語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

第4週(1)

まずはスキットから。
Der Mann ist also Pharmazeut. Aber was ist die Frau? Da passiert etwas...
aslo とか doch とかいう副詞が、ドイツ語の場合、使い方がよくわからない。難しい。also は英語の also と綴りが似ていて紛らわしい。「それでは」とか「つまり」と訳されるようだ。passieren は「起こる」。何かが起きるようだ。
-Und was machen Sie? Sie sagen, Sie sind niemand. Was bedeutet das?
bedeuten は「意味する」。規則動詞であるが語幹が-tで終わるので、2人称単複、3人称単数の活用では活用語尾の,-st, -tの前に-e-を挿入する。ich bedeute, du bedeutest, er bedutet, wir bedeuten, ihr bedeutet, sie bedeuten。派生語としては bedeutend 「重大な」、Bedeutung 「意味」などがある。Bedeutung は女性名詞で複数形は Bedeutungen。-ung がつく名詞は全部女性名詞でしたか。
-Ich sage die Wahrheit. Ich bin niemand. Ich bin nichts.
Wahrheit は「真実、事実」。wahr 「真実の」という形容詞もある。
-Ich verstehe Sie nicht.
verstehen は「理解する」。
-Natürlich verstehen Sie mich nicht. Eine Frau hat immer Geheimnisse.
das Geheimnis は「秘密」、Geheimnisse。

Die Schaffnerin kommt zurück. Sie hat zwei Becher Kaffee.
JRでは車掌と車内販売は別だが、ドイツでは車掌が車内販売を兼ねているのか?
der Becher は「コップ、杯、容器」。英語なら two cups of coffee になるところ、ドイツ語では単純に動詞を2つ重ねるだけだ。einen Becher Milch trinken で「ミルクをコップ1杯飲む」。trinken の目的語で男性名詞だから不定冠詞は einen と4格の形になるのだな。
-So, zwei Kaffee. Sechs Euro bitte.
-Hier sind sechs Euro.
-Danke schön. Auf Wiedersehen!
-So bitte.
-Danke.

-Geht es Ihnen nicht gut? Sie sind so blass.
Es geht 誰々(3格)+状態で、「誰々の健康状態が...である」。Wie geht es Ihnen? 「ご機嫌いかがですか?」。blass は「顔色が悪い、青ざめた」。英語の pale。
-Mir ist plötzlich schlecht. Ich bin so müde.
plötzlich は「突然」。どうでもいいことだが -lich は英語の -ly に相当する、副詞をつくる語尾だと思うが、plötz という語はありませんな。schlecht は「悪い」。この文には主語がない。英語なら無理矢理 it を主語に立てるところだと思うがドイツ語ではこういう文では例外的に主語をいわないようだ。Es geht 3格+状態の形と同じようなことのようだ。3格+ist +状態、という形で、「誰々は...だ」。müde は「眠い、疲れている」。
深夜バスを一人で運転すると müde になるだろう。Mir ist müde. と思っても運転をやめるわけにはいかなかったのだろう。
ツアーバスがこれだけ増えたのは規制緩和の産物である。ツアーバスも安いのから高いのまで、ピンキリである。高いツアーバスは運転手の途中交代があったりして安いのよりは安全面に配慮がされている(はずだ)。安いのは、サービスレベルの問題もあるが、それだけリスクが高いということだ。まさに「安かろう悪かろう」。利用者もそれは理解して利用する必要がある、ということだ。Jun-ichiroクンも「自己責任」と言っていた。格安航空便だってそうだろう。
-Sie sind müde. Das ist schön.
-Was? Ach, der Kaffee, der Kaffee...
-Schlafen Sie gut. Auf Wiedersehen.
Sie に対する命令は主語と動詞を倒置する。上げ調子にすると疑問形になってしまう。命令形なら下げ調子。ここでの教訓は、「知らない人から安易に物を貰って飲んだり食べたりすると危ない」ということである。私の知り合いにもオランダだかデンマークだかで睡眠薬強盗に遭ったヒトがいる。
[PR]
by xabon | 2012-04-30 09:41 | ドイツ語

語源・語根で覚える語彙

今日の試合は前節と変わりあまり良い内容ではなかったようだが、終盤にPKを得てこれを決め7勝目。勝ち点40まではあと6つ。下が追いかけてこない。勝ち星で2差がついた。他がどうであっても、とにかく自分が勝てばいいのだが。

tribe 「種族」
ローマ最初期の部族は Remnes, Tities, Luceres の3部族だったということで、3 tri- に由来する語根が「種族」という意味になっているようである。ラテン語では tribus という語になっている。tribal 「部族の」。a tribal rite 「部族の儀式」 tribe 自体「部族」という意味の名詞である。a nomadic tribe 「遊牧民」、動植物の「族・類」という意味もあるそうで、the cat tribe は「ネコ族」。the feathered tribe は「鳥類」。
contributor 「寄付者、貢献者」。tribuere が「分ける、配分する、与える」という動詞である。tribus との関係が今ひとつはっきり書かれていないが、三つに分かれるということですか。動詞なら contribute。contribution という名詞もある。distribution というのもありますな。
attributable は「...に起因する(と考えられる)」。辞書の例文では a disease attributable to alcoholism 「アルコール中毒に起因する病気」、Her success was largely attributable to her hard work.

tric 「トリック、がらくた」
ラテン語で tricae 「つまらない物・事」。intricate 「入り組んだ」、intriguing 「興味をそそる」。intrigue 「好奇心をそそる」という動詞に由来する形容詞である。
[PR]
by xabon | 2012-04-28 21:29 | 英語

天気・気候に関連した語

昨日は実に暖かく、今日は平年並みに戻ったものの、桜はすっかり満開のようだ。週末は花見ができるかと思いきや、天気は崩れるとかいう話だが。

la pluie 「雨」 桜を散らさないで欲しいものだ。
La pluie commence á tomber. 「雨が降り始めた」。降り始めた、と、日本語では過去のことを言ってるようだが、フランス語では現在形ですな。
l'averse 「にわか雨、夕立」 これも女性名詞である。では「雨」関係が全部女性名詞かというと l'orage 「雷雨」は男性名詞。la tempête は「暴風雨、嵐」。

le brouillard 「霧」、la brume 「もや」。
ところで「霧」と「もや」はどう違うのだ? la brume には「薄い霧」とも書かれているが、要するに濃ければ「霧」で薄ければ「もや」なのか?

la neige 「雪」、la glace 「氷」。アイスクリームも glace か。gelée とは語源的につながるんですかね?

la température は「温度」、le degré は「度」。これは角度や温度の単位であるが、他に、「段階、度合い、程度」というような意味もあるようだ。辞書の例文では Il y a différents degrés dans l'industrialisation. とか Jean est timide á un degré que tu n'imagines pas. などと用いられている。温度の方が本題ですな。そちらの用例としては L'eau bout á 100 degrés. などという例が載っている。
[PR]
by xabon | 2012-04-25 21:54 | フランス語

講座の復習 Lección 1

英語で提出しないといけない書類を出し終わり、連休前の仕事は一段落である。まだ3日あるが、もう気分はGWである。でも明日の仕事はちょっときつい。

久しぶりにスペイン語。スペイン語は今やっている講座の復習。
Lección 1
挨拶である。
¡Hola! これは「やあ!」
¿Qué tal? 「調子はどう?」
Buenos días. 「おはよう/こんにちは」 朝から昼食ころまでの挨拶。フランス語だと午後でも Bonjour. だと思うが、スペイン語では昼食後、夕方までは Buenos tardes. である。スペインの昼食は2時頃という話である。朝食は8時ころだろうか。とても持たないので、11時頃に軽食を取る習慣があるわけだが、ちょっと近くのバルまで行って、とか言ってましたな。スペイン人はみんなそうやっているんでしょうか?
Buenas noches. 「こんばんは」 夜に会ったときには「こんばんは」だが、別れ際の挨拶にもなり、その場合には「お休みなさい」と訳すのが適当。
Adiós. これは一般的な「さようなら」。
Hasta luego. これも「さようなら」だが、「また後で」という感じですかね。Hasta ... で「...まで」。Hasta mañana. なら「また明日」。
¿Cómo estás? 「調子はどう?」-Estoy bien, gracias. あまり調子がよくなくても、挨拶なので普通は Estoy bien. というもののようだ。Y tú? と相手にも調子を尋ねるのが礼儀ですかね。
Gracias. なにかしてもらったりしたら、「ありがとう」だ。-De nada. は「どういたしまして」。
初対面では Encantado./Encantada. 男性なら-o, 女性なら -a の方。「初めまして」「こちらこそ」。どちらも Encantado/-a.
[PR]
by xabon | 2012-04-24 21:47 | スペイン語

語源・語根で覚える語彙

トキの雛が誕生したそうでおめでとうございます。
無事育ちますよう。

tract 「引きずる」
ラテン語では trahere だそうである。tractare という動詞もある。もとは一緒だったのだろうか?
abstraction 「抽象観念、抽象」。abstract というのもありますな。
distract 「散漫にする、取り乱させる、楽しませる」。名詞なら distraction「気を散らすこと、方針、上の空、気を散らすもの、気晴らし」
extraction 「抜き取り、摘出」。動詞は、extract 「引き抜く」。
tractor は「トラクター」。トラクターといえば「イセキ」ですな。フランス語では「トラクター」は tracteur だ。フランス語で -eur となっているものは英語では -or になるようですな。trailer は「トレーラー」。トレーラーハウスというのもありますな。これは tract が語源というわけではないと思うが、引っ張られるものということで引っ張るものと一緒に覚えてしまえということなのだろう。
contraction 「短縮、(筋肉などの)収縮」。is not を isn't とするような「縮約」も contractionなのだな。動詞は contract。contract には名詞としての用法もある。動詞の contract は「引き締める・縮小する」という意味と「契約する」という意味に大別できるようだ。「縮小する」の名詞形は contraction だが「契約する」の名詞形は contract のままだ。
contractual は「契約」の形容詞形で、「契約上の、契約で保証された」。
trait は「特徴、特色」 admirable traits like honesty and courage などという用例が出ている。tract との関係はよくわからない。
trained は「訓練された」。train という語は trahere に由来するというのは辞書にて確認できる。
[PR]
by xabon | 2012-04-23 22:15 | スペイン語

第3週(5)

大量4点をあげ、最近失点の多かった守備も立て直して無失点。この調子で早く残留を確定させて欲しいものだ。目標とする勝ち点40まで、あと7勝。

haben の人称変化と用法。
まだこの段階では du, ihr は習ってないのだな。
ich habe, du hast, er/sie, es hat, wir haben, ihr habt, sie haben。敬称の Sie は3人称複数扱いなので Sie haben.
Haben Sie Geschwister? -Ja, ich habe einen Bruder und eine Schwester.
Geschwister は「兄弟姉妹」最近は「きょうだい」とひらがな表記することが多いようだが日本流の politial correctnessか。ドイツ語では Geschwister というようだ。男女ひっくるめた言い方なので中性名詞かと思いきや女性名詞だそうである。なぜだ?

「書いて覚えるページ」何年か前にもやったはずであるが、もちろんさっぱり覚えていない。
Ich habe Hunger.
Haben Sie Durst?
Durst は英語なら thirstですな。英語なら I'm hungry. Are you thirsty? と、「be動詞+形容詞形」で表現するところだが、ドイツ語では haben を用いる。フランス語などと一緒だ。
Sie hat viel Geld.
Hat er ein Auto?
Wir haben Unterricht.
der Unterricht は「授業」
Haben Sie Kaffee?
Thomas und Frank haben Probleme.
das Problem は「問題」。複数形は Probleme。

Ich habe einen Tisch.
Hat er ein Haus?
Wir haben einen Computer.
Haben Sie eine Tasche?

「お仕事何をなさってますか?」Was sind Sie von Beruf?
「私は女性公務員です」 Ich bin Beamtin.
「彼は年金生活者です」 Er ist Rentner.
ま、これからの日本では覚える必要はないかもしれませんね。年金じゃ生活できなくなるようだから。
「彼女は会社員です」 Sie ist Angestellte.

数字 20 = zwanzig, 21= einundzwanzig, 30 = dreißig 30のときだけ -zig にならないのだな。32 = zweiunddreißig, 40 = vierzig, 43 = dreiundvierzig, 50 = fünfzig, 54 = vierundfünfzig, 60 = sechzig 60は sechs の -s を落としてから -zig をつけるのだな。65 fünfundsechzig, 70 = siebzig, 76 = sechsundsiebzig, 80 = achtzig, 87 = siebenundachtzig, 90 = neunzig, 98 = achtundneunzig.
[PR]
by xabon | 2012-04-22 20:47 | ドイツ語

語彙:天気・気候に関連した語

3失点、しかも相手が10人なのに1点取られたというのは、ひどいね。「堅守」はどこに?

le soleil 「太陽」
ドイツ語では太陽は die Sonne で、月が der Mond だが、フランス語では太陽が le soleil で月が la lune と、性別が逆転しますな。何でですかね?
La Terre tourne autour de Soleil.
Le soleil brille.
Il y'a un soleil de plomb. なら「灼熱の太陽が照る」だそうだ。
Empire du Soleil levant で「日出づる帝国」だそうである。
avoir une place au soleil は「日の当たる場所にいる」。

le nuage 「雲」
-e で終わる語は女性名詞が多いがこれは男性名詞だ。間違えないよう、気をつけないと。
Il n'y a pas un nuage dans le ciel. 「空」のところでも出てきたような例文だ。
「曇っている」という形容詞なら nuageaux。

le vent 「風」
vent と vin は、カナで書いてしまうと「ヴァン」となって区別がつかないが鼻母音が異なる。vin と vingt は同じ発音だ。「ヴァンフォーレ甲府」は Vent Forêt だそうである。私は長いこと vin かと思っていたが、「風林火山」の「風」と「林」だとかいう話ですな。
Le vent souffle toujours fort.
Il n'y a pas un souffle de vent. 「そよとも風が吹かない」
「風が吹く」というときの「吹く」に当たるのが souffler ということになるが venter という動詞もあるようだ。これは非人称動詞。Il a venté toute la nuit.
[PR]
by xabon | 2012-04-20 22:31 | フランス語

第3週(4)

職業の尋ね方。
Was sind Sie von Beruf?
「お仕事は何をなさっているんですか?」という決まった言い方。
答え方は Ich bin Arzt/Ärztin. などとなるとのことだ。これは医師の場合。
会社員なら Angestellter/Angestellte、公務員なら Beamter/Beamtin、教師なら Lehrer/Lehrerin、エンジニアなら Ingenieur/Ingenieurin、商人なら Händler/Händlerin、農家なら Bauer/Bäuerin、主夫・主婦なら Hausmann/Hausfrau、年金生活者なら Rentner/Rentnerin、学生なら Student/Studentin、生徒なら Schüler/Schülerin、など、自分の職業に当たる語を覚えないと正しく答えることはできない。

Was sind Sie von Beruf?
自分が女性で公務員なら、Ich bin Beamtin.
男性のエンジニアなら Ich bin Ingenieur.
女子学生なら Ich bin Studentin.
男性の会社員なら、Ich bin Angestellter. ちなみに Angestellter は anstellen の過去分詞に由来する名詞のようだ。anstellen は「1)立てかける 2)...のスイッチを入れる 3)...を雇う 4) ...に〜の仕事をさせる (anstellen 4格 zu 3格)」などという意味の他動詞である。Angestellter は「雇われ者、被雇用者」ということですな。

今度は自分の職業ではなく、Herr Schmidt や Frau Müller の職業についての質疑である。
Was ist Herr Schmidt von Beruf? -Er ist Bauer.
Was ist Frau Müller von Beruf? -Sie ist Hausfrau.
Was ist Herr Meyer von Beruf? -Er ist Rentner.
Was ist Frau Ortmann? -Sie ist Lehrerin.
[PR]
by xabon | 2012-04-18 22:19 | ドイツ語

語源・語根で覚える語彙

昨年のチャンピオンにも競り勝ち、これで開幕6戦で5勝である。勝ってくれるとストレスが溜まらない。ありがたいことだ。

test 「証言」
辞書に testor という語が「証人として呼ぶ、証言する」などという意味の語として載っている。学校などでの「テスト」もこの語根によるのかもしれないがよくわからない。testimony は「宣誓証言、宣言」などという語。the Testimony というと「モーゼの十戒」ということになるらしい。testify は「証言する」 testify to a person's ability で「人の能力を証明する」。It testifies to her guilt. 「それが彼女がクロだという証拠だ」。ああ、あの「彼女」のことですかね。protester は「抗議者」。

theos 「神」
最近は「ネ申」と書いたりするんですかね。theos というのはラテン語ではなくギリシャ語に由来するような気がする。
theologian 「進学者」。enthusiast 「熱狂者」。enthusiasm なんてのもそうなんですね。

thetic 「理論、整理」
これもギリシャ語に由来するようだ。synthetic は「人造の、合成の」。sinthetic rubber 「合成ゴム」、synthetic detergent 「合成洗剤」など。hypothetical 「仮説の」。名詞形なら hypothesis。

toler 「寛大な」
tolerance 「寛容、耐性、許容誤差」。have a tolerance for humidity で「湿気に強い」。私は執権に弱いです。acquire a tolerance 「耐性を得る」。be made to a tolerance of 0.001 cm 「0.001cmの許容誤差でできている」

ton 「雷が鳴る」
Thor は北欧神話の神様で、雷・雨・農業を司る。シャーロック・ホームズに「ソア橋」という短編があったような気がする。この「ソア」も Thor のことのようだ。Thursday も 「Thorの日」でしたな。ton の由来は ラテン語の tonare で「雷が鳴る、轟く」という語のようだが、Thor と関係あるかどうかは手元の辞書には書いていない。
astonish は「驚かす」、astonishment は「驚き」。 astound も「驚かす」で、ほぼ一緒のようだ。
[PR]
by xabon | 2012-04-15 19:57 | 英語

語源・語根で覚える語彙

昨年のチャンピオンにも競り勝ち、これで開幕6戦で5勝である。勝ってくれるとストレスが溜まらない。ありがたいことだ。

test 「証言」
辞書に testor という語が「証人として呼ぶ、証言する」などという意味の語として載っている。学校などでの「テスト」もこの語根によるのかもしれないがよくわからない。testimony は「宣誓証言、宣言」などという語。the Testimony というと「モーゼの十戒」ということになるらしい。testify は「証言する」 testify to a person's ability で「人の能力を証明する」。It testifies to her guilt. 「それが彼女がクロだという証拠だ」。ああ、あの「彼女」のことですかね。protester は「抗議者」。

theos 「神」
最近は「ネ申」と書いたりするんですかね。theos というのはラテン語ではなくギリシャ語に由来するような気がする。
theologian 「進学者」。enthusiast 「熱狂者」。enthusiasm なんてのもそうなんですね。

thetic 「理論、整理」
これもギリシャ語に由来するようだ。synthetic は「人造の、合成の」。sinthetic rubber 「合成ゴム」、synthetic detergent 「合成洗剤」など。hypothetical 「仮説の」。名詞形なら hypothesis。

toler 「寛大な」
tolerance 「寛容、耐性、許容誤差」。have a tolerance for humidity で「湿気に強い」。私は執権に弱いです。acquire a tolerance 「耐性を得る」。be made to a tolerance of 0.001 cm 「0.001cmの許容誤差でできている」

ton 「雷が鳴る」
Thor は北欧神話の神様で、雷・雨・農業を司る。シャーロック・ホームズに「ソア橋」という短編があったような気がする。この「ソア」も Thor のことのようだ。Thursday も 「Thorの日」でしたな。ton の由来は ラテン語の tonare で「雷が鳴る、轟く」という語のようだが、Thor と関係あるかどうかは手元の辞書には書いていない。
astonish は「驚かす」、astonishment は「驚き」。 astound も「驚かす」で、ほぼ一緒のようだ。
[PR]
by xabon | 2012-04-15 19:53 | 英語