちらはパパとお兄ちゃん、2人に対してなので pueden になっている.
by xabon | 2011-08-10 21:08 | スペイン語

Lección 103

昨日、アゲハの幼虫は盛んに伊予柑の葉っぱを食べていた.昨日が8月8日で「葉っぱの日」というのとは関係ないと思う.8月8日は「蛸の日」らしいですな.それから「ひげの日」というのもあるようだ.漢数字の八がヒゲの形だから、ということらしい.
今朝も幼虫は元気にしていたようだが、帰宅した時間が日没後だったので、夕方は確認していない.明日の朝に確認する事にしよう.

¿Todavía no nace?
todavia は「まだ」でしたな.nace は nacer で「産まれる」.フランス語なら naître であろう.ラテン語では nascor というらしい.

Ya lleva mucho tiempo dentro.
llevar は英語の take に当たる動詞であるようだ.「持っていく、連れて行く」「身につけている」などの意味のほか、「時間を過ごす、時間が経過する、時間を要する」などという意味もある.dentro は副詞で「中で」.分娩室の中、ということだろうか.

Cuando tú naciste, también tardaste mucho.
naciste は nacer の点過去.tardaste は tardar 「時間がかかる」の点過去.
「キミが産まれたときも、ずいぶん時間がかかったよ」といっているので、「産まれた」という完了した過去、「時間がかかった」という完了した過去について述べているわけで、ここは線過去ではなく点過去が使われるわけだ.

Duérmete un poco.
duérmete は dormirse の命令形である.「ちょっと休みなさい」といっているわけだ.

Yo quiero ver ya mi hermanito.
「すぐ赤ちゃんに会いたいんだ」といっている.

No te preocupes.
preocuparse は「心配する」.preocupar なら「心配させる」.「心配しないで」という否定命令である.否定命令は接続法で、preocupar なら preocupe となる.肯定命令文で「心配しなさい」なら Preocupate. と、再帰目的語は動詞の後ろにくるが、否定命令文では動詞の前にくるので No te preocupes. ということになるわけだ.

Te despertaré.
despertar は「目を覚まさせる、起こす」.despertarse なら「目が覚める」.despertaré は未来形で1人称単数の形であるからここは再帰動詞として使われているのではなく、「私がキミを起こす」と言っているわけだ.「(産まれたら)起こしてあげるよ」と言っているわけである.

No tengo sueño.
「眠くない」といいながら、あくびをしているようだ.そうやって、いつの間にか寝てしまう、子供というのはそういうものだ.
by xabon | 2011-08-09 20:20 | スペイン語

語彙:交通・旅行に関連した語

ヨーロッパの鉄道事情の本が出ていた.
ヨーロッパでは切符というものは出発地から目的地まできちんと買わないといけないようだ.
日本では、「とりあえず○○まで」と切符を買って列車に乗ってから、気の向くままに目的地を決めて、着いた駅で乗り越し精算をする、ということもありうるが、ヨーロッパでそんなことをすると「不正乗車」になり、本来の運賃の何倍ものペナルティを課せられたりするらしい.
そういえば、定期券というものも、あちらでは自宅の最寄り駅から通勤・通学の目的地まで乗るもので、途中で降りたり乗り越したりはできない、という話も何かで読んだ記憶がある.

transporter 「運ぶ」
辞書の例では、transporter un blessé à l'hôpital なんてのが出ている.救急車のお世話にはなりたくないなあ.

rouler 「走る」
courir は自力で走ることだが、この rouler は車や列車が走る、あるいは人が車を走らせる、ということだ.辞書の例では rouler à 100km à l'heure 「時速100kmで走る」、Il a roulé tout l'après-midi. 「午後いっぱい運転し続けた」など.
roulette はこの動詞に由来するもののようだ.

conduire 「運転する」
conduire un voiture など.

naviguer 「航海する、飛行する」
カーナビというが、フランス語では naviguer は車は対象外であるようだ.navire は「船、艦船」.

voler 「飛ぶ」
voler には自動詞で「飛ぶ」という意味のものと、他動詞で「盗む」というものがあるようだ.紛らわしいですな.
Nous allons voler de Tokyo à Paris sans escale. などという例文が辞書に出ている.

我が家のアゲハの幼虫は、本日脱皮して3齢になったようだ.前に3齢と思ったのは勘違いだったようだ.今年初めての3齢幼虫である.木にネットなどかけているわけではないので、鳥や寄生バチの餌食になることもあろうかとは思うが、そこまで保護するのもどうか.
それにしても卵の孵化率の低いこと.
by xabon | 2011-08-07 20:44 | フランス語

Lección 102

週の前半に産みつけられた卵がいくつも乾涸び始めているなか、1匹だけ、アゲハの幼虫が3齢ほどにまで大きくなり、元気に伊予柑の葉っぱを食べている.東海TVなら、怪しい葉っぱイモムシさん.セシウム葉っぱイモムシさん、というところだ.このまま育つのか、それともこの幼虫も今までの幼虫と同じ運命をたどるのか.
そんななか、新鮮なアゲハの卵も増えている.今年は伊予柑の木が丸坊主になろうとも、アゲハの幼虫がどんどん育って欲しい.

Vamos al hospital. Voy a por el coche.
陣痛が強くなってきたので病院に行こう、という場面だ.パパは車を取りにいくところである.どこに置いてあるのかしらん? 日本だと、マンション住まいなどでは車を出すのに結構時間がかかったりすることもあるし、ちょっと離れたところに駐車場を借りている場合もあると思うが、スペインの駐車場事情というのはどうなっているのだろう?

Espera. No me dejas sola.
「まって、一人にしないで」
dejar はこの前も出てきましたな.前回登場からの間隔が短かったので今回は忘れずにいたぞ.
こういうシチュエーションでなくてもこのフレーズは役に立ちそうだ.これはママだから sola だが、発言者が男性なら、Espera. No me dejas solo. といわないと変だろう.スペインにも「おねえキャラ」がいたら No me dejas sola. というのかもしれないが.スペインにもおねえキャラっているんですかね?

Coge las cosas que están encima del armario.
coger は「捕まえる」などの意味を持つ動詞であるが、ラテンアメリカでは卑語なので使うべきでない、というのはさんざん強調されてきた.
encima は「上に」という副詞.armario は「タンス」あるいは「戸棚」.「タンスの上にあるものを取って」と Danielクンに頼んでいるところだ.

Las tengo que llevar al hospital.
llevar は英語の take に当たる動詞である.「それを病院に持っていかなきゃ」.

Ten cuidado. No te caigas.
ten は tener の命令形.cuidad は cuidar 「世話をする」の過去分詞から派生した語で、形容詞としては「入念な、手の込んだ」、名詞としては「注意、用心深さ」「世話」などという意味である.
Ten cuidado. で「気をつけてね」.高いところにあるものを取るのに、子供に、気をつけなさい、といっているわけだ.caiga は caer の接続法の活用形である.否定命令には接続法を使うんだった.
caer は「倒れる、落ちる」という動詞で、caerse は「転ぶ、倒れる」.「落ちないようにね」といっているようだ.タンスの上の物をとるのに、踏み台かなにかに乗ってさらに背伸びをして取ろうとでもしているのだろう.
by xabon | 2011-08-06 11:40 | スペイン語

語幹・語根で覚える語彙

lax 「緩い」
ラテン語で「緩める」が laxare という動詞であったようだ.
relish 「味わうこと、味、風味」 これは lux とはあまり似ていないような気がするが、ラテン語に由来する古フランス語の動詞 relaissier から来ているようだ.味わう、といっても食べ物に限ったことではなく、辞書の例文では He read it again with relish. など、文学作品、芸術作品を楽しむような場合にも用いられるらしい.
relay 「リレー」.これは lax との関係は? テキストをみても、辞書をみてもよくわからないが、どうもこれも古いフランス語に由来するようで、relayerという動詞が英語に入ったもののようだが、その relayer という動詞は遡ると laxare にたどり着くもの、ということらしい.
slack 「緩い」はゲルマン語由来の単語だが、ラテン語の laxare と同源ということになるようだ.
analytical 「分析的な」 この -lyt- という語根も lax と一緒ということですな.名詞なら analysis なので -lys- という形もあるということだな.-lyt-, -lys- を語根に持つ語はいっぱいありそうだ.ありそうだがなかなかパッとは出てこないなあ.

lect 「集める」
これはラテン語の legare, lego 「集める」「盗む、奪う」から来たものと思われる.かの有名なブロック玩具の「レゴ」というやつもラテン語に由来しているのでしょうな.
collectively 「集合的に」
recollection 「記憶、回想」 memory より格式張った語ということだろうか.to the best of one's recollection で「...の記憶する限りでは」.be beyond recollection 「思い出せない」.何かを忘れて思い出せないときには勿体振って It is beyond collection. といえばいいのかしらん.
be outside one's recollection 「記憶にございません」, be within one's recollection 「覚えている」などの用例がある.
intellect 「知性」.私は知的なものが好きだ.タレントでも知的な人物が好きだ.「おばかキャラ」も、ブームは過ぎたのかもしれないが、元々私は好きでなかった.
legion 「軍隊、軍団」
negligent 「怠慢な」.ネグリジェとは関係あるのかしらん?
legendary 「伝説上の」
lessen 「少なくする」.不思議の国のアリスに、lesson と lesen をかけた言葉遊びが出てきたような気がするなあ.どんなのだったっけ.しかし、これは「集める」とどう関係するのだ? less は「より少なく」であろう.「集める」とは反対方向のような気がするんだけれど.
enlightenment 「啓発、強化」
elegance 「上品」.elegant なものは好きです.私自身はぜんぜん elegant じゃないけれど.
elicit 「誘い出す」.e-が「外へ」で licit は「誘う」だそうで、licit はラテン語の licitus 「許された」に由来するようだ.これと legare の関係はよくわからない.
elector 「有権者、選挙人」
delicacy 「繊細さ」.ラテン語の delicatus に由来するようだ.これは「快い、魅力的な、銃弱な、享楽的な、好みのやかましい」などという意味が当てられている.テキストには de- が強調、lic は「わなにかける」とあるが、それがどうして「繊細」ということになるのか繋がりがわからん.つながらなければ語源から単語を覚える、といってもなかなか難しいと思う.まあ、デリカシーなんてのはいちいち語源なんかに遡らなくても覚えられる、というか元々日本語に入っているのでだいたいわかるでしょうけど.
by xabon | 2011-08-04 22:04 | 英語