語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Lección 78-80

Lección 78
キーフレーズは Todavía hay tiempo.
「もう時間がない」は、Ya no hay tiempo. で通じますか?
hay で示される「存在するもの」は、具体的な数えられる物質についていえば un とか una とか dos とか un poco とか、数量を表す言葉がつくが、抽象的な名詞、数えられない名詞は無冠詞で用いられることがある、ということだ。
No hay agua. 「水がない」 No hay gente. 「人がいない」 No hay dinero. 「お金がない」。
特定されないもののあるなしは hayが用いられるが、特定のもののあるなしは estar が用いられる、ということである。
Hay un restaurante en calle Hirose. とにかくそこに何らかのレストランがある、ということだな。
El restaurante está en calle Hirose. なにかお目当てのレストランがそこにあるということだな。

Lección 79
キーフレーズは También os conoce.
hay の話は終わり、こんどは直接目的語代名詞の話になったようだ。
2010年7月のテキストには concer と誤植されているが、conocer の活用。
yo conozco, tu conoces, él conoce, nosotros conocemos, vosotros conocéis, ellos conocen。
「君たちを知っている」は Yo os conozco. もちろん Os conozco. でもいいのだろう。あえて yo をつけるのは、例えば、「彼女は君たちを知らないかもしれないが僕は知ってる」などといった含みがあるような場合だろうか。

Lección 80
キーフレーズは Así nos ayudáis.
否定文にする場合、直接目的語代名詞は動詞との結びつきが強いので no はその間に割って入ることはできず、直接目的語代名詞より前に来る。No nos ayudáis. などとなるわけだな。
Tú no nos ayudas. Ella no nos ayuda. だれも手伝ってくれない。

直接目的語人称代名詞は me, te, lo/la, nos, os, los/las。os 「君たちを」が、どうも vos と間違えやすい。気をつけないと。
[PR]
by xabon | 2012-01-31 20:43 | スペイン語

Lección 76-77

Kayokoが惨敗したようだ。マラソンを甘く見ていたということもないと思うのだが。NECは今日も勝てなかった。RedRocketsがリストラの対象にならないか心配だ。

Lección 76
キーフレーズは Hay una tienda en la calle Castellón.
hay である。原形は haber。完了形をつくる助動詞でもあるが、動詞としては「...がある」。英語の There is/are ... に相当する。英語の There is/are ... は、文の形の上では there が主語のようだが、... に入るものが単数なら動詞が is, 複数なら are なので、...が主語ということだろう。スペイン語の hay を用いた文は、存在するものが主語と解釈すれば hay は「主語が単数でも複数でも形が変わらない特殊な動詞」とも考えることができ、放送ではそのような説明をしているが、実際にはフランス語の Il y a ... と同じ形、ということですな。スペイン語では形式主語は示さないようなのでフランス語の Il に相当するものはない。ないけれども隠された主語はやっぱり3人称単数なので haber の活用形は3人称単数に対する活用形になり、それが hay という形だ、ということだ。しかし、スペイン語の講座のリスナーが必ずしもフランス語文法を知っているわけではないのでそんな説明はできないし、ややこしい説明をするより簡単に「主語(にみえるもの)がなんでも hay しか使わない」ということにしてしまったほうがリスナーを混乱させないで済むだろう、ということであろうか。
...に相当するものは、英語の There is/are ... の文で ... のところにくるものと同じように、定冠詞のつかないものである。不定冠詞の un, una, unos, unasや、数詞、dos, tresなど、それから多寡を現す形容詞、muchos, pocos などがつくようだ。
Hay una colegio en esta calle. とか Hay unos hoteles en esta calle. とか言えばいいのだろう。

Lección 77
キーフレーズは Hay muchas cosas nuevas e interesantes.
否定文にするには no を hay の前に置く。他の動詞と一緒である。No hay muchas cosas nuevas.
hay で存在が示される名詞につくことができない語としては定冠詞 el, la, los, las のほか、所有詞 mi, tu, su など、指示詞 este, ese, aquel などがある。
[PR]
by xabon | 2012-01-29 21:18 | スペイン語

語源・語根で覚える語彙

serva 「保護する、保存する」
ラテン語の servare に由来する。「世話をする、番をする、観察する、保つ、維持する」などという意味が辞書に載っている。
conserve は「保存する」。用例としては conserve natural resources 「天然資源を保護する」。
ジャムを作るのも conserve だそうだ。conservative となると「保守的な」。conservative policies 、a conservative attitude toward marriage などという用例が載っている。conservatism は「保守主義、保守的傾向」。
serving は「給仕」。
dessert は「デザート」。これも serva に関係あるのか。フランス語の desservir 「食器を片付ける」から来ているということだ。砂漠は desert で、これは serva とは関係ないんだろうなあ。

sign 「印をつける」
insignificant 「重要でない」。an insignificant amount of money という用例が辞書に載っている。TVの「富豪刑事」で、深田恭子演じる神部刑事が「たった1億円ぽっちのことで人を殺すなんて」というような台詞を言っていたのを思い出すなあ。もちろん私にとっては1億円は significant である。
designation は「氏名、任命」。His designation as chairman was unopposed. という例文が出ている。「指名する」は designate か。They decided to designate him for the candidate of the President. さて共和党の大統領候補は誰が指名されるのか。有力候補同士がののしりあいをしているようだが。不毛ですな。どっちが大統領になっても、何かの傀儡に過ぎないような気もするが、でも Obama は共和党の候補に勝てないんだろうなあ。

simul 「似ている」
similis 「似ている、類似した、同様の」という形容詞がラテン語辞書に出ている。simulare 「真似る」という動詞もある。
simulation。イエローカードの対象になる行為ですな。相手から反則を受けたふりをするという。まあシミュレーションをとられたのが全てわざとではないかもしれないが、「いちいち転ぶな」といいたくなりますな。動詞は simulate。simulate remorse で「後悔しているふりをする」、simulate enthusiasm は「懸命を装う」。
simultaneous は「同時に起こる」。simultaneous translation は「同時通訳」。The incident was almost simultaneous with her disappearance. なんだかミステリアスだ。
resemblance は「類似性」。There was little resemblance between father and son. なにか人に言えない秘密が...。
[PR]
by xabon | 2012-01-28 21:31 | 英語

語源・語根で覚える語彙

今日のラジオのフランス語で、Je me brosse le corps régulièrement pour éliminer les toxines. と話し手が語っている。まあ私には聞き取れませんが、放送中そのように解説されている。テキストにもそう書いてある。サプリを飲まないとか、余分なものは持たない・買わないとか、まあそういうところはもっともだと思うこともあるが、ブラシをすると毒を排出できるんですかね? 相当非科学的な話だと思う。ま、他人に強要しなければ害はないかもしれないが。

sequ 「続く」
ラテン語に sequor という語がある。動詞で、「後から行く、ついて行く」「追う」「続いて起こる」などという意味である。これが secundum, secundus と関係があるのかどうかよくわからない。
consequent 「結果として起こる」 an increase in income and a consequent rise in taxes という用例が手元の辞書に載っている。収入の増加の結果としての納税額の増加ならまだ納得いくんだろうけれども。まあとにかく、21世紀のシステムは、右肩上がりであることを前提とした前世紀のシステムと同じにはならない、ということは考える必要があるだろう。それにしても前回選挙で消費増税といっていたLDPが増税するといっているDPJに対して反対する、という事態になっているのは滑稽だ。滑稽で済めばいいのだが本当は深刻な話だ。で、LDPは次の選挙に勝ったときに消費増税についてどうするつもりなのか、何もいわなければ「公約違反」といわれなくて済むから言わないでおこう、ということか。詭弁使いの Prime Minister も嫌いだし、闇雲に反対ばかりしている LDPも嫌いだ。日本を脱出しますか。
consecutive 「連続した」 three consecutive days で「3日連続」。straight というのも「連続した」、contiguous という語もあるが、使い分けはどうなっているのだろう?
persecution 「迫害」。persecute が「迫害する」。He was persecuted with silly questions. なんていう例文が載っている。le petit prince は、一度質問しようと決めたら決して諦めなかったという話だ。答が返ってくるまで質問し続ける。質問された側は I'm being persecuted. と思っただろうか。
suitably は「適切に」。suit と sequ が関係あるのか、と思うが、suit はラテン語の secta に由来するということらしい。「スイートルーム」も関係あるということだな、多分。
lawsuit は「訴訟」。
intrinsic は「本来備わっている、固有の」。intrin-が「中に」、sic が sequ に由来する部分で、「中につながっている」ということで「固有の」ということになるらしい。
sec 「秒」 second の短縮形ですな。
ensuing 「続く、続いて起こる」 the ensuing year で「その翌年」。the next year じゃだめなのか?
[PR]
by xabon | 2012-01-26 21:53 | 英語

語彙:職業・仕事に関連した語

快進撃を続けてきた Kei も、ついに力尽きたようだ。とはいえ、ベスト8というのは大変なものだ。まあ、私はテニスはあまり興味ありませんが。A mi no me interesa el tenis. といえばいいのかしらん。
NECレッドロケッツが勝てないことのほうが重要だ。ガライがいなくなったのが響いているのかしらん?

l'industrie 「産業、工業」。日本の貿易収支が赤字に転じたという話だ。これから日本の産業はどうなっていくのやら。
le commerce は「商業」。l'agriculture は「農業」。フランスというのは農業国だそうですな。日本は食糧自給率がとっても低い。食べるものは輸入すればいいと思ってきたわけだが、それでいいのかしらん? まあ、日本は平地が少ないために大規模農業をするのに不利だというようなことがあるんだろうけれども。
la pêche は「漁業」。下手すると海に落ちるし、遠洋漁業では長いこと家に帰れないし、漁に出かけても不漁のこともあるし、養殖は津波の被害を受けたりするし、私にはとてもできません。

professionnel(le) 「職業の」。 industriel(le) 「産業の、工業の」、commercial(e) 「商業の」。

職業名の続き。
le charpentier 「大工」。これは男性名詞である。まあ大工というのは大抵男だとは思うが、カレン・カーペンターはどういうことになるのか。
le maçon 「石工」。
le jardinier, la jardinière 「庭師」。庭師は女性形もあるのだな。
le menuisier 「指物師」。指物師って何だ?
le plombier 「配管工」。あじましでお画伯が失踪中配管工をなさっていたとかいう話だったような。
[PR]
by xabon | 2012-01-25 20:36 | フランス語

Lección 74-75

Lección 74
キーフレーズは No me conviene coger vacaciones.
convener は「(主語となる物事が、対象になる人物にとって)都合が良い」という動詞である。他動詞として「合意する」という意味もあるようだ。
休みを取るには都合が良くない。みんなそうなんだな。まあ、みんなが休む夏休みとか年末年始とかGWとか休めますけどね。本来仕事のある日に、体調が悪いとかいう理由で休むというのはなかなか難しいものがある。まあ、本人が「自分がいなければ自分の職場は回らない」と思い込んでいるだけで、実はちゃんと動くのかもしれない。しかし、自分がいなくても済むとなれば自分の仕事は誰かにとられてしまうかもしれないのでやっぱり行って仕事をしないといけないのである。

Lección 75
キーフレーズは A mamá no le interesaba mucho.
これも物事が主語で、人は目的語になる、という動詞である。interesar「(主語となる物事が、対象になる人物にとって)興味を抱かせる」。
Esta novela me interesa mucho. などという例文が辞書に載っている。これは規則変化をするar動詞である。「...に興味があった」という場合には線過去が用いられ、主語となる名詞が単数なら interesaba、複数なら interesaban という形に活用するというわけだ。
A mí me interesaba estudiar español. とか、A ellos no les interesaba ir a España. など。
[PR]
by xabon | 2012-01-24 20:08 | スペイン語

Lección 71-

Lección 71
キーフレーズは Me duele mucho la barriga.
la barriga は「おなか」。「...が痛い」は、スペイン語では doler という動詞を使う。フランス語とはまるで違いますな。痛いところが主語になる。痛がっている人は間接目的人称代名詞で現す。強調したい場合は a + 間接目的語で強調する。
A mí me duele la cabeza. なら「頭が痛い」。辞書によると Tengo dolor de cabeza. ということもできるようだがそれはまた別の話だ。「歯が痛い」なら Me duelen las muelas. と doler の活用形が変わるがそれはこの課の学習内容ではないようだ。「胃が痛い」は Me duele el estómago. 人間は胃が一つなのでそういうことだが、牛なら Me duelen los estómagos. というのだろうか。

Lección 72
キーフレーズは ¿Te duelen las piernas?
la pierna は「脚」。日本語では下肢はみな「あし」であるが、英語では「脚」の部分は leg で、足首より先がいわゆる「足」で foot になるわけだ。漢字で「脚」「足」と使い分けるということは、中国語でもこの両者は区別されるということですかね。フランス語なら jambe と pied ですか。スペイン語では la pierna が「脚」で、「足」は el pie。「脚」は2本なので、痛いときには doler は duelen と活用する。片脚だけ痛くても duelen というんでしょうね。歯も、虫歯は1本でも、Me duelen las muelas. というようだし。他、「目」が los ojos, 「耳」 los oídos、「おいど」が「尻」を意味する地方があるような気がするが、それはスペインではなかったようだ。los hombros 「肩」。「のど」は la garganta。当地ではインフルエンザが流行っているようだ、気をつけねば。流行っていない地域の人も気をつけましょう。la cadera は「腰」。ときどき腰に来る。マッサージチェアが欲しいと思っているのだが、先立つもののこともあるし、それより、置く場所がない。

Lección 73
キーフレーズは ¡Cuánto me dolía!
「痛かった」と過去の話になった場合である。過去のことになって、今は痛くないということであろうからまあ良かった。「痛かった」という場合には線過去を使う。痛い場所が複数名詞であれば dolía、単数名詞なら dolían。では点過去を使うのはどういう場合かというのはこの課の学習項目ではないし、このテキストの学習範囲を超えているようだ。話題にしている期間の中で、それまで痛くなかったのが痛くなり、薬を飲むとか休むとかして痛みが治まった、というような時には点過去を使うのかもしれないが、よくわからない。
Me dolía mucho la cabeza. 「とっても頭が痛かった」
¡Cuánto me dolía la cabeza!  「なんて頭が痛かったんだ」
スペイン語でも、本当に頭痛がする以外に、「今月も家計が赤字で頭が痛い」というようなときに「頭が痛い」を Me duele la cabeza. と言ったりするだろうか? あるいは、言われたくないことをズバリ指摘されたときに「耳が痛い」といったりするのだろうか?
[PR]
by xabon | 2012-01-22 20:18 | スペイン語

語源・語根で覚える語彙

sid, sed 「座る」
ラテン語の sedere に由来するようだ。preside 「議長をする」。みんなの前に座るからだな。preside する人が president だな。USAの president 選挙はどうなるのか。とりあえず Obama の対抗馬が誰になるのか。しかしいずれにしても前回、Obama が大統領になれるのかどうか、といった熱気はありませんな。
reside は「住む」「...に存在する、...に帰する」という動詞。reside at 15 Maple Street などという用例が載っている。「五番街に住む」は reside in the 5th street だろうか。
Her beauty resides in her lovely hair. などという用例もある。
residual は reside の派生語だろうが、「残りの」という形容詞、あるいは「残余」という名詞。
subside は「(嵐、騒ぎなどが)おさまる、(水が)引く」などという意味の動詞。
obsession 「(妄想などが)とりつくこと、とりついた状態、強迫観念、妄想」。suffer from an obsession で「妄想に苦しむ」、be under an obsession of ... 「...にとりつかれている」。
obsessed 「...にとりつかれた」。obsess 「とりつく」の過去分詞から派生した形容詞ということのですな。be obsessed by lobe で「恋の虜になっている」. Fear of radioactivity obsessed them. 「彼らは放射能の恐怖にとりつかれた」はこれでいいですか。
settler は「移住者、開拓者」。settle の派生語ですな。意味の広い動詞であるが、「移住する」など。
consultative 「相談の、諮問の」。

sens 「感じる」
ラテン語の sentire 「感じる」、sensus 「感覚、知覚」から。
sensory 「感覚の、知覚の」。sensor は「センサー」。
sensibility は「感受性」。the sensibility of the epidermis が「皮膚感覚」、moral sensibility は「鋭敏な道徳意識」、a fine sensibility of color で「すばらしい色彩感覚」など。
sentimental といえば journey と続けたくなるなあ。sensational は「センセーショナルな」。
dissent は「異議を唱える」。He dissented from my leadership. 「彼は私の指揮に従わなかった」などと使うようだ。       
[PR]
by xabon | 2012-01-20 22:06 | 英語

語源・語根で覚える語彙

sci 「知る」
これはギリシャ語に由来する語根。後にラテン語に取り込まれたようだが。ラテン語としては scire 「知っている」。
consciously 「意識して」。これは副詞で、形容詞だと conscious。むかし、ボディコンという言葉があった。body-concious ですかね。体の線を意識させるような服装ということか。私は体の線が出ない服装の方が好きである。体の線が出る服装は品がないような気がする。
unconsciously 「無意識に」。 Sometimes when he is playing go, he unconsciously bite his fingernails. 
conscientious 「良心的な」。They are very conscientious at that store. で「あの店はとても良心的だ」という文だそうだ。そういう店がどれほどあるのか。
schoolboy. 小中学校の男子生徒。テキストには schoolgirl の方は出ていない。political correctness の見地からはどういうものか。schoolchild と言うべきである、という意見はないのかしらん?
scholarly 「学術的な」。

scrip, scrib 「書き写す」
ラテン語で scribere が「書く」。scr- が「引っ掻く」というような意味合いで、scratch なども同じ、昔は石版などに鉄筆じゃないけどそのようなもので文字を引っ掻くようにして書き付けたところから来ているというような話だったか。
descriptive「記述的な」。
scripture は「書き物」。the Scriptue で「聖書」。
transcript は「筆記録、写し」。
transcription は「写し、筆写」などの意味。
subscribe 「寄付する、寄付を約束する、予約購読する」などという動詞。subscriber は「予約購読者」ということだ。

sect 「切る」
ラテン語の secare に由来する。sect は「セクト、宗派、党派」。sectionalism は「セクト主義、派閥主義」。あまりいい意味では使われないと思われるし、実際、あまりいいものではないような気がする。
sexy. ピンク・レディーですな。私はイチコロでダウンよ。それとも郷ひろみか。
subsection. 「小区分、細区分」。section の下(sub)のカテゴリーということですか。
[PR]
by xabon | 2012-01-18 21:18 | 英語

Lección 68-

Lección 68
キーフレーズは No me gusta madrugar.
「...は好きじゃない」は gustar を使った文を no で否定すればいいわけだ。
好きじゃないことが「...すること」である場合、「...する」に相当する動詞の原形を主語として持ってくる。英語なら to不定詞だが、スペイン語では動詞原形だ。
A mí no me gusta trabajar.
A mi hijo no le gusta estudiar.
A mi mujer no le gusta madrugar.
怠け者一家ですな。
発展事項。間接目的語が人称代名詞で示されるにも関わらず敢えて a+誰々と、間接目的語を重複させるのは、1)3人称で、le だけだと誰なのかわかりにくいのをはっきりさせる場合、2)「(君は嫌いだけど)私は好きだ」「(君が好きかどうかはわからないけど)自分は好きだ」など強調する場合、ということだ。

Lección 69
キーフレーズは、Cuando eras pequeña, te gustaban los caballos.
「...が好きだった」と過去のことをいう場合である。gustar は線過去で使われる。単数の物について言う場合には gustaba、複数の物なら gustaban。
A mí me gustaba este libro.
A ellos no gustaba trabajar.
No le gustaban los gatos.
など。

Lección 70
キーフレーズは Nunca me gustó.
「...が好きだった」が線過去なら、gustar の点過去を用いるのはどういう場合か。あるときに「...が好きになった、...が気に入った」ということを現す場合に点過去を用いる、ということだ。
好きになったものが単数、あるいは動詞不定詞の場合は gustó、複数形の名詞であれば gustaron。
nunca は副詞で、英語の never に相当すると思われる。動詞の前に置かれれば no は必要ないが、動詞より後ろに nunca が来る場合、動詞の前に no を置いて否定文であることを明示する必要があるようだ。とにかくスペイン語では、否定文の場合、何らかの否定語が動詞の前に来なければならないのだろう。
Nunca me gustó montar en bici.
Me gustó andar mucho.
Nunca le gustaron les gatos. 猫に恨みはないのだが。
[PR]
by xabon | 2012-01-16 20:29 | スペイン語