人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

例文の復習

週1回ではどうにもなりませんな。もう少しちゃんと勉強しないと意味がないのだが。

法助動詞。話法の助動詞、という言い方もしますな。「話し手の確信の度合いや、主語の意志・能力・義務などを表すために用いられる」というものだ。
can - could, may - might, must, will -would, shall - should, ought to, used to, need, dare - dared が挙げられている。
口語では否定形で用いる場合には 助動詞と not の縮約形が用いられるものが多い。
cannot = can't, could not = couldn't, must not = mustn't, might not = mightn't, will not = won't, would not = wouldn't, should not = shouldn't, ought not = oughtn't, dare not = daren't, need not = needn't.
may not は普通縮約しない。なぜだ?
shall not は shan't という形があるがあまり用いないそうだ。そもそも shall をあまり使わない。イギリスじゃ今でも普通に使われるのかしらん? 私はイギリス英語を全然しらない。たまに文章を読まざるを得ないことがあるが、イギリス英語で書かれたものは読めない。

can の用法。
一応、「能力」「可能性」「許可」の3つの用法に大別される。
「能力」
Robots can explore areas that we cannot safely visit.
ああ、壊れた原子力発電所とかね。でもなかなか上手くいかないみたいだね。いろいろなものに引っかかったりして。昔まだ世の中が平和だったころに開発しておけば今頃もう少し何とかなっていたのかもしれないけれども、「原発は絶対安全だから事故対策としてのロボット開発なんか必要ない」と、電力会社が突っぱねたことのツケだ。
You can ski here. There are something like 3 meters of snow.
最高積雪5m超を記録した冬も去り、ようやく桜が咲き始めた地方もある。
「可能性」
Even the best doctors can make a mistake.
「神の手」といわれるような名医でもね。まあしかし、「神の手」といわれるような名医の治療を受けられるのはセレブな人たちだけだ。
Can two opposing statements be true at the same time?
「どんな盾でも突き破る矛で、どんな矛でも突き破られない盾を突く」みたいなことだな。paradox ともいうが、要するに「そんなものはない」ということだな。
"Someone is knocking at the door. It might be Susan?" "No, it can't Susan. She is in Paris now."
子供の頃読んだ、「何とかの手」という怖い話を思い出させる例文だなあ。やだなあ。星新一のショートショートに「ノックの音が」という連作があった。

cannot は must 「...に違いない」の反対の「...のはずがない」「...ではありえない」という強い打ち消しの推量にもよく用いられる、ということだ。
cannot have + p.p. は「...したはずがない」。
He can't have seen the jewel. It has always been hidden and locked away.
それなのに彼がその宝石の色や形を知っているということは、彼が犯人だということに他ならないのです。「眠りの小五郎」か。しかし、古典的な探偵小説というのは、ある程度科学が進んだ世の中でないと成り立たないし、科学が進みすぎると探偵の活躍する場がなくなるし、20世紀というのはある点では良い時代でしたな、ポワロさん。まったくですな、明智さん。
「許可」
"Can we sit down here?" "Yes, you can."
In soccer, you can't touch the ball with your hands.
マラドーナ以外はね。今日「神の手」は2回目ですな。
"Can I carry your books for you?" "Thank you."
Can you give me the overview of online procedures?
I can help contact her for you.
by xabon | 2013-04-30 22:10 | 英語

第18週(5)

私は両親に愛されています
Ich werde von meinen Eltern geliebt.

ドイツではコーヒーもよく飲まれています
In Deutschland wird auch viel Kaffee getrunken.
ドイツのコーヒー消費量は結構多いとかいう話ですな。
コーヒーも美味いが、日本人はお茶を飲もう。
trink - trank - getrunken

犯人は警察に捜索されている
Der Täter wird von der Polizei gesucht.
空中から赤外線カメラでボートに隠れている人間を見つけられるんですねえ。科学の進歩というのは大したものだ。

カールは車にはねられた
Karl wurde von einem Auto angefahren.

南チロルでもドイツ語は話されている
Auch in Südtirol wird Deutsch gesprochen.
sprechen - sprich - gesprochen

カールはある謎の女に話しかけられた
Karl wurde von einer geheimnisvollen Frau angesprochen.

ちょっとの間、ここで待ってて
Wart einen Moment hier!

ソファーにお座りください
Setzen Sie sich bitte auf das Sofa!

Setzt euch bitte auf das Sofa!

かれらに自己紹介しなよ
Stell dich ihnen vor!

ドイツ語話してよ!
Sprich bitte Deutsch!

ちょっと手伝って!
Hilf mir bitte mal!

一緒に来てよ!
Komm doch mit!

もっと野菜を食べなよ!
Iss doch mehr Gemüse!

962: neunhundertzweiundsechzig
1871: achtzehnhunderteinundsiebzig
1990: neunzehnhundertneunzig
2008: zweitausendacht
全部つなげて書くドイツ語だが、発音はもとの単語毎に区切って発音されるのですよね。英語やフランス語は、書くときは単語を区切るのに、発音は前の単語の語末の子音と次の単語の語頭の母音がつながったりする。どっちかでつなげるならもう一方は区切る、ということにしないと、もとの単語がわからなくなったりするから? それにしてもつなげて書かれると読みにくい。
by xabon | 2013-04-23 22:20 | ドイツ語

例文の復習

助動詞

時制を表す助動詞、態を表す助動詞、これらは文法上の形を作るための助動詞。未来を表す will も文法的な助動詞に含まれる。
be. 現在分詞と結びついて進行形を作る。進行形の be は助動詞として扱われるのだな。
I am studying history at the Kyoto University.
東京大学は the University of Tokyo であって、the Tokyo University ではないのだな。なぜなのかはよくわからない。日本大学は the Nihon University ですか? the Nippon University ですか?
過去分詞と結びついて受動態を作る。
Christmas Island was named by Captain James Cook in 1777.

have. 過去分詞と結びついて完了形を作る。
When you have finished reading this page, press the "back" button.

do.
疑問文、否定文を作るのに用いる。
中学校でまずこういうことを習うわけである。
Do you have an appointment?
Don't worry about it. Leave it to me.
英語に限らず、ヨーロッパの言語というのはそういうものかと思っていた私には、ドイツ語を習ったとき、ドイツ語には do に相当する助動詞はなく、疑問文、否定文を作るのに助動詞は必要ないということを知り、意外に思ったものだが、英語のほうが特殊だったのですなあ。
強調に用いる。
Please do come and see me.
倒置構文。
Little did I know haw serious the problems were.
代動詞としての用法。これは他に動詞不定詞とか分詞とかとるわけではないので助動詞じゃなく本動詞なんじゃないかと思うが、助動詞として扱う考えもあるのだな。
She likes dogs and so do I.
by xabon | 2013-04-18 20:45 | 英語

練習問題

地震だ。三宅島の地震のニュースをやっていたら、今度はご当地だ。まだ、M6クラスの地震を起こすエネルギーは残っているのだな。やれやれ。

原因・結果を述べる

「なぜなら」「...なので」
「なぜなら」という場合には parce que を用いる。
Je suis fatigué parce que je n'ai pas dormi hier soir.
夜更かし癖はいけないのです。若さがどんどんなくなるのです。
「...なので」は comme. 理由を述べる部分が先にくる言い方。
Comme je n'avais pas de télécarte, je ne t'ai pas téléphoné.
電話してるのはわたしだけ、あの人から来ることはない。

「...のせいで」「...の理由で」
「...の理由で」はニュートラルな感じですが「...のせいで」という場合には「...」を非難するニュアンスを感じますな。
Je suis en retard à cause d'un accident de train.
東京に行ったら、「線路の安全確認のため」とか「人身事故のため」とか、そんなんでどこかの路線でダイヤが乱れている、ということが多かった。東京じゃ連日そんなのばっかりですか? 遅刻の言い訳には便利かな。

「...のおかげで」は grâce à ...。これは、「...」およびそれによる結果に対するポジティブな見方をしている場合ですな、皮肉でなければ。フランス人なんか、皮肉で grâce à vous とか、しょっちゅう言っていそうだけれど。
Grâce à vous, notre fils est arrivé à l'heure.

ジェロンティフを用いた表現。
En tombant, j'ai cassé mes lunettes.
Il a eu un accident en roulant trop vite.
スピードの出し過ぎには注意しましょう。
by xabon | 2013-04-17 21:13 | フランス語

第18週(4)

第18週の復習。
受動形。
「過去分詞+werden」
Dieses Hause wird bald renoviert.
Wird dieses Haus bald renoviert?
Wissen Sie, ob dieses Haus bald renoviert wird?
この前、TVの取材陣と、何とかの匠とかいうヒトが来てたから、もうすぐリフォームが始まるかも。
過去形は werden の過去形、wurde を用いる。行為の主体を表すのには 「von + 3格」
Die Universität wurde von einem König gegründet.
gründen は「創設する、設立する」

命令形。
du/ihr に対して、「語幹+e / 語幹 + t 」。主語はつけない。
Sie に対して、「定動詞 + 主語」。下がり調子で言う。上がり調子にすると疑問文になってしまう。書き言葉ではもちろん ? のあるなしでわかる、ということだ。
Lerne fleißig Deutsch! / Lernt fleißig Deutsch! / Lernen Sie fleißig Deutsch!
フランス語では1人称複数「私達」に対する命令形というものもあったが、ドイツ語にはないのだな。
話し言葉では du に対する命令形の語尾 -e は省略されることが多い。
Sag die Wahrheit!
Fahr doch nicht so schnell!
主語がdu のときの活用形で幹母音が -e- から -ie- に変化する動詞は命令法でも同様の幹母音変化をする。語尾の -e は決してつかない。
Gib mir das Buch, bitte!
Nimm doch mehr Salat!

発展事項。
年号。1999年までは2桁区切りで読む。2000年以降はそのまま。
1999 は neunzehnhundertneunundneunzig 読みにくいなあ。
2007 は zweitausendsieben.
Die Heidelberg wurde 1386 gegründet.
Ich bin 1964 in Tokyo geboren.
東京オリンピックの年ですな。Inose が米国に行って東京開催支持を要請したようだが。私は東京でやらなくてもいいんじゃないかと思う。行きたいところでいうなら、Madrid。

Wann wurde das Hause gebaut?
- Es wurde neunzehnhundertfünfzig(1950) gebaut.
Wann wurde die Kirche gebaut?
- Sie wurde vierzehnhundertzweiundvierzig (1442) gebaut.
Wann wurde das Hofbräuhaus in München gegründet?
- Das wurde fünfzehnhundertneunundachzig (1589) gegründet.
Wann bist du geboren?
- Ich bin neunzehnhundertsiebenundsiebzig (1977) geboren.
Wann ist deine Tochter geboren?
- Sie ist zweitausenddrei (2003) geboren.
ドイツ語の数詞というのは長いな。まあ、英語でもフランス語でも、桁が多くなれば長くはなるが、分かち書きをするからね。ドイツ語みたいに一語扱いすると長くなって、区切りがわかりにくくなり実に読みづらい。
by xabon | 2013-04-16 21:24 | ドイツ語

例文の復習

お仕事があったり、サッカーを見に行ったり、1週間ぶりです、もっと継続しないといけませんね、それはともかく、ご当地チームはようやく勝ち星が増えてきました、これからです。

普通は進行形にしない動詞。
原則として進行形で用いない動詞として、
1) 事物の状態や構成を表す動詞
be, belong (to), consist (of), contain, depend (on), deserve, differ, equal, exist, have, involve, own, possess, remain などが挙げられている。
The cat belongs to the Smiths, but coms to my house to beg for food.
先日、うちの奥さんが物干しにおにぎりを置いといたら(なぜ物干しにおにぎりを置くのか?)、ネコが加えて持って行ってしまったそうである。そのネコはどこの家にも属していないネコのようであったようだが。

2) 知覚動詞、心的動詞
I hear the baby crying. Give him some milk.
I know his password — that's how I got this information.
パスワードは同じものを使い回さないようにしましょう。
知覚動詞としては hear, see, smell, taste など。
心的動詞としては believe, dislike, doubt, hate, imagine, know, like, love, prefer, remember, suppose, think, understand, want, wish など。
進行形になる場合もあり、それは一時的な状態を表す場合とか、意志のある動作を芦原巣場合とか、その他とか。
My husband is being difficult lately.
うちの奥さんもそう思っているかもしれん。
The Russian children are seeing the sights around Seattle.
He is always doubting my ability to do the work.
I have been wanting to open my own business online for a long time.
by xabon | 2013-04-14 20:28 | 英語

練習問題

説明を加える。
à qui などを使う、ということだ。
Je vois une fille blonde. Tu as parlé à cette fille.
これを関係代名詞を用いて、
Je vois une fille blonde à qui tu as parlé.
と表現する、というようなこと。
Tu connais le garçon? J'ai déjeuné avec le garçon.
Tu connais le garçon avec qui j'ai déjeuné?
先行詞が「人」の場合は「前置詞+qui」で、先行詞が「物」の場合には「前置詞+lequel / laquelle / lesquels / lesquelles」となる。
Je vois la feuille sur laquelle tu as écrit ton adresse.

前置詞 de +先行詞、という形の場合には de qui ではなく、dont という関係代名詞を用いる。
Je vais au musée Picasso. Tu as parlé du musée Picasso. が
Je vais au musée Picasso dont tu as parlé. になる。
Ce n'est pas cet homme. Je me souviens de l'homme. は
Ce n'est pas cet homme qui je me souviens. となる。

J'ai lu le livre. Vous aviez acheté ce livre.
J'ai lu le livre que vous aviez acheté.

Elle est née dans cette ville. Paul est allé dans cette ville.
Elle est née dans cette ville où Paul est allé.
ああ、そうか、場所だから où だね。avec qui じゃないね。

Je te donne le nom d'un ami. Tu vas habiter avec cet ami.
Je te donne le nom d'un ami avec qui tu vas habiter.

Elle connaît le garçon. Ce garçon va venir.
Elle connaît le garçon qui va venir.

J'ai vu l'accident. Vous parlez de cet accident.
J'ai vu l'accident dont vous parles.

Tu reviendras un jour. J'attends ce jour.
J'attends ce jour où tu viendras.
by xabon | 2013-04-07 20:43 | フランス語

第18週(3)

クリエーターはただ働きしろとかいうことを言ったヒトがいるようだ。
「お国のために」ですかね。そういう世の中になっていくのか。恐いことだ。

命令形。
du に対しては 「語幹+ e 」
ihr に対しては 「語幹 + t 」
Sie に対しては 「疑問文と同じ語順で、下がり調子で発音」
「待って」ならば、
du に対して Warte!
ihr に対して Wartet!
これは語幹が -t で終わるので、命令形の語尾 -t との間に、発音の都合上 -e- が挟まるのだな。
Sie に対して、Warten Sie!
分離動詞の場合には、文末に前綴りが残る。
Ruhe dich erst mal richtig aus!
sich ausruhen は分離前綴りを持つ再帰動詞である。「休息する」 aus は文末に残っている。再帰代名詞は du に対する命令形なら dich, ihr に対してなら euch, Sie に対してなら sich と、相手に合わせた形にする必要がある。
Setzt euch bitte auf das Sofa!
Stellen Sie sich bitte vor!
sich vorstellen は「自己紹介する」

Lisa, soll ich das Fenster öffnen?
-Ja, öffne das Fenster, bitte!
Lisa, sollen wir das Fenster öffnen?
-Ja, öffnet das Fenster, bitte!
Frau Müller, soll ich hier warten?
-Ja, warten Sie hier, bitte!
Karl, soll ich mich ans Fenster setzen?
-Ja, setze dich ans Fenster, bitte!
Herr Schmidt, soll ich den Bericht schreiben?
-Ja, schreiben Sie den Bericht, bitte!
Bericht は「報告書、レポート」 男性名詞。berichten なら「報告する」という動詞。「...について報告する」なら über+4格/von+3格 berichten。

duに対する命令形の語尾 -e は、話し言葉では省略されるのが一般的。
Komm(e) bitte um 12 Uhr zum Hauptbahnhof.
Mach(e) bitte das Fenster zu!
du の現在人称変化語尾で、-e を挿入する動詞の場合には、命令形の -e を省略することはできない。
Warte einen Moment!
du wartest と、人称語尾が -est になる動詞なので、Wart einen Moment! とするのは誤り。
Öffne dasFenster! これも -e を省略できない。

現在人称変化で、幹母音が e から i/ie に変化する動詞は命令形でも幹母音が変化し、語尾には決して -e がつかない、とのことである。
Sprich langsam und deutlich!
Lies bitte das Buch!

Ich lerne immer Englisch.
-Lern doch mas Deutsch.
Ich lese immer Mangas.
-Lies doch mal ein Buch.
Ich esse immer Fleisch.
-Iss doch mal Gemüse.
Ich komme immer zu spät.
-Komm doch mal pünktlich.
Ich schlafe immer wenig.
-Schlaf doch mal lange.
by xabon | 2013-04-04 20:04 | ドイツ語

例文の復習

完了進行形。現在・過去・未来とある。渡辺真知子ではない。昔も書いたな。もう何年か前の話だ。

現在完了進行形。have (has) been + ...ing  過去のある時から現在まで続いてきた動作・出来事を表す。
The media has been talking about George Mason.
George Mason って誰だ?
I have been waiting to receive this letter for a long time.
これは受け取ったということだな。
Obviously somebody has been burning trash here.
今の今まで誰かがここにいてゴミを燃やしていた、ということだな。ミステリとかにありそうな場面だ。
We are in the rainy season now. It has been raining for more than two weeks.
これからがいい季節だというときに梅雨の話というのも何だが。

現在完了とあまり意味の差のない用法もある。
The Robinsons have been living here since 1900.
The Robinsons have lived here since 1900. とほとんど同じである。
I have been studying rainforests for many years.
learn live rain sleep, stay, study, wait, work など。

過去完了進行形。had been + ...ing
Henry had been working at that company for five years when it went out of business.
現在完了進行形が、時制の一致で過去に平行移動した場合に用いられる、という理解でよろしいでしょうか。

未来完了進行形。 will have been + ...ing
こんどは、話題になっていることが未来のことに関することであるために現在完了進行形が未来に平行移動した場合、ということかな。
By age 65, he will have been making payments for 20 years and will have deposited $40,000.
私は昔の名残で、どうも1$ 100円くらいで換算してしまう。$40,000というと400万円くらいかなと。円高で1$ 80円とかだと320万か。
by xabon | 2013-04-02 21:59 | 英語