語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第23週(2)

使役の助動詞 lassen
ドイツ語では lassenは助動詞扱いなのだな。lassen +4格目的語+不定詞で、「誰々に...させる」「誰々に...してもらう」という使役文になる。
ich lasse, du lässt, er lässt, wir lassen, ihr lasst, sie lassenと主語の格により変化する.
不定詞が自動詞であれば4格目的語は不定詞の意味上の主語になる.

Ich lasse ihn arbeiten.
Er lässt sie in die Stadt gehen.
不定詞が他動詞の場合には、不定詞の意味上の主語の4格目的語と不定詞の目的語の4格が連続する。
Ich lasse meinen Sohn das Auto waschen.
息子に車を洗わせるのだな。waschenの動作主が meinen Sohnで、waschenの目的語がdas Autoというわけだ。
Er lässt das Auto waschen. と、意味上の主語を省略することが多いとのことだ。また、意味上の主語をvonで示すこともあり、Er lässt das Auto von seinem Sohn waschen. ということもある。
Ich lasse mir die haare kurz schneiden.

Dein Sohn langweilt sich.
Ja, ich lasse ihn draußen spielen.

Deine Tochter will den Film sehen.
Ja, ich lasse sie ins Kino gehen.

Deine Schüler sind faul.
Ja, ich lasse sie fleißiger arbeiten.

Lisa wacht nicht auf.
Ja, ich lasse sie schlafen.
[PR]
by xabon | 2013-11-28 21:22 | ドイツ語

第23週(1)

Dr. Schmidts grausamer Plan ist an den Tag gekommen. Was macht Karl jetzt?
grausam 「残忍な」
関係ないが、シュミット君の来季チーム加入が内定したとかいうことだ。
Arbeiten Sie für uns?
Nein. Das kann ich nicht machen.
Sie haben keine andere Wahl. Nicht für uns arbeiten bedeutet Ihren Tod.
Wahl は女性名詞で、「選択」
Dann bringen Sie mich um.
umbringen は「殺害する」
Bitte lassen Sie uns gehen!

Ich verspreche Ihnen ein Vermögen. Sie können weiter in Ihrem Labor arbeiten. Niemand würde es merken.
versprechen は「約束する」 Vermögen は中性名詞で「財産」 merken 「気付く」
Ich forsche, um Menschen zu helfen, nicht um sie zu töten!
forschen は「研究する」 
Ich frage Sie zum letzen Mal. Arbeiten Sie für uns oder nicht?
Nein.
Schade. Dann habe ich wohl keine andere Wahl.

Dr. Schmidt hält seinen finger am Abzug. Er drückt ab. Nichts passiert. Akikos Stimme hallt im Keller.
Abzug は男性名詞で、ここではどう考えても銃の「引き金」ですな. abdrücken は「銃の引き金を引く」  hallen 「(声が)響く」 
Sie sind verhaftet, Dr. Schmidt!
verhaften は「逮捕する」 ここでは受動文で、verhaftet は過去分詞ですな。
Wie bitte? Was hast du gesagt?
Sie sind wegen Mordversuchs, Unterschlagung und krimineller Machenschaften verhaftet.
wegen 「...のために」 Mordversuch 「殺人未遂」 Unterschlagung 「横領」 unterschlagen が「横領する」 kriminell 「犯罪の」 Machenschaft 「「陰謀」 
Was soll das, Akiko?
Ich heiße nicht Akiko. Mein Name ist Erika Schröder. Und ich bin Oberkommissarin von Interpol.
Oberkommissarin は ober と Komissar の合わさった言葉の女性形だな。Komissar は「警部」 oberがつくのは「上級」ですかね。「警視」と訳されているな。インターポールの警部だったのだな。銭形のとっつぁんか。
[PR]
by xabon | 2013-11-27 20:24 | ドイツ語

第22週(6)

書いて覚えるページ。
1格と4格の関係代名詞。
男性 1格 der 4格 den
女性 1格 die 4格 die
中性 1格 das 4格 das
複数 1格 die 4格 die

「君が昨日見た映画は何ていうの?」
Wie heißt der Firm, den du gestern gesehen hast?
もともと学生の頃までは映画を見なかった。その後たまに映画館に行くこともあったがこの20年で映画に行ったのは子供に付き合ってポケモンを見に行ったくらいだし、それももう10年くらい昔のことになってしまった。

「カールが今開発している薬には致命的な副作用がある」
Das Medikament, das Karl jetzt entwickelt, hat tödliche Nebenwirkungen.
天才になれるけどやがて薬の効き目がなくなり元に戻ってしまう、とかね。まあ元に戻るだけならまだましかも。凄いアスリートになれるけれど体がぼろぼろになる、とか、女性の身体が男性化してしまう、とかいうアナボリックステロイドもありますな。

「君は教授が綿湿地に勧めている論文をもう読んだかい?」
Hast du den Aufsatz, den Der Professor uns empfiehlt, schon gelesen?
それはすぐ読まないと。

「私はドイツ語で書かれている小説を読むのが好きだ」
Ich lese gern Romane, die auf Deutsch geschrieben sind.
ドイツ語で小説が読めたとして、読みたい小説というものは思いつかないな。ドイツ語で書かれた小説で読んだのはカフカぐらいか。あれをもう一度読むのは、精神的に辛い。初めて読んだときも辛かったが。カミュをフランス語で読むのとどっちが辛いかといえば、どっちもしたくない。

「私は、私の夫と話している女性を知りません」
Ich kenne die Frau, die mit meinem Mann spricht, nicht.
怪しい? Ich kenne die Frau nicht, die mit meinem Mann spricht.でも良いのだな。

「君の助けで私はその問題を解決できる」
Mit deiner Hilfe kann ich das Problem lösen.
= Ohne deine Hilfe könnte ich das Problem nicht lösen.

「そのお金で彼女はその家を買える」
Mit dem Geld kann sie das Haus kaufen.
= Ohne das Geld könnte sie das Haus nicht kaufen.

「その新しいコンピューターを使えば、それはたやすい」
Mit dem neuen Computer ist das einfach.
= Ohne den neuen Computer wäre das einfach nicht.
ist は wäre にせんといかんのだな。それにしても形容詞の格変化が相変わらずわかってない。

「彼はSabineに、彼女に明日その本を返すと約束した」
Er hat Sabine versprochen, ihr morgen das Buch zurückzugeben.

「私は冬にオーストリアに行く予定です」
Ich habe vor, im Winter nach Österreich zu fahren.

「私はもうすぐ君に会えることを願っています」
Ich hoffe, dich bald zu sehen.

「彼女はその子供に、1時間以上コンピューターゲームで遊ぶことを禁じた」
Sie hat dem Kind verboten, über eine Stunde mit dem Computerspiel zu spielen.
[PR]
by xabon | 2013-11-18 21:05 | ドイツ語

第22週(5)

復習。
4格の関係代名詞。4格の定冠詞と同じ形。英語と異なり、関係代名詞を省略することはできない。
Wo ist das Buch, das ich gestern gekauft habe?
Der Computer, den ich benutze, ist schon ziemlich alt.

wennの無い仮定文。接続法2式を使った文で、仮定の部分が wenn に導かれる節でなく、主文の中の要素で表される場合がある。
An deiner Stelle würde ich das nie machen.
Ohne seine Zustimmung wäre der Plan umrealisierbar.

不定関係代名詞 wer, was。どちらも先行詞なしで「およそ…である人」「およそ…である物」を表す。
諺などによく使われる、ということである。ドイツの諺はよく知らないが。
Wer nicht arbeitet, soll auch nicht essen.
「働かざる者食うべからず」
ドイツでもそうですか。まあ、ドイツはそうだろうな。イタリアあたりじゃ違うかも。「頭のいいやつは働かなくても食っていける」みたいな。
Wer zuletzt lacht, lacht am besten.
「最後に笑う者が最もよく笑う」
Wer A sagt, muss auch B sagen. 「Aと言ったらBも言わなければならない」 日本だと「乗りかかった船」ということになるようだ。「毒喰らわば皿まで」はちょっと違うかしらん?
Wer nicht hören will, muss fühlen. 「聞く気が無いものは感じなければならない」 テキストでは「=言うことを聞かないとひどい目に遭うぞ」とあるが、なんかピンと来ませんな。
Was schön ist, ist nicht immer gut. 「美しいものがいつも良いとは限らない」 これはまあわかる。日本の諺にこれに当たるものはないかもしれないが。
[PR]
by xabon | 2013-11-13 21:41

第22週(4)

10月半ばから多忙である。まあ、忙しいといっても、本当に忙しい人からみたら大した忙しさではないかもしれないが、私にとっては十分忙しい。別に、近所に本拠地を置く野球チームの応援に忙しかったわけではない。まだまだ忙しい日々は続く。いつになったら解放されるやら。

目的語にzu不定詞をとる動詞
empfehlen 「...に〜することを勧める」
Der Professor hat mir empfohlen, das Buch zu lesen.
hoffen 「望む」英語の hope ですな。
Ich hoffe, Sie bald weiterzusehen.
versprechen「約束する」
Sie hat mir versprochen, mich Abendessen einzuladen.
einladen は「招待する」 ich lade ... ein, du lädst ... ein, er lädt ... ein, wir laden ... ein, ihr ladet ... ein, sie laden ... einと活用する。du, er のところで変音する。過去形 lud ... ein.
vorhaben「予定する」
Wir haben vor, zu Weihnachten nach Deutschland zu fahren.

Was hat sie dir versprochen?
Sie hat mir versprochen, mir das Buch zu leihen.

Was hat er dir versprochen?
Er hat mir versprochen, die Ware zu kaufen.
消費税が上がるからね。

Was haben Sie jetzt vor?
Ich habe jetzt vor, ein Haus zu kaufen.
消費税が上がる前にね。
我が家も、家のメンテで○○万円かかるらしい。来年になる前に終わらせないと、私の1ヶ月分の小遣いくらい違ってくる。その分、「今月はお小遣いなし」などと言われると困る。

Was hat sie ihm empfohlen?
Sie hat ihm empfohlen, den Plan aufzugeben.

Was haben sie gehofft?
Ich habe gehofft, das Geld zu bekommen.
[PR]
by xabon | 2013-11-05 21:11