語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

語源・語根で覚える語彙

相馬の椎茸から放射性セシウムが検出されたそうだ。放射能検査前には出荷しないよう要請されていたが出荷し、その後に検査で放射能が検出されたということらしい。
風評被害というが、農家がこういうことをするから被災地の生産物は買いたくないということになる、という面もあるのではないか。福島産の農作物の対する「危険」という評価を「風評」というなら、農家も福島県もその辺のことはきちんとするべきであろう。もちろん、東電が事故さえ起こさなければそういうこともなかったので、諸悪の根源が東電であることは確かである。

orn 「飾る」
ornare 「装飾する、装備する、支給する」という動詞が元になっているようだ。ornare のそもそもの意味は「整頓する」だそうだが。ornament は orn を語根とした語のなかで一番身近な語であろうか。ornament そのものは私にとってはあまり身近ではないが。adorn 「飾る」の用例としては辞書に、adorn a room with flowers, adorn oneself with jowels などという例文が出ている。
テキストにはこの2つが出てくるだけだが、辞書には他にも ornamental, ornamentation と ornament の派生語の他、ornate 「華美な、どぎつい」というような語も出てくる。

pac 「平和」
pacere 「平和にする」という動詞がある。pacare 「合意に達する」などという動詞もあるようだが、これは関連した語なのかたまたま形が似ているのか私の知識ではわからない。名詞では pax ですな。Pax Romana. 英語では peace であるがこれはラテン語からフランス経由で英語に入ったものということである。peaceful で「平和な」、副詞形は peacefully、他にも peaceable という形容詞形もあるようだ。-able という語尾は -eで終わる単語につく場合、-e を取ってから-able をつけるのが普通だと思うが、-ce で終わる語でそれをすると音が [s] ではなく [k] であるかのような綴りになってしまうのでそれを避けるために e を残して -able をつけるのだな。
payrollという語もここに含まれている。これは「賃金台帳、従業員名簿、従業員総数、支払給与総額」などという意味の語だそうだがこれも pac を語根とする語ということだ。pay は pacare から英語に入ったものということだ。ということは pacere も pacare も pax と関係する語ということなのだな。お金を払うと無事収まる、ということですか。ローマの時代から、所詮この世は金次第ということのようだ。

par 「等しい」
これは par という形容詞があったようだ。par には「等しい」のほか、「偶数の」という意味も出ている。even というのも「等しい」と「偶数の」という意味がある。2つずつ分けていくと分けた2つのグループの数が等しくなるからですかね?
parity 「同額、同一」。disparity はそれに反意の接頭辞 dis- がくっついたものであるから「異種性、不一致、不釣り合い」ということである。
[PR]
by xabon | 2011-10-30 16:23 | 英語

Lección 15-18

宮城県産の牡蠣が水揚げされたというニュースをTVで流していた。津波で甚大な被害を受け、震災前の1/10の水揚げだというが、とにかく養殖再開のめどがついたのはいい方向だと思う。のではあるが、ちょっと心配なことはまた例により放射能汚染である。牡蠣は海のミルクだといわれる。カルシウムをはじめとしたミネラルが豊富だということだ。さて原子炉事故で放出されるとされるストロンチウムはアルカリ土類金属でありCaと動態が似ているので、カルシウムを豊富に含む牡蠣は、海水がSrで汚染されていればそれも取り込んでしまうだろう。牡蠣がとれるようになったことを喜ぶだけでなく、汚染されていないことを確認する必要もあるだろうと思う。「風評被害」というが、放射能汚染を心配するのは当然のことである。「風評被害」を防ぐには、全ての放射能量をチェックするしかないと思う。手間と費用がかかることであるが、消費者の健康を守るにはそういうことが必要なのである。コストは東電に請求してください。

Lección 15
キーフレーズは Miro a la gente.
直接目的語をとる他動詞の話である。他動詞には直接目的語が必要で、他動詞のようでも直接目的語をとらないものがあるとすればそれは自動詞としての用法もある動詞であり自動詞として使われていると解釈されるのであろう。スペイン語では直接目的語が人である場合には、一般的に前置詞 a を伴う。英語だと、前置詞がついたらそれは修飾語句になるが、スペイン語ではそんなことはないのだな。
Miras a mi hermana.
Mira a mis padres.
No miran el libro. 本は人ではないので a はつかない。

Lección 16
キーフレーズは Vive muy cerca.
ir動詞の活用である。vivir 「生きる、生活する」 vivo, vives, vive, vivimos, vivís, viven.

Lección 17
キーフレーズは ¿Dónde vive?
「どこで?」「どこに?」は ¿dónde? を使う。前にも dónde は出てきたが、ir との組み合わせで、「どこに行くの?」だった。ir の場合は ir a Tokyo とか ir a Paris とか、目的地は前置詞 a をとり、「どこに行くの?」も ¿A dónde vas? と前置詞 a が必要だったが vivir の場合には前置詞はいらないようだ。「日本に住んでいる」は Vivo en Japon. だが、¿en dónde? などという言い方はないらしい。a は特別なのだろう。ラテン語系の言語では a (à), de という2つの前置詞は他の前置詞とは別格であるような気がする。「どこから」は、¿de dónde? 。
escribir 「書く」も規則変化をするir動詞。escribo, escribes, escribe, escribimos, escribís, escriben.

Lección 18
キーフレーズは ¿Comemos ya?
今度は er動詞の活用。comer 「食事をする」。「食事をする」という意味では自動詞であり目的語は必要ない。「...を食べる」という他動詞としての用法もあり、その場合には食べられるものが目的語として必要である。活用は、como, comes, come, comemos, coméis, comen.
Elle no come contigo. Come conmigo. などと使えばいいのだろうか。

先週の分がまだ終わらないが、とりあえず今回はここまで。
[PR]
by xabon | 2011-10-29 17:36 | スペイン語

語彙:交通・旅行に関連した語

今日のラジオによると、フランスでは法律による飲酒の制限はないという話である。子供でも飲酒は禁止されていないということか。健康やら成長やらに害があるかもしれないけれどもそういうことも含めて自分の責任で判断せよ、ということなのだろう。日本はそれに比べて、親切という見方もできるが、国民を大人扱いしない国、という見方もあるかもしれない。

composer 「パンチを入れる」 
日本では駅に改札口があって駅員が切符にパンチを入れる、というのが一般的であった。今は自動改札機が多くなり、私は新幹線に時々乗る程度しか鉄道を利用しないので、駅員に切符切りをしてもらうという機会はほとんどなくなってしまった。フランスあたりでは駅の改札というものはなく、自分で駅構内にある le composteur でパンチを入れるということをしないといけないようだ。これをしないと切符は有効にならず、不正乗車扱いされる、という羽目に陥るらしい。不正乗車となると多額の罰金を支払うことになる。旅行客なのでわからなかった、では済まないようだ。そこが「自己責任の国」である。

changer 「変える」
changer des yen contre des euros というと「円をユーロに両替する」
changer un billet de cent euros で「100ユーロ紙幣を両替する」
旅行中、「変える」必要があるのはお金ばかりではなく、乗り物もだ。
changer de train 列車を乗り換える際には、列車を間違えないように気をつけよう。違う列車に乗ってしまったら、それもまた不正乗車だ。

manquer 「乗り損なう」
manquer は「欠けている、足りない」という意味の動詞であるが、乗り物に乗り損ねる、チャンスなどを取り逃す、というような意味でも使われるようだ。英語の miss に相当しますかね。manquer le train de quelques minutes 「数分の差で列車に乗り遅れる」。

enregistrer 「登録する」
旅行に際しては「(手荷物を)チェックインする」。enregistrer ses bagages 「荷物をチェックインする」
[PR]
by xabon | 2011-10-27 21:03 | フランス語

時制の一致の例外

トルコでも大きな地震があり甚大な被害が出ているようだが、被災者の人たちは「日本人を見習え」と、落ち着いて行動している、というような内容の記事をみかけた。まあ、そういうことででも、日本がトルコの人たちの「役に立った」というのであればそれは悪いことではないだろう。トルコの人たちにも何かの形で、というか募金くらいしかできないが、支援しないといかんと思う。

時制の一致の例外というのがある。「彼は『地球が太陽を回っている』と言った」というのは、He said that the earth goes around the sun. と、主節が過去であっても、「不変の真理」を述べている従属節は現在形にする。
The scientist said that the half-life of Cesium-137 is 30 years. なんてのもそうだろう。
現在形にしなければならない、というわけではなくて「することが多い」ということのようだ。「不変の真理」というほどでなくても、「伝える内容が現在でも当てはまるとき」には現在形を使うことが多いともある。
She was told that she will go to the United States. などといえば「彼女が言われたのは過去のことだが、アメリカにはこの先行く必要がある」ということが明確になる。She was told that she would go to the United States. というと、彼女が言われてすでにアメリカに行ったのかそれともこれから行くのか不明である。
さて、「不変の事実」に戻る。
かつて「不変の事実」と思われていたがその後にそれが正しくないことが判明したものについては現在形は用いない。ま、当たり前といえば当たり前だ。しかし、売っている本にも間違っている本がある。そもそもこの記事は、英作文の例文集にそういう間違いがあったので書いているのだ。
People once believed that the earth was flat. かつては地球は平たいとほとんどの人が信じていたわけであるが、実際には「不変の事実」ではないわけで、これを People once believed that the earth is flat. などとしては誤りである。でも、私が買ったある本にはその種の誤りがあったのである。まあ、金返せ、とはいわないが。

さて、では「世界は神が作った」というのはどうなのか。
He said that the world was made by God. なのか He said that the world is made by God. なのか。
世界は神によって作られた、と信じている人もいるだろうし、信じていない人もいるだろう。私は「聖書」とか「古事記」にあるような内容では「神が作りたもうた」とは思っていない。しかしビッグバンも何もかも神の思し召しだ、という話なら、そうかもしれない、という気もする。
一般的には信じられていないのに特定の人物だけが「不変の真実」と思っていることでも、その人物が語り手であれば現在形で語られてしまう、ということもあるんだろうなあ。それは、文法的に正しいかどうか、という話ではないのかもしれない。
[PR]
by xabon | 2011-10-26 21:45 | 英語

語源・語根で覚える語彙

ora 「語る、祈る」
ラテン語の動詞としては orare 「懇願する、祈る」「論ずる、弁ずる」。oratio 「話すこと、会話」という語もある。os 「口」「話し方、発音」という語もあるが、これも同じ語源かしらん。
oracle は「神託」。adore 「あがめる、崇拝する」。oral なんてのも一緒ですな。

order, ordin 「並べる、順番」
ordinare 「配列する」「秩序立てる」などという動詞に由来する語源である。
orderly 「整頓された」「整然と」。order は「命令」「順序」。
ordinarily は「普通は」。ordinary は「普通の」。extraordinary は「非常な」ですな。extraordinary の名詞形は extraordinariness というやたらと長い語である。
coordinator は「コーディネーター」。一緒に並べる役目の人物である。

ori 「太陽がのぼる」
orior 「天体がのぼる」「起きる」などという語があるようだ。origo 「起源」という語も源は一緒ではないかと思われる。
orient は東から日が昇るので、日が昇る方向、すなわち「東方」ということであるようだ。「方角を定める」というような意味もあるが、元は「東に向ける」ということだったのがやがて方角を東に限定せず「(いずれかの)方角に向ける」という意味に拡大したものということである。orientationなんてのもある。懐かしい、というか、高校入学のときの「オリエンテーション」は、内向的な私にとっては何やら恐ろしげなもんであった。
[PR]
by xabon | 2011-10-25 22:03 | 英語

Lección 12-14

Avispa の降格が決まった。Montedio も、奇跡の4連勝に浦和の全敗が条件では、ほぼ絶望である。応援したんだけどね。Cerezoに6点、Gamba に5点取られるなど、ちょっと残れるようなチーム状態ではない。福岡、山形と、資金の苦しいチームはJ1では戦えないのか。しかしまあ、プロサッカーチームが必ずJ1で戦わなければならないのか。「J2の強豪」「J2の番人」的な立場のチームとしてやっていく、という手はないのか。見ている方だって、J1で残留争いするより、J2でそこそこ勝つのを見ているほうが精神衛生上よろしいのではないか、という気もしないでもない。
それはともかく、あと4節の興味は残る1つの降格枠の争いに絞られた。優勝? どこでもいいです。

Lección 12 のキーフレーズは ¿Qué vamos a comer?
「何を?」を尋ねるには ¿qué? を用いる。疑問詞を用いた疑問文では疑問詞の次に動詞を置く。スペイン語は比較的語順が自由な言語ということになっているが、目的語代名詞は動詞の前に来るとか、疑問詞の後に動詞が来るとか、ここだけは譲れないという線があるようだ。
¿Qué vais a comer? Vamos a comer ensalada. ensalada は「サラダ」。なぜわざわざ頭に en- がつくのだろう?
発展は時間の表現。dentro de ... で「...後に」。英語の in ... に相当する。dentro de diez minutos で「10分後」、dentro de tres horas 「3時間後」、dentro de cuatro días で「4日後」など。

Lección 13 のキーフレーズは Hablamos.
ar動詞の活用。そういえば、今日の放送では廣康先生が「irで始まる動詞」といっていたような気がするが、「irで終わる動詞」の間違いであろう。間違ったのは私の聞き間違いか、廣康先生の言い間違いか、録音しておいた番組を聞き直しても、「irで始まる動詞」と言っていますな。
charlar 「お喋りをする」は yo charlo, tú charlas, el charla, nosotros charlamos, vosotros charláis, ellos charlan、escuchar 「聞く」は 活用した形だけ書くことにするが、escucho, escuchas, escucha, escuchamos, escucháis, escuchan。

Lección 14 のキーフレーズは Ramón viaja mucho con su mujer.
viajar 「旅行する」を用いた表現。Yo no viaja mucho. などといえばいいのだな。
他のar動詞。 trabajar 「働く」。trabajo, trabajas, trabaja, trabajamos, trabajáis, trabajan。
andar 「歩く」。ando, andas, anda, andamos, andáis, andan。
[PR]
by xabon | 2011-10-24 20:27 | スペイン語

語彙:交通・旅行に関連した語

とうとう我が家から全てのアオムシの姿が消えた。みんな無事サナギになったことを祈ろう。代わりに小さなカタツムリが檸檬の木に2匹いた。私はカタツムリは好きでない。殻のあるナメクジだ。私はどうも軟体動物が苦手だ。ヌメヌメしたものがダメなのである。escargotも、食べなくていい、というか、あまり食べたくない。食べたことはありますが。「ケンミンショー」によると隠岐地方ではアメフラシを食用にするとかいう話であるが、もちろんアメフラシも食べたくない。しかし、海鼠は好んで食するのである。海鞘も食する。変ではないかといわれそうな気もするが。ただし、自分で調理するのは好まない。

arriver 「到着する」
英語の arrive はフランス語 arriver に由来するものと思うが、辞書によると英語
の arrive と同じ「到着する」という意味の他、happen 「起こる」に相当する用法もあるとのことである。
arriver à Ishinomaki 新聞に、「フランスの首相が被災地を訪れて『ショックな光景』と語った」との記事が出ていた。フランスの首相がきていたのですな。しかし、フランスの大統領は知っているが、首相が誰なのか全くしらなかった。フィヨン首相というらしい。François Fillon. 実際のフランス語でどのように話されたのかは新聞には出ていなかったのでわからない。
日本に着いたのなら arriver au Japon, 彼女の家に着いたのなら arriver chez elle.
Il arrive un train toutes les vingt minutes. 電車が20分ごとに到着する場合には、非人称主語を用いてこういう言い方をするようだ。
「到着する」という意味以外の用法についてはまたの機会に。

rentrer 「帰る」
スペイン語だと volver でしたっけね。英語なら return だろうが、return に相当するフランス語の動詞としては retourner というのがある。rentrer は entrer に、「再び」という意味の接頭辞 re- がついたものでもともとの意味は「再び入る」ということのようだ。rentrer dans sa chambre 「自室に戻る」 rentrer chez soi 「自宅に帰る」 rentrer d'une promenade 「散歩から戻る」などという用例が出ている。

visiter 「見物する」
Elle va visiter le musée du Louvre. ルーブル美術館に限らないが、行ってみたい美術館・博物館がたくさんある。
voir 「見物する」 voir un pays で「ある国を訪れる」、voir du pays で「広く旅行する、見聞を広める」。
regarder 「見る、眺める」
contempler 「じっとみつめる」 
[PR]
by xabon | 2011-10-23 10:09 | フランス語

語源・語根で覚える語彙

朝晩はずいぶん冷えるようになった。昨日の段階でアゲハの幼虫が4匹。一匹は結構大きく、もうじき蛹になるべく、檸檬の木を離れるであろうと思われた。今日は時間がなく、確認できなかったので、まだいるのかどうか不明。他の3匹は小さい。夏場の4齢幼虫より小さいくらいだ。もう少し大きくなるのだろうか? 1本の木(盆栽の松よりちょっと大きいくらいの木だ)に最高10匹くらいの幼虫がいたが、過当競争だと大きくならないうちに脱皮が進んでいくのだろうか? まあ、何とか無事に蛹になれますように。しかし秋以降はだいたい順当にみんな育っていったが、夏までのあの育たなさは一体何だったのだろう? セシウムのせいではなさそうだ、とは思うようになってきたが。でもトーデンは許せないけれど。

noun, nun 「知らせる」
ラテン語の nuntiare 「知らせる」が語源になっているようだ。ここで取り上げられているのは denounce 「避難する」、pronunciation 「発音」の2つである。 It is Tokyo Electric Power Co. that must be denounced. などといえば通じますか? announce なんてのも由来は一緒だと思うが、そういえばどこぞの女子アナが結婚したとか何とかいう話を朝のTVでやっていたなあ。私はNHKのアナウンサー以外はアナウンサーもどきだと思っているが。ちなみに最近のお気に入りはNHKの橋本奈穂子アナである。実にどうでもいいはなしだ。

nutri 「栄養を与える」
nutricare という動詞が元になっているようだ。「育てる、大事にする、世話をする」。
nutrient は「栄養になる」「栄養分」。nutrition 「栄養物」。nutritional は「栄養上の」。nutritious 「滋養分の多い」なんていう形容詞もある。

optim 「最高の」
ラテン語の optimus に由来するようだが、optimus は bene 「良い」の最上級であるようだ。「良い」はどこに行っても不規則活用することが多いが、何でですかね? 英語の good は better, best と変化するが、これは bene に由来するんですかね?
optimism 「楽観論」とか optimist は optim を語根とする語で、何であっても「最高ですねー」といえるような人こそ楽観主義者だからということかしらん?
optimum は「最適条件」。optimum weight 「至適体重」なんてのがある。最近体重を測ってないなあ。
[PR]
by xabon | 2011-10-21 22:10 | 英語

語彙:交通・旅行に関連した語

世田谷のラジウム屋敷、今は空家のようだが、比較的最近まで人が住んでいたようで、そこに済んでいた家族が次々と癌や白血病を発病して...、ということはなかったようだ。家の前の歩道の線量に比べれば家の中はかなり高い放射線量だと思うが、そういうところに住んでいても「直ちに健康に被害がでるわけではない」ということが図らずも証明されたということだ。まあ、そういう状況に置かれた人が癌や白血病に罹るリスクは高くなるのかもしれないが、みんな必ず癌になるというわけではない、ということだな。外部被曝と内部被曝ではまた話が違う部分もあるだろうが、東北で取れた農作物など食べると必ず病気になるかのごとく言っている人もいるけれどもそれは嘘だろうと思う。では全く安全かというとそれも違うと思うけれど。

voyager 「旅行する」
Elle voyage souvent à l'étranger. Elle voyage toujours en première classe. いつも1等車に乗るというのはいい身分だなあ。
se déplacer 「旅行する、移動する」
déplacer は「位置を変える」という動詞である。代名動詞 se déplacer となると、「移動する、旅行する、出張する」などという意味になるようだ。Elle se déplace toujours en train.
séjourner 「滞在する」
séjour が「滞在」という男性名詞。Je voudrais séjourner en France.
faire un séjour de quinze jours à la campagne で「田舎に2週間滞在する」
passer 「過ごす」
Je vais passer mes vacances à la mer. などと使うようだ。しかし、一人で海でバカンスというのはちょっと寂しいかもしれない。
partir 「出発する」 目的地は en で表す。Il a parti en Kyoto. 彼は京都に行ってしまった、京都の町はそれほどいいの? 帰ってくる方は revenir。出発地は de で表す。戻ってきた地は en 。
Je vais partir en vacances. など「休暇に出かける、散歩に出かける」の「に」に当たるのも en だそうだ。
Elle n'est pas encor revenu de voyage. 「彼女はまだ旅行から戻らない」。天気が悪くて飛行機が飛べないのかもしれない。旅先が気に入ってそこに居着いてしまった、ということもあるかもしれない。犯罪に巻き込まれたのでないことは祈りたい。
[PR]
by xabon | 2011-10-20 21:21 | フランス語

Lección 9-11

Lección 9
キーフレーズは Mañana tenemos trabajo.
tener の目的語が「具体的なものを指さない場合、持っているものの数量を言わない場合」、冠詞をつけないというのがポイントだそうだ。
Tengo dos entradas pero no tengo su número de teléfono. などといえばいいのだろう。
発展は、「なぜ?」「なぜなら」
「なぜ?」は ¿Por qué ...?  「なぜなら」は Porque ...
¿Por qué vas a trabajar? Porque tengo una reunión. などという例文がでている。

Lección 10
キーフレーズは No tengo ganas.
gana は「欲求、願望、意欲」 やる気がない、というフレーズだ。
tener の目的語は具体的な物のほか、抽象的な名詞もとりうる。
Tengo ganas. なんだかわからないが、意欲的だ。
No tengo hambre. 晩ご飯が済んだばかりだし。
Tengo sed. いっぱい行きますか。
Tengo sueño. 夕べ夜中に起こされてしまった。
No tengo frío. 今朝は寒かったが、今はそんなでもない。
Tengo calor. 朝寒かったので厚着をして出かけて、そのままだからむしろ暑い。
発展は「命令形」。規則活用動詞では、tú に対する命令形は、3人称単数に対する活用形と同じ形。

Lección 11
放送週にはあまりこだわらないことにして週跨ぎをする。今週分だ。動詞の活用の学習の拡大である。キーフレーズは Voy a salir un rato.
un rato は「ちょっと」。前にやってからだいぶ経ったのですっかり忘れてしまっている。
ポイントは、スペイン語の動詞は必ず -ar か -er か -ir で終わる、ということと、「ir a + 動詞不定詞」で未来のことを表す、ということだ。近接未来形である。
Voy a salir un rato. 「ちょっと出かけてくる」
Ella va a ir. 「彼女は来る」
Tú vas a tener un hermano. 「君に弟ができるよ」
ところで、兄弟は英語で brother、フランス語の frère も語源的には共通しているようだが、スペイン語の hermano は全然違いますな。この語は何に起源するものだろう? 
[PR]
by xabon | 2011-10-19 21:01 | スペイン語