語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

語彙:天気・気候に関連した語

ACLに出た日本のチームの弱いこと。どうしてこう勝負弱いんですかね?

faible 「弱い」
天気に関連して「弱い」という形容詞を使うのはどういう場合かというと、faible brise 「微風」などという用例が辞書に出ている。
fort 「強い」
vent fort で「強風」。副詞としての fort 「強く」というのもある。Il géle fort. 「ひどく寒い」
modéré 「穏やかな」
辞書には天候などに関係した用例は出ていない。être modéré dans son langage 「言葉が控えめである」とか、avoir des opinions modérées en politique 「政治的に穏健な意見を持っている」 prix modéré 「手頃な値段」などという例が載っている。modérer 「抑制する、控えめにする」の過去分詞から派生した形容詞ということのようだ。
maximal 「最高の」
température maximale 「最高気温」
minimal 「最低の」
température minimale 「最低気温」
moyen 「平均的な」
température moyenne annuelle 「年間平均気温」
気温の例ばっかりですな。
[PR]
by xabon | 2012-05-31 21:08 | フランス語

第5週(2)

結局セルビアには逆転負け。
第4セット、リードして迎えた終盤で竹下のサーブミスで失点して流れを失ったようにみえた。この試合、とにかく竹下のサーブが悪かった。竹下だけじゃないけれども。第5セットも、リードされて、それでも2点差まで追いついたところでまた竹下のサーブミス。
それでも、セッターは竹下、エースは木村、この2人と心中せざるを得ないんですかね。

否定文。ドイツ語では nicht を使う否定文と、kein を使う否定文、2パターンがある、ということだ。
定冠詞類のついた名詞を否定する場合には nicht を用いる。不定冠詞類の着いた名詞、無冠詞の名詞を否定する場合には kein を用いるのが原則。名詞以外の要素を否定する場合は nicht を用いる。

Das ist meine Tasche.
Das ist meine Tasche nicht.
まあ、しかし、これは Tasche ではない、といっているわけでなく、その鞄は自分のものではない、他の誰かの鞄だ、というわけだろうから、Tasche という名詞を否定しているわけでなく、meine という所有冠詞を否定している、と思えば nicht を使うパターンになるのは納得だ。

Das ist eine Tasche.
Das ist keine Tasche.
こちらは、「これは鞄じゃなく、鞄以外の何者かである」ということであろうから、まさに「鞄」という名詞が否定されているわけだ。こういう場合には kein が用いられるということだな。

Ich rauche nicht. これは rauchen 「たばこを吸う」という動詞を否定している。
Er trinkt nicht viel. これは、「多くは飲まない」ということで、飲まないわけではない。viel という副詞を否定しているわけだ。
Wohnen Sie nicht in Bonn? 「ボンに住んでるんじゃないの?」ということで、「ボンに」という副詞句を否定しているわけだ。

Ist das eine CD? -Nein, das ist keine CD.
Ist das Ihr Heft? -Nein, das ist nicht mein Heft.
Ist das Ihre Fahrkarte? -Nein, das ist nicht meine Fahrkarte.
Ist das ein Park? -Nein, das ist kein Park.
[PR]
by xabon | 2012-05-29 21:01 | ドイツ語

バレーボール オリンピック最終予選 最終戦

年に1,2回回ってくる英語のお仕事であった。ちょっとした報告書を書けばいいのであるが、その、「ちょっとした」が大変なんだなあ。

ご当地チームは、ロスタイムの失点で手痛い逆転負け。けが人が多く、チームの調子が落ちているようだ。少しお休みが入るようなのでそこで立て直して欲しいものだ。
女子のバレーボールはこれから予選最終戦。ロシアには勝てないと思ったがやっぱり勝てませんでしたな。タイが勝ったので、セルビアから2セット以上取るのが絶対条件とのことだ。「タイが負ければ決まり」と言っているヒトもいて、まあ、確かにその通りかもしれないが、「セルビアに勝って、タイも一緒にアジアからオリンピックに行けるようにしてやろう」という発言は、誰かしていましたかね? ライバルが負けてくれれば、ということを期待するのは志が低く、そんなことを考えて幸せになったヒトはあまりいないと思う。まあ、しかし、精神的に弱いですな。男子よりは強いと思っていたが、それでもこんなもんか。
ハンドボールも、最終戦を待たず、オリンピック出場の可能性が消えたようだし。

まあ、私にとってはオリンピックといっても国際大会の一つという感覚であるが、観戦は楽しみの一つにはなる。私は、外国のチーム同士でもいい試合を見たい、というよりは、やはり日本が出場して知っている、思い入れのある選手が活躍するのをみるほうが楽しい。ということで、これからセルビア戦を観戦します。さっぱりお勉強がすすまないけれども。
[PR]
by xabon | 2012-05-27 19:21 | その他

語源・語根で覚える語彙

本日の韓国戦はほとんどいいところなし。金軟景ですか、全然止められませんな。

vac 「空の」。そら、ではなく、からっぽということである。
ラテン語では vacare 「空である」「無人である」「(女性が)未婚である」「...を欠いている」などという意味の動詞だ。
vacant 「空の、住み手のいない」。a vacant apartment は「住み手のいないアパート」。a vacant town は福島県の浜通り地方。もちろんトーデンが悪いのである。vacancy はあ「空き部屋」とか「空っぽであること」。a look of vacancy in her eyes 予選が終わったときに、今日の敗戦が響いて、3位以内にも、アジア最上位にもなれず vacancy に陥ったりすることがないように願いたい。
evacuate 「避難させる、撤退する」。ああ、水素爆発があったんですね。Habitants were evacuated from an area within 30 km of the nuclear plant. とでもいえばいいのかしらん。
avoidance 「回避」。void はラテン語の vacuus から来ているということらしい。vacare とは同じ語源なのだろう。tax avoidance は「節税」、purchase avoidance は「買い控え」。消費増税は unavoidable かもしれないが、そうすると、tax avoidance や purchase avoidance が増えて、財政は必ずしも改善しないかもしれないということですが。
devoid は「...を欠いた」。a well devoid of water は「涸れ井戸」。be devoid of common sense は「常識がない」。

アルファベット順で val と前後するが、van, vain がまた「からの」という語根なので引き続きやってしまおう。ラテン語では vanum 「空虚、無」、vanus 「空の、うつろな」。
vanity 「うぬぼれ、虚栄心」。The Little Prince のなかにも、小惑星に住むヒトの一人に「うぬぼれ屋」というのがいたような気がする。
vain 「無駄な」。All his plans were in vain.
unwanted 「求められていない、不必要な」。remove unwanted hair などという用例がでていますな。変な用例だ。
[PR]
by xabon | 2012-05-23 21:36 | 英語

語彙:天気・気候に関連した語

chaud 「暑い、熱い、暖かい」
climat chaud は「温暖な気候」。Il fait chaud. これは客観的に「暑い」。名詞としても用いられ、Elle a chaud. というと「彼女は暑がっている」。本当に暑いのかどうかはわからない。
froid 「寒い、冷たい」
eau froide は「冷水」、eau chaud は「湯」ですか。vent chaud 「寒風」、chambre froide は「寒い部屋」。avoir froid 「寒さを感じる」、avoir froid à ... 「...が寒い」、J'ai froid aux pieds. で「足が冷える」。
doux 「温暖な」。女性形なら douce。hiver doux 「暖冬」。Il fait doux aujourd'hui. 「今日は暖かい」。
frais 「涼しい」。女性形は fraîche。vent frais 「涼風」。Ill fait frais. 「涼しい」あるいは「肌寒い」。
humide 「湿気のある、じめじめした」。temps humide 「湿っぽい天気」、pays humide 「湿潤な風土」。スペイン辺りからみたら、日本は pays humide なのであろう。ま、6月頃から夏場にかけて、ということだが。saison humide、「梅雨」をフランス語に訳すとこういうことになるのだろうな。lourd 「うっとうしい、蒸し暑い」。もともとは「重い」という語であるはずだが、天気に関して lourd というと、「うっとうしい」ということになるようだ。
sec, sèche 「乾燥した」。saison sèche 「乾期」。日本ではあまり考えなくてもいいかもしれん。temps sec 「好天、晴天」。Il fait sec. 「乾燥した天気だ」。フランス辺りは湿度が低く、雨が降って服が濡れても、あがればすぐに乾くとかいう話であるがそうなんですか? ドイツあたりも、あまり傘をさす習慣がないとかいう話だったような。夏場は気温が高くなっても湿度が低いので日陰は過ごしやすいとか。そういうところは、いいなあと思う。
[PR]
by xabon | 2012-05-22 22:13 | フランス語

第5週(1)

Der Mann schläft. War den Kaffee nicht in Ordnung? Schließlich wacht er auf.
Ordnung は「秩序、整理」などという女性名詞。英語なら order である。in Ordnung sein で「問題ない、正常である」ということだそうだ。schließlich は「最後に、ついに」。aufwachen は「目覚める」。

Meine Damen und Herren. In Kürze erreichen wir Bonn.
erreichen は「...に着く」という他動詞である。他動詞というからには目的語は4格をとる。英語の reach に相当する。er- という接頭辞が着いているが、たしかにそれを抜くと、reach と似た綴りである。
Aaaaah. Nanu, Bonn! Oh, nein, meine Tasche! Wo ist meine Tasche? Ja, hier.
どうでもいいが、hier という語はフランス語の「昨日」と同じ綴りですな。無関係だろうけど。

Der Mann steigt aus.
aussteigen は「(乗り物から)降りる」。英語なら get off だ。「乗る」は einsteigen、「乗り換える」なら umsteigen で、いずれも分離動詞。
Oh nein. Das ist nicht meine Tasche.

Der Mann geht ins Büro des Bahnhofs. Er spricht mit dem Beamten.
Bahnhof は「駅」。Hof だけなら「中庭、裏庭、構内」「農場」「宮廷」などという語だそうである。Beamten は Beamte 「公務員」の4格。

Wie heißen Sie?
Ich heiße Karl Lübner.
Und wo wohnen Sie?
Ich wohne hier in Bonn. Heine-Straße 37.
Und was sind Sie von Beruf?
Ich bin Pharmazeut. Ich arbeite bei einer Pharmafirma.

Also, das ist nicht Ihre Tasche, sondern die Tasche einer Frau.
Richtig.
In der Tasche sind nur eine Kosmetiktasche und eine Zeitung. Kein Führerschein. Kein Personalausweis. Moment, da unten ist noch etwas. Was ist das denn?
Kosmetiktasche は「化粧ポーチ」か。辞書には Kosmetiktasche という語は出ていない。ドイツ語は単語と単語をくっつけてどんどん新しい単語を作る言語なのでいちいちそういう合成語を辞書に載せていたらキリがないからだろうな。まあ、「化粧品を入れる袋」ということはわかるのだが、それを日本語で「化粧ポーチ」というのだということを私が知らないだけのことである。
Zeitung は「新聞」。Führerschein は「運転免許証」。男性名詞だ。Führer は「指導者」「案内人」「案内書」「運転士」などという語。Schein は男性名詞で「光」「外見」「証明書」「紙幣」などという語である。しかし何というか、意味が広いですな。Personalausweis は「身分証明書」。Ausweis (m.)が「証明書」であるというのは予想がつく。Schein と Ausweis をどう使い分けるのかは全くわからない。
Eine Blüte? Hmm... Ich glaube, das ist eine Hopfenblüte.
Blüte は「花」だ。日本語ではチューリップも桜も咲くものは「花」だが、英語ではチューリップのような「草」に属するものは flower で、木に咲く花は blossom だ。ドイツでは die Blume と die Blüte ということになる。Hopfenblüte は「ホップの花」。ビールとは関係ない話のようだが。
[PR]
by xabon | 2012-05-21 20:30 | ドイツ語

語源・語根で覚える語彙

この3試合、あまり良い流れではなかったが、昨日は一昨年のチャンピオンを相手に、4点を取って完封勝ち。勝ち点を27としている。けが人が出たのがちょっと気がかりである。

uni 「一つ」
ラテン語では unus, unum である。
unify 「統合する、一体化する」 unify the people で「国民を統合する」。あまり統合しすぎるのも危ないような気もするけれども。過去分詞が形容詞化されると unified 「統合された」。名詞化されると、unification。the unification of North and South Korea なんていう用例が辞書に載っている。
uniformity 「均一性」。
reunion 「再開、懇親会」。a class reunion で「クラス会」だそうだ。クラス会で、長いこと会っていなかったヒトに会えると嬉しい。そうでない相手もいるが。
unanimous 「意見が一致している」。辞書の用例では We are unanimous for reform. 改革に全員一致ですか。改革に反対すると刺客なんか差し向けられたりしたからね。で、そういう人は離党したはずなのだが、いつの間にか復党したりしている。改革はどうなったのか。副詞で「満場一致で」となると、unanimously となる。名詞なら unanimousness。

use 「使う」
usus 「使用」という名詞がある。utor 「使う」という動詞もあるようだが、関係がよくわからない。
usefulness 「有用性」。outlive its usefulness で「役に立たなくなってもまだ生きている」というような意味になるらしい。役に立たないのに口ばかり挟みたがるヒトがいますな、確かに。Yukio とかいうヒトもそういう部類に入りますか。
misuse 「誤用」。the misuse of power by government officials などという用例が出ているな。覚えておくべきかもしれん。
unused は「未使用の」。
[PR]
by xabon | 2012-05-20 19:51 | 英語

語彙:天気、気候に関連した語

beau 「いい、晴れた」 いい天気なら、Il fait beau. 「麗しき季節」la belle saison というのは春から夏にかけてを指すようだ。les beaux jours 「晴れやかな日々」。
clair 「晴れた」 英語の clear に相当するものか。Il fait encore clair. 「まだ明るい」。冬から見ると、夕方6時頃に感じるのは「まだ明るい」ということである。Par temps clair, on aperçoit le mont Fuji. なんていう例文が載っている。天気の他、色が明るい、水などが澄んでいる、声が澄んでいる、ソースなどが薄い、などという意味でも使われるようだが、そのなかに「(植林・頭髪などが)まばらな」というのもある。フランスではそれも clair なのか。Ce qui n'est pas clair n'est pas français. 有名なこの文にも clair が出てくる。しかし、フランス語というのはそんなに明晰ですかね?
ensoleillé 「太陽が出ている、日の照った」 動詞 ensoleiller の過去分詞から形容詞化したものである。比喩的にも用いられるようだ。 Votre lettre a ensoleillé ma journée.

天気が悪い方では、mauvais 「悪い」。mauvais temps 「悪天候」。Il fait mauvais. などと使う。
sombre 「どんよりとした、曇った」。英語の dark に当たるようだ。ombre が「陰、日陰」というような語であるが、関係あるのか? ombre に縮小辞がついたものが umbrella ですな。
nuageux 「曇った」 英語なら cloudy だ。辞書の用例では Le temps sera nuageux avec quelques éclaircies. などと使われている。「曇りときどき晴れるでしょう」という予報だな。couvert は「(雲で)覆われた」、variable 「変わりやすい、不安定な」 vent variable で「方向が変わりやすい風」だが、天気だけでなく、être d'humeur variable 「むらっ気である」などのようにも使われるそうである。
[PR]
by xabon | 2012-05-17 20:42 | フランス語

語源・語根で覚える語彙

turb 「荒れ狂う、混乱」
ラテン語の動詞 turbare 「波立たせる、揺り動かす、混乱させる」に由来するようだ。1人称単数の形だと turbo だ。
turbulent 「荒れ狂う」 天気などに使うようだ。あの竜巻も turbulent といえるだろう。天気だけでなく、世の中が混乱している状態なども turbulent を使うようだ。名詞なら turbulance。
turmoil 「騒ぎ、騒動」。
tuberculosis 「結核」。結核というと昔の病気のようだが、今でも決して稀な病気ではない。微熱が続き咳が止まらないようなら病院へ。ところでこれは turbare とは関係ないのでは? 綴りがちょっと似ているといえば似ているかもしれないが。tuber が「こぶ」で、tuberculum と、縮小辞 -culum がついて「小さなこぶ状のもの」ができる病気が tuberculosis ということなのではないかと思う。
troublesome 「迷惑な、やっかいな」。こちら trouble は turbare に由来する語であるようだ。a troublesome man は「迷惑なヒト」、a troublesome chore は「面倒な仕事」だそうだ。

unda 「波」
ラテン語の unda は「動いている水、波」。「波」がトラウマになっている人もいるだろうなあ。他に「流れる液体、(空気・煙などの)流れ」などという意味もあるようだ。
abundant は「有り余る、豊富な」、abundance は名詞形で「多量、多数」「富裕、裕福」。an abundant supply of food 「豊富な食料」。Australia is abundant in minerals. money in abundance は「多額の金」。金の亡者にはなりたくないが、お金がないと生きていけないのも確かだ。死なない程度のお金は必要だ。
[PR]
by xabon | 2012-05-15 20:14 | 英語

Lección 4

今節は引き分け。3節連続勝てず。次も難敵である。まあ、楽な相手なんかいませんけどね。

スペイン語の形容詞。
語尾が -o, -a で終わる形容詞は、名詞の性数により語尾が変化する。
el edificio blanco
los edificios blancos
edificio は「建物」という男性名詞だ。
la casa blanca
las casas blancas

子音で終わる形容詞の語尾は、名詞の性による変化はないが、数による変化はある。
el edificio azul
los edificios azules
la casa azul
las casas azules

el pelo negro 「黒髪」 el pelo rubio 「金髪」 el pelo gris 「グレーの髪」el pelo blanco 「白髪」
「髪」は、全体をまとめて el pelo と単数扱いするんですかね? たくさんあっても少しでも。
los ojos negros, los ojos verdes, los ojos azules, los ojos grises, los ojos marrones

Por favor, ¿la entrada de metro? -Allí, debajo del letrero rojo.
letrero は「標識」。debajo de ... は「...の下に」。

el perro blanco
el coche verde
la flor roja
el pelo negro
los ojos azules
[PR]
by xabon | 2012-05-12 22:46 | スペイン語