人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

第2週(1)

日本代表の弱かったこと。GKのフィードの下手なこと。W杯に出るとかいうようなレベルではなかった。

Die Frau und der Mann sprechen miteinander.
miteinander は「お互いに」。mit と einander 英語の each other、お互い同士で、という感じか。
miteinander sprechen 「一緒に話し合う」と辞書にも出ている。
Aus der Tasche des Mannes fällt etwas hinunter. Die Frau merket es.
her が「こちらへ」、hin が「あちらへ」なのだな。で、動きを伴わない「どこに」は wo だが、動きを伴って「どこに(行く)」というような場合は wohin で、「どこから」という場合は woher というわけだ。hinunter は「自分の元から下に向かって離れていく」ということですな。herunter なら、自分が下のほうにいて、「下に向かってくる」というニュアンスだろう。「おむすびころりん」のおむすびが、落としたおじいさんからみると、hinunter 転がっていく、ネズミからみて、herunter 転がってくる、というような違いではないかと思う。で、何かが男性の鞄「から、下に落ちた」わけだ。
fallen は英語の fall と一緒ですな。「落ちる」。falle, fällst, fällt, fallen, fallt, fallen と活用する。2単、3単のところでウムラウト。過去形は fiel である。基本形の1単だけ書いて全部ぱっとでてくるレベルではないので一通り書いておこう。fiel, fielst, fiel, fielen, fielt, fielenと活用する。過去分詞は gefallen。

-Hier, bitte. Was ist das denn?
-Oh, danke. Kennen Sie das nicht? Das ist eine Speicherkarte.
Speicher だけなら男性名詞で、「倉庫」などという意味だが、コンピュータ用語としては「記憶装置、メモリ」である。die Speicherkarte は「メモリーカード」。
-Eine Speicherkarte? Ach so. Für Computer.
-Ja, sie ist so dünn und klein, aber sie speichert ein Gigabyte.
dünn は「薄い」 英語の thin に相当する。多分語源も一緒なのだろう。「厚い」は dick、英語の thick ですな。どちらも英語の th- がドイツ語では d- になっている。
-Super.

-Wohin fuhren Sie eigentlich?
ということで早速 wohin が出てきた。eigentlich は「本当は」。テキストではあえて訳していないようだ。
-Ich fahre nach Düsseldorf.
-Ach, nach Düsseldorf. Dann sind Sie Japanerin, nicht wahr?
-Warum glauben Sie das?
warum は英語の why. glauben は「思う、信じる」英語の believe に対応するようだ。でも、英語で言うなら、Why do you think so?  と、think を使いそうだ。

-Tja, in Düsseldorf wohnen viele Japaner.
-Das stimmt.
stimmen は「正しい」という動詞である。日本語の「正しい」は動詞ではないけれども。「正しい」は形容詞ですかね? 
-Also, Sie sind Japanerin.
-Ich bin niemand.
-Bitte? Was sagen Sie?
sagen は英語の say だ。英語の y がドイツ語で g になることがあるようだ。yesterday が gestern になるのもそうだろうし。rain は y じゃなく i だが、regnen, Regen となるのもそうだろう。系統からいうとドイツ語の方が元で、英語の方が後ではないかと思うので「ドイツ語の g が英語で y になるものがある」というほうが正しいのかもしれないが、いずれにしてもどうしてそういう変化が起こるのか知りたいものだ。
sagen は sage, sagst, sagt, sagen, sagt, sagen と活用し、過去形は sagte、過去分詞は gesagt で、規則活用をする動詞ということだ。
とりあえず今回はスキットの部分。練習問題はまた。
by xabon | 2012-02-29 22:13 | ドイツ語

Lección 99-100

Lección 99
キーフレーズは Deja de pensar en ella.
dejar は英語の let, leave に相当する動詞だったな。何回目だろう。dejar de ... で「...をやめる」。
先週の後半の学習事項は「命令法」である。tú に対する命令は、不規則活用する語を除くと、直説法3人称単数に対する活用形と同じ形になる。
Espera. 「待ちなさい」 Escucha. 「聞きなさい」 Mira. 「見なさい」 Perdona. 「許せ」 Llama. 「呼びなさい」
なお、vosotros に対する命令形は、すべての動詞で、語末の -rを -dに変えた形が用いられるとのことである。

Lección 100
キーフレーズは Sonríe.
「笑って」だ。元の形は sonreír. 「笑う」は「微笑む」であって、げらげら大笑いするのはまた違う語になると思われる。英語の smile ですな。sonrío, sonríes, sonríe, sonreímos, sonreís, sonríen と語幹母音が変化するタイプ。tú に対する命令形も sonríe.
他の語幹母音変化動詞がいくつか出ている。
empezar 「始める」 empiezo, empiezas, empieza, empezamos, empezáis, empiezan.
「始めなさい」は Empieza.
cerrar 「閉じる」 cierro, cierras, cierra, cerramos, cerráis, cierran.
atender 「...に応対する」 atiendo, atiendes, atiende, atendemos, atendéis, atienden.
volver 「戻る」 vuelvo, vuelves, vuelve, volvemos, volvéis, vuelven.
by xabon | 2012-02-28 20:56 | スペイン語

語源・語根で覚える語彙

sta, stit 「立つ」
元は stare ですかね。
destiny は「運命」。destine という動詞もテキストに出てくるが、手元の辞書だと、destined という形容詞はあっても destine という単語は出てこない。はて?
install は「設備する、落ち着かせる」という動詞だが、コンピュータ用語の「インストール」ですっかり馴染みの語である。have a telephone installed という用例が出ているが、ケータイ全盛の昨今ではほとんど死語化しているかもしれん。
substantive は「名詞」「実詞=ラテン語などで名詞と形容詞をまとめたもの」「名詞の」「実質的な・現実の」などという語である。ラテン語などでは名詞と形容詞はひとまとめにされる、というのがちょっと目を引く。日本語だと形容詞は用言で、名詞よりは動詞の仲間という認識であるが、ラテン語だと名詞も形容詞も性・数変化する辺りが共通しているということですかね。
systematically は「体系的に」だが、これが sta-, stit- という語根と関係あるのか? と思って調べてみると、system というのはもともとギリシャ語 systema からラテン語に入った語のようだが、sy (共に)+ stanai (立つ)+ma (名詞語尾)という構造の語であるそうだ。ということは stare というラテン語の動詞も、元はといえばギリシャ語から入ってきたものだということですか?
substitution 「代理、置き換え」。スポーツの試合なんかでも最近はアナウンサーが「サブスティトゥーション」なんて言っているのを聞く。「補欠」といっちゃいかんのか、とも思う。
prostitute は「人類最古の商売」をすることのようだ。名詞形は prostitution.
unstable は「不安定な」。「不安定」と名詞になると、instability と、接頭辞が異なる。
ecstasy は「恍惚」とか「無我夢中」とか「エクスタシー」とか。これもギリシャ語に由来する語のようだ。
understandable は「理解できる」。It's an understandable decision. 「それは理解できる決定だ」などという例文が辞書に載っている。副詞形は understandably、名詞形は understandableness とか understandability などということになるようだが、どういう風に使うのかよくわからない。
misunderstanding は「誤解」。misunderstood は「誤解された」。
statistically 「統計的に」。
statesman 「政治家」。これが sta- を語根とする語ということは state の語根が sta- ということだな。stateは「国、州」という意味もあるが、「状態」という意味がある。「立っている場」みたいなところから来ているのであろうか。
stationary 「静止した、動かない、不動の、安定した」。
stature 「身長、高さ」「名声」とか「(心身、道徳性などの)発達」とか。身長は height でもいいのだろうけれども。
stately 「堂々とした」「堂々と」
stillness 「静けさ」 Stillness. The chirping of cicadas sinking deeply into rocks. いや、そうは訳さない、といわれそうだが。
by xabon | 2012-02-27 22:13 | 英語

Lección 96-98

Lección 96
今度は現在進行形だ。キーフレーズは ¿Todos están haciendo el Camino?
estar + 現在分詞で現在進行形になる。英語と異なり、スペイン語では現在形で「現在進行中のこと」を表すことができるので、本当に今進行しているということを強調する場合以外はあまり頻用されないようではある。
estar の活用は estoy, estás, está, estamos, estáis, están.
現在分詞の作り方。er動詞、ir動詞では、それぞれ語尾の-er, -irを取って -iendo をつける。
Yo estoy haciendo el Camino.
Tú estás comiendo paella. パエリアを作ってみたい。パエリアの素とシーフードを買ってくるとホットプレートでパエリアができるようだが。
Nosotros estamos bebiendo vino.

Lección 97
キーフレーズは La gente está entrando por ahí.
ar動詞の現在分詞は、-arにかえて、-ando をつける。
Yo no estoy entrando.
Vosotros estáis hablando.
Ellas no están trabajando.

Lección 98
キーフレーズは Llevamos treinta minutos andando.
llevar + 期間を表す語句 + 現在分詞の形で「〜の間、...している」。
llevar は英語の take や wear の意味を持つ動詞で「持って行く・連れて行く」「身につけている」「...に保つ」「(時間を)過ごす」などと訳されるようだ。
Yo llevo una hora estudiando español. ああ、毎日1時間ちゃんと勉強すればもう少し覚えるんだろうなあ。
Usted lleva tres días trabajando. 過労死しないように。
Vosotros lleváis tres horas bebiendo. 健康のため飲み過ぎに注意しましょう。
Nosotros llevamos seis años andando. 6年歩き続けるというシチュエーションがありうるかどうかということだが、徒歩による世界一周を企てているのかもしれないし、天竺に経典を取りにいっているのかもしれないし。
by xabon | 2012-02-26 21:17 | スペイン語

語彙:職業・仕事に関連した語

来週はもう3月だ。早いものだ。語学講座も新学期に入る、ということだな。

exercer 「(職業などを)営む」
exercer le métier de boucher なら「肉屋を営む」、食肉偽装をしないように。exercer la médecine 「医業を営む」不正請求などしないように。
Il exerce le métier de plombier depuis l'âge de 15 ans. などという例文がテキストに載っている。
Elle exerce la coiffure avec sa sœur.
Les Ohashi pratiquent la médecine de père en fils. 「オオハシ家は代々医業を営んでいる」 みんな優秀な子息であるといいが、3代目くらいになると怪しいことも多いですな、医業に限らず。製紙とかでも。私はエリエールは買わないことにしている。被災した日本製紙の製品を買うほうがいい。

pratiquer 「(職業などを)営む」
これは辞書にはあまり仕事に関連した用例は出てこない。Elle pratique l'escroquerie.  escroquerie は「詐欺」だ。「詐欺師」が職業かどうか。escroquerie à l'assurance は「保険金詐欺」。

diriger 「指揮する、管理する」
diriger une entreprise 「企業を管理する」

entreprendre 「企てる」
entreprendre une affaire 「事業に乗り出す」
entreprendre de +不定詞で「...しようと企てる」 entreprendre de conquérir le sommet de l'Everest などという用例が出ているな。

créer 「創立する」
会社、団体などを設立するときは créer を用いるようだ。
fonder 「創立する」
これは会社・政党・学校など。では会社は créer でも fonder でもいいということか?
fondre は全然違う単語で、「溶かす」「溶ける」である。

installer 「設置する」
installer une usine en Chine なら「中国に工場を設置する」か。中国に工場をつくることについては思うところが多々あるが。

placer 「投資する」
son argent dans des actions で「株に投資する」。株式投資についても思うところはあるが。
investir 「投資する」
son argent dans une usine 今度は、工場に投資だ。先週だか先々週だか、気仙沼で被災した工場に地元の信用金庫が融資しようとしたら横やりを入れた地方銀行がある、という番組をNHKでやっていた。横やりを入れた地方銀行ってどこだ? やっぱりあそこか? 銀行についても思うところは多々ある。あまり好意的なものではない。
by xabon | 2012-02-25 21:22 | フランス語

語彙:職業・仕事に関連した語

U22は、地獄から天国に浮上したようだ。Syria が Bahrain に負けることを期待していたヒトは多くなかっただろう。期待していたヒトは多いかもしれないが、本当に Bahrain が勝つとはあまり思っていなかっただろう、という方が正しいかもしれないが。最終戦も勝てますように。

être 「...である」、devenir 「...になる」
Elle est médecine. 「医者」は女性でも男性形なのであったな。
Elle veux devenir pâtissière. ケーキ屋さんになりたい、という女の子がいる。ケーキ好きの女の子である。でもケーキ屋になっても売り物のケーキは食べるわけにいかないと思う。
El sera artiste. être でも未来形なら「...になる」ということになるようだ。
その他、devenir の用例。
devenir riche で「金持ちになる」.
Elle est devenue sa femme. 今時の「でき婚」でしょうか。
Le temps deviendra doux. そうあって欲しいものだ。あと1ヶ月ちょっとの辛抱だ。

travailler 「働く、勉強する」
travailler dans (または en )+職場名「...で働く」
travailler dans + 定冠詞+職種名「...関係の仕事をする」
travailler + 時間の特定表現 「(...で)働く」 テキストにそう書いてあるのでそのまま書き写したが具体例を見ないと何のことだかさっぱりわからん。
travailler dans un bureau 「ある会社に勤めている」 travailler en usine 「工場に勤めている」(漠然と「工場勤めをしている」という場合は en usine だが、具体的に「ある工場で」なら dans une usine となるようだ。) travailler chez Toden 「トーデンに勤めている」など。
Son père a travaillé dans l'enseignement. 「彼の父親は教育関係の仕事をしていた」

travailler à l'heure 「時間給で働く」 travailler à la journée 「日給で働く」
travailler à plein temps 「フルタイムで働く」 travailler à temps partiel 「パートタイムで働く」
travailler de jour 「日中働く」 travailler de nuit 「夜間働く」
時間の特定表現って、こういうことだったのね。
by xabon | 2012-02-23 20:36 | フランス語

第1週

久しぶりにドイツ語の復習を始めることにする。テキストは現在放送中の講座。内容が充実しているので。
-Guten Tag!  ドイツ語のいちばん普通の挨拶と思われる。
-Guten Tag!
-Ist hier noch frei? 
-Ja, bitte!
-Danke schön.  「ありがとう」は知らないでは済まされませんな。

-Es ist heute sehr schön, nicht wahr? 
-Ja, sehr. Kommen Sie aus China?
-Aus China? Nein, ich komme aus ...
-Guten Tag! Ihr Fahrschein, bitte. Schein は「光、外見、証明書、紙幣」。Fahrschein では「乗車券」。

-Wo ist meine Fahrkarte? Ach hier. So bitte schön. Fahrkarte も「乗車券、切符」。
-Danke. Und Ihr Fahrschein bitte, mein Herr!
-Ja, hier. Bitte schön.
-Danke schön.

第1週のポイントは動詞の人称変化。しかしまずは人称代名詞であろう。ここでは du はまだ出てこないようだが、ich, du, er/sie/es, wir, ihr, sie と、Sie。2人称の敬称 Sie は、動詞の活用に関しては3人称複数の sie と一緒。語尾は -e, -st, -t, -en, -t, -ten で、昔ドイツ語の授業で覚えたことといえばこれくらいである。

書いて覚えるページ. 1, 2 は省略。
3.
Er trinkt Tee.
Ich spiele Klavier.
Sie kommt aus Hamburg.
Er heißt Hans.
Ich kaufe Brot.
Spielt sie Geige?
Trinken Sie Kaffee?
Kommen sie aus Berlin?
Heißt sie Bettina?
Wo wohnen Sie?
Woher kommen Sie?
by xabon | 2012-02-22 20:52 | ドイツ語

杉山先生のフランス語のテキストが出たとかいうので書店に行ってみたら、ラジオの上級編を本にまとめたものでしたな。ラジオのテキストがあるので改めて買う必要はない、という結論に達し、手ぶらで帰ってきた。

清岡先生の講座も本になってましたな。他にもラジオの講座から単行本化されたものがあったような。フランス語の番組は放送後、本になるんだ。スペイン語の棚を見ても、「宝の半島」の単行本なんぞはありませんな。スペイン語講座は放送後に本にしても採算が合わないのだろうか。

今時は、本を裁断して1ページずつスキャナーで読み込んでコンピュータのファイルにするという手段も流行っているようであり、ラジオのテキストも裁断してスキャナーにかければ売っている本と同じ内容のPDFファイルができそうだが、私は本や雑誌を裁断するのは避けたい。本は本の形をしているのが好きなのである。裁断されてばらばらになったものは本の死骸だ。よそ様がそういうことをするのは止める術もないが、自分ではそういうことはしたくない。

コンピュータのファイルにしてしまえばかさばらなくて済むからずっと残しておいて後で読むことはできる。雑誌や本のままではいずれ本棚が一杯になり、というか、我が家の本棚はすでに一杯で、語学講座のテキストは3,4年分、床に平積みである。それも一杯になると、古い順に廃品回収に出されてしまうのである。廃品回収に出されたものは二度と読めない。フランス語講座なら書籍化されて後でまた読むチャンスもあるかもしれないが、スペイン語講座なんかは多分もう読めないのであるが、ない袖は振れないし、ないスペースにはものは置けないのである。せっせと、このブログに書き写す、という手もあり、そうすれば少しくらいはものを覚えるかもしれませんがね(手で書いた方がもっと覚えるとは思うが)。
というようなことはあるので、裁断してファイル化する、というのも一つの手ではあると思うけれども、でもやっぱり自分の手で書籍や雑誌をバラバラにはしたくないのである。業者がやってくれるとしてもそれもしたくない。自分の本がバラバラになる、ということが嫌なのだ。バラバラになったらそれはもう本ではなく、紙切れである。
by xabon | 2012-02-21 22:06 | その他

Lección 91-95

来年度のラジオ講座のラインナップが発表になっている。朝の番組の順番が少し入れ替わって、スペイン語は韓国語と交換になり、スペイン語が朝 7:15からとなったようだ。8:00 からよりは聞きやすいかな。

Lección 91
キーフレーズは Mi madre será la madrina.
未来形である。未来形の活用語尾は -ré, -rás, -rá, -remos, -réis, -rán. アクセント記号の入力が面倒だ。規則活用の場合は、原形の語末の -r をとって上記語尾をつける。ser も未来形は規則活用をし、seré, serás, será, seremos, seréis, serán と活用するわけだ。Ella será profesosa. Vosotros seréis secretarios. など。

Lección 92
キーフレーズは Ya lo decidiremos.
decidir は英語の decide ですな。これも規則活用。comprar は「買う」。これも規則活用する。
El ya lo comprará. Tú ya lo decidirás. 買うべきか買わざるべきか。我が家では今、ペットを飼うかどうか迷っているところである。ペットショップに見に行ったら、一匹10万とか20万とかするのですな。高価なものだ。

Lección 93
キーフレーズは Vendrá de vacaciones a España en verano.
venir は未来形の活用も不規則だ。不規則といっても語尾はみんな一緒。未来形の活用語尾はみんな一緒だ。不規則活用というのは語幹の問題である。vendré, vendrás, vendrá, vendremos, vendréis, vendrán.
Vendré de vacaciones a Europa en verano. ...だといいなあ。

Lección 94
キーフレーズは Nosotros también saldremos.
salir も不規則活用で、語幹が sald- .
poder の語幹は pod- で、これは規則活用かと思ったら pode- じゃなく pod- になるから不規則活用というわけだね。
decir の語幹は dir-、hacer の語幹は har-、poner は pond-、querer は quer-, tener は tend- など。未来形は不規則活用は他の活用に比べると少ないようだ。

Lección 95
キーフレーズは Tendrás que esperar a verme en el altar.
tener の未来形の語幹は tend-。
Tú tendrás que ir. どこに行かないといけないのかは不明。
Yo tendré que viajar.
Ellas tendrán que comer.
by xabon | 2012-02-19 19:39 | スペイン語

語源・語根で覚える語彙

spir「呼吸する」
ラテン語の spirare に由来する。
expire 「期限が切れる、息を吐く、息を引き取る」
My license expired last year.
免許証の期限切れには気をつけましょう。expire peacefully は「安らかに死ぬ」。
respiratory 「呼吸の」.
他、aspire 「切望する」、inspire 「奮い立たせる、活気を与える」などという語もある。

spon 「応じる」
元になっているのは spondere 「約束する」というラテン語のようだ。
responsive 「応答の、すぐ反応する」。be responsive to affection で「愛情に感じやすい」などという用例が出ている。
irresponsible は responsible 「責任のある」の反意語。It is very irresponsible of him not to marry her. まあ結婚すればいいのか、という話もある。所属事務所に無断で結婚して世間を騒がせているカップルもいるようだ。それはそれで無責任といえよう。I'm not responsible for what he did.
People in love ere not responsible. なんていう例文もあるな。
correspondingly 「対応して」。correspond が「一致する」。Her deeds always correspond to her principles. 主義と行為が一致しているとはすばらしいことである。His deeds does not seem to correspond to what he said. といわれないように気をつけましょう。とくに Prime Minister なんぞになろうというヒトはそこに至るまでの言動には細心の注意を払うべきである。
by xabon | 2012-02-17 21:00 | 英語