語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Lección 120

開幕4連勝だ。やるね。残留のための目標勝ち点まであと27。ま、私が勝手に設定した勝ち点ですが。それをクリアして、その上はそれからの話だろう。

Lección 120
キーフレーズかスキットのタイトルかよくわからないが、最後は Os agradecemos a todos que estéis aquí con nosotros. という文で締めくくりである。
agradecer は「感謝する」。英語の thank だ。Le agradezco su oferta. という例文が辞書に載っている。日本の挨拶でいえば、「ご出席賜り、感謝申し上げます」みたいなところであろう。目的語が os であって se でないのでそこまで堅くないと思うけれども。
これで23年度後期の講座は終わりだ。来週から、スペイン語もフランス語なども新講座が始まる。

スペイン語講座ではないが、ドイツ語講座の最後の時間、「アスパラガスのオランダソース添え」というのをやっていたが、清野先生が「オランダゾース」と言っていたのが引っかかる。ソースは前になにか言葉がついても「ゾース」とはならないのではないか。「とんかつソース」も「ウスターソース」も「お好み焼きソース」も、「ゾース」ではない。テキストには「あすぱらがすのジャガイモとオランダソース添え」と、清音で書いてある。

「本」なんかは濁ったり濁らなかったりしますな。1にくっつくときは「いっぽん」、2なら「にほん」、3だと「さんぼん」で、どういうときに清音でどういうときに半濁音でどういうときに濁音になるのか法則がよくわからない。
[PR]
by xabon | 2012-03-31 21:38 | スペイン語

Lección 116-119

最終週の分である。最終週は文法事項なしということだ。
Lección 116
キーフレーズというのがいいのかどうか、 Ana Fernández Álvarez 
スペイン人の姓名である。スペイン人の姓は父方と母方から一つずつというのが一般的であるようだ。お父さんも2つ姓を持っているけれどもそのうちの父方から受け継いだ方を子供が引き継ぐようだ。母方の姓はさかのぼって母方から引き継いだ方、ということですかね。よくわからないけれども。結婚しても姓は変わらないようなので、結局、スペイン人の家族はお父さんとお母さんと子供で姓が異なる、ということになるらしい。名前は1つ、ということもあるが、José Maria などと2つくっつけることもあるとのことである。Maria José ということもあり得る。単独なら Maria は女性の名前、José は男性の名前であるが、José Maria は男性、Maria José は女性の名前になるようだ。

Lección 117
¡Enhorabuena!
「おめでとう」だ。結婚、出産・誕生、卒業などの場合はいずれも ¡Enhorabuena! と祝えばいいみたいだ。
誕生日は ¡Feliz cumpleaños! クリスマスは ¡Feliz Navidad! 新年も ¡Feliz Año Nuevo!

Lección 118
¡Salud!
「乾杯!」だ。他に、¡Chinchín! などともいうようだ。
「お幸せに」は ¡Que seas muy feliz! /¡Que sea muy feliz! 相手が tú か usted かで違うということですな。
「ご回復を祈ります」は ¡Que te mejores! / ¡Que se mejore!
「良いご旅行を」は ¡Que tengas un buen viaje! / ¡Que tenga un buen viaje!

Lección 119
Muchas gracias.
ヒトとして大事な言葉、「ありがとう」である。Gracias. でもいいが、Muchas gracias. なら「どうもありがとう」という感じか? Muchísimas gracias. というと「本当にどうもありがとう」みたいな感じ?
「ごめんなさい」は Perdón. とか、Perdona./ Perdone. あるいは Disculpa./ Disculpe.
「遺憾です、残念です」なら Lo siento.
「失礼させていただきます」 Con permiso.
[PR]
by xabon | 2012-03-30 21:32 | スペイン語

Lección 113-115

Lección 113
キーフレーズは Sólo falta que Ana me deje ver el vestido de novia.
faltar は英語の lack に相当、「足りない、欠けている」。faltar que +接続法で、「...が残っている」。Anaが僕にウェディングドレス姿を見せてくれることだけが欠けている、ということから、「後はAnaが僕にウェディングドレス姿を見せてくれるだけだ」。
ほかに従属節に接続法をとる動詞。
Dudo que él lo pueda terminar.
dudar は「疑う」。英語の doubt である。「疑う」は doubt と suspect ではだいぶ話が違うので気をつけよう。それはともかくとして、dudar que +接続法の形で、「...であることを疑わしく思う、...とは思わない」。
Prefiero que me lo digas.
preferir は「...を好む」。preferir que ...で「...してもらった方がいい」。

Lección 114
キーフレーズは A Ana no le gusta que vayamos andando ni al cine.
「gustar の主語が queで導かれた文であるとき、従属節の動詞は接続法が用いられる」ということだ。
ir の接続法の活用は、vaya, vayas, vaya, vayamos, vayáis, vayan。

Lección 115
キーフレーズは Lo importante es que disfrutéis y que seáis muy felices.
Lo importante es que ... で「大切なことは...だ」というとき、 que 以下の節には接続法が用いられる。
[PR]
by xabon | 2012-03-28 20:54 | スペイン語

Lección 111-112

1週間のお休み明け。
ご当地チームは、カップ戦では敗れたものの、リーグ戦は3連勝である。早くあと10勝して欲しいものだ。

Lección 111
キーフレーズは、Ojalá salga todo bien.
引き続き接続法である。「...でありますように」という祈願文である。祈願の内容は事実ではなく話者の頭の中のことなので当然接続法が用いられるわけだ。
Ojalá vuelvas tú. 君が戻って来ますように。「猿の手」という怪談を思い出した。戻ってくることができるはずのヒトが戻ってくるのはいいが、戻ってくることができないはずのヒトが戻ってくるのはちょっと怖い。私は怖い話は苦手だ。

Lección 112
キーフレーズは Es mejor que no la escuchéis.
es mejor que ... は「...の方がいい」。que 以下の従属節は接続法。Señorita Nakajima も、「彼女の言うことは聞かない方がいい」と言っていたそうだ。
Es extraño que él no quiera ir.  extraño/a は「奇妙な、不思議な」だが、extraño que +接続法の形で、「...とは変だ」という意味になるそうである。
Es necesario que vayas tú. necesario que +接続法の形は「...することが必要だ」。Es necesario que estudies tú. いや、Es necesario que estudie yo. だな。
[PR]
by xabon | 2012-03-26 20:24 | スペイン語

語彙:職業・仕事に関連した語

2時間くらい歩くと、そんなに早歩きしなくても 10km、早歩きなら 12km くらいはいける。ただし最近は運動不足なので時速6km で歩くのは息が切れる。

recruter 「募集する」 リクルートですな。
employer 「使う、雇う」 英語にもほぼそのまま入っているが、英語よりは意味が広いようだ。employer quelqu'un comme secrétaire  私も秘書を雇うような立場になってみたいものだが、そういう立場には向かないことはよくわかっている。Cellte usine emploie des centaines d'ouvriers. 数百人の従業員を雇っている工場だそうだ。大きな工場だ。被災地に仕事を。しかし被災地以外でも失業率が高いわけで。株価が回復傾向にあるようだが、景気がよくなれば失業率は低下するかしらん?
employer un couteau pour couper de pain と、ナイフを使う、くらいのことにも使われる語のようだ。
engager 「雇う」 engager une dactylo こんどはタイピストだそうだ。口述筆記などしてもらったりするのだろう。ブログなんかも口述筆記するんですかね? それだとトランスクライバーか。「雇う」という意味では employer と同じように使って差し支えないのだろうか。
embaucher 「雇い入れる」 embaucher des ouvriers で「労働者を雇う」。
prendre 「雇う、(料金を)徴収する」 prendre un interprète 「通訳を雇う」。秘書もタイピストも通訳も、雇えるものなら雇いたいが、もちろんそんなお金はない。
gagner 「稼ぐ」 gagner dix mille francs par mois 「月に1万フラン稼ぐ」。1万フランってどれくらいですか? Wikipediaをみると 100フランでおよそ 15.24ユーロとあるな。現在1ユーロがどれくらいかは微妙だが、1万フランは 1524ユーロで、1ユーロを 100円とすれば 15万円くらい、150円までユーロ高になれば 22,3万円、というところか。もちろん、物価がどのくらいかにもよる。
toucher 「触る」だが、ここでは「給料などを受け取る」。toucher son salaire で「給料を受け取る」。Combien touchez-vous par mois? で「給料はいくらもらっているんですか?」 ケンミンショーで、大阪人はすぐ給料のことを他人に尋ねる、とかいうのをやってましたな。
recevoir も「受け取る」。
promouvoir は「昇進させる」。英語なら promote だ。
démissionner は「辞職する」で、limoger が「左遷する」。左遷はごめん被りたい。
[PR]
by xabon | 2012-03-18 21:27 | フランス語

語源・語彙で覚える語彙

開幕2連勝である。このまま早くJ1残留を確定させてほしいものだ。当面の目標は勝点40というところであろう。ま、その先のことはそれからだ。

temper 「混ぜる、調節する」
ラテン語で tempus が「時間」で、それに -are という「反復を示す不定詞語尾」がくっついて、「(適切に)混ぜ合わせる、組み合わせる、調節する」などという意味の動詞 temperare になり、それが語根となったもののようだ。
temper 「気分、かんしゃく、平静」。be in a bad temper で「機嫌が悪い」、get into a temper 「かんしゃくを起こす」、have a temper 「短期である」、lose one's temper with a person [over a matter] 「...に腹を立てる」など。temperate は「温和な、適度の」、a temperate climate 「温帯気候」、be temperate in work as well as play 「遊びも仕事も度を過ごさない」など。
temperament 「体質、基質」。
temporal 「時の、現世の、一時の」
tempo は「テンポ」ですな。イタリア語から入ったもののようだ。もちろん語源は一緒であろう。
timely 「適時の」。これはまあ、時間つながりでここに入れたものであろう。

tent 「試みの、仮の」
ラテン語の temprate 「触る、探る、調べる」が語源で、なぜか tempt が tent になったようだ。-mpt- と子音が連続するのが発音しにくいために p が脱落したのかもしれん。
tentative 「試験的な、仮の」 a tentative plan 「試案」。副詞になると tentatively。
[PR]
by xabon | 2012-03-17 19:55 | 英語

Lección 108-110

あれから1年、また地震である。そうやって余震が続き、余震があまり起きなくなった頃にまた別の地震が起きるのだろう。この国に住むものの宿命だ。

Lección 108
キーフレーズは Sagrario ya quiere que volvamos el próximo año.
querer の目的語が従属節になる場合の接続法である。接続法の活用形が不規則である動詞。直説法が語幹母音変化動詞であるものは接続法でも語幹が変化する、ということだ。volver 「戻る」。直説法の活用は vuelvo, vuelves, vuelve, volvemos, volvéis, vuelven。接続法の活用は vuelva, vuelvas, vuelva, volvamos, volváis, vuelvan。
moverse というのも出ているな。mover は「動かす」、英語の move ですな。moverse と再帰動詞になると「動く、行動する」など。直説法では me muevo, te mueves, se mueve, nos movemos, os movéis, se mueven。接続法なら me mueva, te muevas, se mueva, nos movamos, os mováis, se muevan。
作文例としては Yo no quiero que tú vuelvas. など。

Lección 109
キーフレーズは No quiero que Pablo se despierte.
不規則変化の続き。despertar は「目を覚まさせる、起こす」、despertarse で「起きる」。直説法の活用は despierto, despiertas, despierta, despertamos, despertáis, despiertan。接続法なら despierte, despiertes, despierte, despertemos, despertéis, despierten。
empezar 「始まる、始める」。直説法では、empiezo, empiezas, empieza, empezamos, empezáis, empiezan。接続法は empiece, empieces, empiece, empecemos, empecéis, empieces。スペイン語では ze という綴りは用いられず、ce に書き換えられるのでこういうことになるようだ。
Ella quiere que él se despierte.

Lección 110
キーフレーズは、Quiero que crezca pronto.
crecer は「成長する」。直説法は crezco, creces, crece, crecemos, crecéis, crecen。接続法は、crezca, crezcas, crezca, crezcamos, crezcáis, crezcan。
三日月の crescent も語源は「成長する」だそうですな。パンの croissant もだ。三日月は満月になる成長途中の段階ということらしい。
crecer と同じパターンが conocer で、直説法が conozco, conoces, conoce, conocemos, conocéis, conocen。接続法が conozca, conozcas, conozca, conozcamos, conozcáis, conozcan。
Nosotros queremos que tú crezcas pronto. 早く大きくなあれ。
[PR]
by xabon | 2012-03-15 21:12 | スペイン語

Lección 106-107

Lección 106
キーフレーズは、Quiero ir a verlo.
querer の用法がテーマであったようだ。querer は直接目的語をとる他動詞で、querer の目的語になる語としては名詞あるいは動詞不定詞などということである。ここでは動詞不定詞が目的語ということだな。英語なら I want to see him. と to不定詞が目的語になるがスペイン語では英語の to に当たるものはないわけだ。querer は語幹母音変化動詞で、yo quiero, tú quieres, usted/él/ella quiere, nosotros queromos, vosotros queréis, ustedes/ellos/ellas quieren と活用する。
Yo no quiero verte.
Nosotros queremos verlo.
など。

Lección 107
キーフレーズは Sagrario quiere que Lucía y el bebé descansen.
こんどはquererの目的語がque節である場合であるが、この従属節の中では動詞は接続法の活用形になる、というのがポイントだ。
接続法では語尾が直説法と違ってくるというのが大事で、規則動詞の場合、元がar動詞なら接続法の語尾の要の母音は e 、元がir動詞、er動詞なら語尾の要の母音は a になるのがスペイン語の特徴だ。
descansar は「休む」。ar動詞なので、descansen と、語尾は -en になってくるわけである。
escribir 「書く」は ir動詞であり、こちらは接続法現在の人称活用は escriba, escribas, escriba, escribamos, escribáis, escriban.
Yo quiero que él descanse.
escribir を使うとすれば、Ella quiere que tú la escribas. などという風にすればいいのかしらん。
[PR]
by xabon | 2012-03-13 20:25 | スペイン語

語源・語根で覚える語彙

あれから1年になったのだなあ。

tact, ting, tang 「触れる」
ラテン語で tangere 「触れる、たたく」に由来する。
contingent 「...に依存的な、起こりがちな、起こりうる、偶発的な」 a contingent fee で「成功報酬」、The success of our plan is contingent on everyone's cooperation. 「プランの成功はみんなの協力次第」 contingent expenses 「不測の出費」 これは痛いですね。我が家も、私の不注意で5万円くらいの contingent expenses があったばかりだ。contingent damages 「偶然損害」、a contingent occurrence 「不慮の出来事」
名詞になると contingency で「偶然性、偶然事故」
contamination 「汚染」 動詞なら contaminate である。福島で起きたのも contamination である。宮城でも contamination は起きている。起きているが県知事などはあたかも何もなかったかのごとくである。風評被害を恐れてのことであろう。実際にはさほどの comtamination ではないのでそれほど心配はしていないが、それでも汚染が起きたということは事実である。
detachment 「分離、派遣」 
touch とは綴りが違うのだな。touch も tact を語源とするのかと思ったらこれは toccare に由来するという話らしい。toccare は「打つ」で、擬音語に由来する、と書いてある。
tangible 「触れることができる、具体的な」
taxable 「課税できる」これは taxare というのが元であるようだが、taxare も tangere ももともと一緒ということだろうか。消費税が上がる、ということになるとまた駆け込み需要が増えるかもしれませんな。ま、ほんの一時的なものだろうけれども。
tactical 「戦術上の」 tactical nuclear weapon で「戦術核兵器」だ。

techn 「技術」
これはギリシャ語に由来する語根のようだ。technika 「技術」.
technician は「専門技術者」。日本語でテクニシャンというとなんか違う意味に取られかねない。tech は「工科大学」などの意味で使われますな。
[PR]
by xabon | 2012-03-11 20:09 | 英語

第2週(3)

J1が始まった。しかしまあ、サッカーというのはシーズンオフが12月後半から3月あたままで、3ヶ月あるかどうか、天皇杯で勝ち進むと2ヶ月くらいしかないわけで、選手はなかなか大変だろうと思う。
der Vater 父 - die Mutter 母
der Bruder 兄・弟 - die Schwester 姉・妹
der Sohn 息子 - die Tochter
der Mann 男 - die Frau 女
der Student 男子学生 - die Studentin 女子学生
der Lehrer 男性教師 - die Lehrerin 女性教師
das Auto 自動車, das Fahrrad 自転車
der Zug 電車 何で電車は男性名詞なんだろう? das Motorrad バイク
der Bleistift 鉛筆, das Buch 本, das Wörterbuch 辞書, der Tisch テーブル
die Tasche 鞄, die Lampe ランプ, der Fernseher テレビ 英語だと television で、tele- がギリシャ語由来の「遠い」という接頭辞で vision はラテン語由来の「みること」、ドイツ語も「遠い」+「見る」の組み合わせであるが自前の語で済ますところがドイツ語である。das Telefon 電話の方は Fernなんとかにならないところが矛盾しているような気はする。
das Haus 家, die Wohnung 住居

Ich bin müde. müde は「疲れた、眠い」。体は疲れているのに頭が興奮して寝付けない、ということもあると思うがドイツ語では「疲れた」と「眠い」は同じ語らしい。
Was sind Sie von Beruf?  der Beruf は「職業」
Herr Müller ist Apotheker. der Apotheker は「薬剤師」 die Apotheke 「薬局」
Wir sind Japaner.
Sind Sie Deutsche?
Anton und Ursula sind nett. nett は「親切な」

数詞. null, eins, zwei, drei, vier, fünf, sechs, sieben, acht, neun, zehn, elf, zwölf, dreizehn, vierzehn, fünfzehn, sechzehn, siebzehn, achtzehn, neunzehn, zwanzig

Kommen Sie aus Japan? 英語なら Do you come from Japan? ですな.
Sie ist Studentin. She is a student.
In Düsseldorf wohnen viele Japaner. A lot of Japanese lives in Dusseldorf.
Ich bin in Deutschland. I'm in Germany.
Da sind drei Kinder. 英語なら There are three children there. か。
[PR]
by xabon | 2012-03-10 22:16 | ドイツ語